5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サクラ大戦Xの九条昴萌えスレ3

264 :新次郎×昴:3:2005/08/29(月) 22:05:46 ID:???
 舞台の準備は滞りなく進み、封切りから全席完売の人気となった。
 公演を重ねるにつれ宣伝だけでなく口コミでも評判が高まったのか、老
若男女を問わない客層となっていくことに充実した手ごたえを感じる。
 与えられた役には、もちろん実力のすべてをもって挑む。
 それでも水のあう役とそうでない役はある。今回の修道女は、その点で
いえば馬が合ったと我ながら思う。
 だからだろうか、こんな夢を見るのは。

 おぼろげな、実感のない世界で僕は修道女だった。
 舞台衣装と同じ質素な暗い色の修道服をまとっている。
 そして一本だけ火の灯された蝕台と月明かりだけが照らす寂れた教会
で、ひとり一心に祈っていた。
 教会の扉が開くと、複数の男たちが入ってきた。彼女は足音に振りかえ
ることなく祈り続ける。
 男たちが彼女に声をかける。何を言われているのかよくわからない。
 恐らく彼女自身に聞こうとする意志がないようだ。
 今度は腕をつかまれる。相変わらず何をいっているのかわからないが、
下卑た言葉を投げつけられたらしい。
 それでも彼女は抵抗することはなく、無言のまま目を伏せていた。
 男の手が遠慮なく裾をめくり細い足が月光に白く浮かぶ。
 そこからは、すべて男たちのなすがままだった。
 口に顔に足に尻に、濃くねっとりした雄の残滓が浴びせられ白く汚れて
いく。
 腰をつかまれ小柄な彼女に納まりそうもない男根を衝きたてられ白い
喉がのけぞる。
 固く結んだ口をこじ開けられ、上と下の抽挿に揺さぶられ何度も精を注
がれた。
 やがて彼女を嬲るのに飽きた男たちに放り出され、彼らは帰ってゆく。
 教会の扉が開くと、老いた修道女が床に倒れたままの汚された彼女を
見ていた。
 金品らしきものを受け取って、老女は扉を閉める。
 月光は雲にはばまれ教会には蝋燭の明かりだけが揺らめき、やがてそ
れも尽きて消えた。


491 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)