5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サクラ大戦Xの九条昴萌えスレY

1 :名無しさん@ピンキー:2006/03/31(金) 02:00:44 ID:TjQc4ct2
昴のエロ萌え話はこちらでどうぞ。 

ギャルゲ板 
http://game9.2ch.net/gal/ 
※ギャルゲ板の萌えスレにここのURLを貼らないこと 
(2chルールで一般スレにピンク鯖へのリンクを張ることは禁止されてます) 

関連スレ 
エロパロ・サクラ大戦のエロ小説・その4
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1127142419/
虹・サクラ大戦          落ちるまでの日数→ 
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/ascii2d/1107559126/ 

前スレ 
サクラ大戦Xの九条昴萌えスレX
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1133148749/
サクラ大戦Xの九条昴萌えスレ4 
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1127050097/ 
サクラ大戦Xの九条昴萌えスレ3 
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1124521485/ 
サクラ大戦Vの九条昴萌えスレ2 
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1122972348/ 
サクラ大戦Vの九条昴たん萌えスレ 
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1121784753/ 



2 :名無しさん@ピンキー:2006/03/31(金) 02:05:49 ID:???
>1序破急の乙
初2get

3 :名無しさん@ピンキー:2006/03/31(金) 02:12:05 ID:saaJ0LHz
バーチャルアニメマニア風俗
http://m-pe.tv/u/?maniatai

4 :名無しさん@ピンキー:2006/03/31(金) 03:00:12 ID:???
>>1
けなげなその姿が乙を映し出す

これからも素敵なエロ萌話に華が咲くといいな

5 :名無しさん@ピンキー:2006/03/31(金) 06:17:18 ID:???
乙こそスレの華と知れ!

6 :このスレのテーマソング:2006/03/31(金) 09:31:11 ID:???
「昴とならば〜エロアンド・ザ・ドリーム」
タイトル考案:前スレ755氏
作詞:前スレ751氏


ららら スーツ!(゚∀゚)ノ
むき出しの生足 脚線美 指で優しくなぞり上げ
太腿に顔 寄せるよ 膝枕

ららら スク水!(゚∀゚)ノ
浮き出るライン 真っ平ら 肩紐ずらしマッサージ
張り付いた布地 濡れた髪 テラモエス

ららら スタジャン!(゚∀゚)ノ
素肌に羽織った 青い服 ギリギリで隠すライン
大きく捲り 襲うよ エロシアター

昴は跳ねるよ どこででもー
僕らと ならば いつまでもー
うれしはずかし 素敵なエロの夢ーーヽ(゚∀゚)ノ

7 :名無しさん@ピンキー:2006/03/31(金) 09:34:31 ID:???
>>1
君には乙が必要だ!

あと前スレの歌が神過ぎたんで貼ってみた

8 :名無しさん@ピンキー:2006/03/31(金) 14:12:36 ID:???
>>1
乙〜


9 :名無しさん@ピンキー:2006/03/31(金) 14:17:55 ID:???


神々の降臨とエロ萌話で出来てるこのスレは本当に素晴らしい

10 :名無しさん@ピンキー:2006/03/31(金) 18:17:17 ID:???
>>6
GJ! やはり名曲だよな… 昴スレが続く限り、貼り続け歌い継がれるべきだと思う。


11 :名無しさん@ピンキー:2006/03/31(金) 18:22:17 ID:???
毎回テンプレで貼るのか?
スゴスwww

12 :名無しさん@ピンキー:2006/03/32(土) 20:22:19 ID:???
前スレ沈む前にこっちが沈んだら困るな。

13 :名無しさん@ピンキー:2006/04/02(日) 09:46:38 ID:???
新「ここは人があまりいないみたいですよ。昴さん」
昴「はぁ……それで?」
新「えへへ…ここでなら思いっきりHできますよね!」
昴「はぁ!?バカ言うな!もし誰か来たら……ぁっ」
新「えへへ、それはそれ、これはこれ。何事も成せば成る!です!」
昴「バカ!まっ、や、はっ……ぁあっんっ!(……昴は心で願う……
この地が大河に悪用されないように、人が来てくれる事を。



もちろん、僕らの事が済んだ後に。)

14 :名無しさん@ピンキー:2006/04/02(日) 09:52:54 ID:???
間の悪い俺がきましたよ。




事は済みまつたか?

15 :名無しさん@ピンキー:2006/04/02(日) 09:57:53 ID:???
>>14
ちょwwwwwタイミング良すぎwwww


16 :名無しさん@ピンキー:2006/04/02(日) 13:59:42 ID:???
おまいら前スレ埋めろよww

17 :名無しさん@ピンキー:2006/04/02(日) 20:48:45 ID:???
祝! 前スレ梅プレイ祭りにて完走!

18 :名無しさん@ピンキー:2006/04/02(日) 20:51:24 ID:???
激しく梅プレイで前スレ終わったなw

19 :名無しさん@ピンキー:2006/04/02(日) 20:53:51 ID:???
もすかすて次スレが立った後は昴タソ梅プレイ祭り慣習化なのか…

20 :名無しさん@ピンキー:2006/04/02(日) 20:54:10 ID:???
まあヘンタイガーな紳士淑女のスレらしい終焉だったよ。

21 :名無しさん@ピンキー:2006/04/02(日) 20:55:59 ID:???
少なくとも、萌えながら梅するのは慣例化でいいんじゃね?

22 :名無しさん@ピンキー:2006/04/02(日) 23:16:22 ID:???
その時ネタの神が光臨したら積極的に書き込めばいい。

23 :チャーミー:2006/04/03(月) 00:10:57 ID:???
ご無沙汰しております。不肖チャーミーであります!
続き書いて参りました。

スレをまたぐような作品ではないのですが、梅祭りを見て笑ってるうちに埋まってしまったので、
スレ一番乗りをいただきますね。新雪に足跡をつけるだなんて勿体ない。
あ、でもコネタ神がいらした!

