5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サクラ大戦Vの九条昴萌えスレ2

504 :エロい人:2005/08/11(木) 20:54:51 ID:???
ダイアナ先生のイケナイアドバイス〜貧乳物語〜

「昴さん…そ、そんなに胸が気になるなら、僕が揉んであげます!」
「なっ、何言ってるんだバカ!」
「…だってダイアナさんが揉んであげるのが一番効果的だって」
「(僕たちの関係を知ってて言ってるのか…ダイアナ、あなどれん奴よ)」
「…あっ、でもいいんです、昴さんが嫌なら…」
「…ってみろ」
「え?」
「や、やってみればいいよ。別に…嫌がるようなことでもないし」
「ほんとですか?わーい」

服の上から無い乳を愛情込めてもみもみ。

「んっ…」
「どうですか?大きくなりそうですか?」
「そ…んなこと…僕が分かるけ…あっ!」
「どうしたんですか昴さん?顔が赤いですけど…」
「ちょ、ちょっとくすぐった…んん…妙な気分だ」
「我慢して下さいね。僕も頑張りますから」

そして20分後。
服の上から固くなった乳首を噛み噛み。もう片方も指でくりくり。

「あっ…ふ…んぁっ!」
「昴さん…これ、いいですか?」
「やっ…そこばっかり…あっ、あ…ぅ」
「ここを刺激するといいってダイアナさんが…マッサージのツボみたいなものらしいです」
「あっ、ちょ…待っ…か、噛んじゃ…だ…めぇ」

更に20分後。

「あんっ、あっ…はぁ…」
「昴さんのここ…僕の唾液で透けちゃいましたね」
「やっ…!あ、あ…それ以上…いじった…ら…んぁっ!」
「どうしたんですか?ただのマッサージなのに…」
「あ、た、大河ぁ…も…ダメ…」
「嫌ですか?じゃあ止めますね。約束ですもんね」
「違っ…そ…じゃなくて…」
「何ですか?言ってくれなきゃ分かりません」
「…胸じゃない…ところも…ん…」
「胸じゃないところをどうするんですか?」
「そんなっ…わ、分かってるんだろう…!」
「分かりませんよ。ぼく、鈍感だから…ごめんなさい」
「……だから…胸じゃないところも…さ、触って…お願いだから…」

−完−

502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)