それではまずはご注意。
相変わらず昴さんオトメ度マックスハート。
弱体化しているので強い昴さんが好きな方はごめんなさい。
エロはヌルいです。
誤字脱字用法ミス等あったらすみません。笑ってください。
ラストは必ずハッピーエンドなので、どんなに辛気くさくても気楽に読んでください。

24 :それすらも愛おしき日々20:2006/04/03(月) 00:12:21 ID:???
人なんて、男なんて。視線ひとつで手玉に取れる。どうとでもなると思っていたのに。
こんなにも君をほしがっているのは僕だけなんだろうか…
君をもっと感じたい。感覚のすべてで。
君をもっと刻みつけてほしい。

きつく、やわらかに。丁寧に、激しく。
君だけの昴に作り替えてほしい。

来月からはマダム・バタフライの再演が予定されている。
ヘアメイクのスタッフが新人に替わったので練習をしたい、と言われたので
午後から練習につきあった。
耳元で髪飾りが擦れ合って小さな音を立て、えんじ色の組紐がちらちら目の横で揺れる。
結い上げが少しきついがなかなかの出来に満足を伝えると。彼女は嬉しそうに笑った。

ついでに、と衣装を纏って自分の鏡台の前に腰をおろす。
目だったほつれ、綻びはない。

…寸直しの、必要もない。

自分のメイクボックスに手を伸ばす。今日は髪型だけだったし、汚れるのでメイクはしていなかった、
衣装を着てしまったあとなのでファンデーションは避け、適当に紅を手にする。
舞台映えするように誂えた重めの真紅。口を懐紙で軽く抑えて、顔をあげる。
鏡を覗きこめば、自分が、蝶の羽根から降る粉を含んだような笑みを真っ赤な口唇に湛えていた。

何が不満なのか眉間に皺をよせた自分を見ているのが嫌になって、身を翻して。
ソファにだらしなく座ると、いつもの眠りがやって来て…暗闇で、膝を抱えた。

25 :それすらも愛おしき日々21:2006/04/03(月) 00:13:18 ID:???
ああでも、いつもと、違う。温かい。なんだろう…人の気配。少しだけ身に重み。

「…昴さん… …昴さん…」

もぞもぞと身じろぐと、肩を包むように手が置かれた。
この手の感覚は好きだ。温かい。薄目を開けると飛び込んで来た、白。

昴は、夢を、見ているのだろうか…

白い軍服を着た彼が、自分の肩に手を置いている。
「ぁ…し…んじろ…う?」ようやく脳の片隅が覚醒する。
…ああ、賢人機関に報告に行く、と言っていたな…
朝から休みをとって留守にしていたが、報告を終えてシアターに顔を出したのだろう。

「あはは、花畑みたいですねえ…すごい」
「…?」どういう意味だろう。
頭を抑えながらソファから起き上がると、鮮やかな色。
膝元から落ちたオレンジ色の毛布、藍色のクッション、緑のポンチョ、クリーム色の膝掛け、空色のカーディガン。
持ち主の顔が次々と浮かぶ。皆寝ている昴のために置いていってくれたものだ。
「ぼくが居なかったから、みなさんが代わりに見ててくれたんですね」
毛布を畳みながら、風邪をひかなくてよかったです。と安心したように言う。
「…昴は洗濯物になった気分だよ」
日向で干されたように心地がよかった。

「まだ、眠いですか?今日はぼく、休みなんで報告に来ただけなんですけど」
頬に手のひらを当てて、まだ少し眠そうにしている昴を覗き込む。
「…ん」
衣装を脱ぐのが面倒だな。
首に腕を回して抱きつくと、帯を痛めないように抱きかかえられた。
着替えを袋に詰めてもらって、ホテルへの車の手配を済ませてくれたラチェットに見送られて
シアターを出ようとしたのだが、
車が大きく裏口に回れなかったらしく、正面から出るしかない。
衣装の振袖を揺らして、抱き抱えてもらったままロビーへ移動すると、
休演日だが売店やカフェバーにまばらに居た客が息をのみ、こちらを伺っている。
周囲にみっともない自分を見られているようで、隠れるように首に腕を回して縋ると、
両腕が塞がっている彼は首を傾けて、昴の腕に宥めるように口唇を当ててくれた。


26 :それすらも愛おしき日々22:2006/04/03(月) 00:13:50 ID:???
表情を硬くした白い軍服姿の彼は、馴染みの客や車の運転手にも、
普段頼りなさ気で優しく微笑んでいるモギリの青年だとは気付かれなかったようで、
余計な詮索をされずに済んだのは幸いだった。

その日の二人は新たなデモンストレーションの一種かと人々の噂になった。

支配人殿はそれすらもいい宣伝だ、と大喜びだった。
「休日にも役者さんに会える!」そんなキャッチフレーズで、
他のメンバーは持ち回りで衣装を着て練り歩いてくれたらしい。感謝をしなくては…
後日、何か礼を、と申し出ても、
サジータに「困った時に倍にして返してもらうからツケといてやるよ」と、高利貸しのようなことを言われた。
ダイアナは、
「羽根の乾ききらない蝶を大切に抱えて、将校さんに幸せそうに連れていかれて、
まるでハッピーエンドを見せられたようです…はふう」と、うっとりと話した。

車のなかでは殆ど口を聞かなかった。
早く、早く。誰も居ないところへ行きたかった。

部屋へ入っても。ベッドに腰掛けても。まだ、首にしがみついたままだった。
「昴さん…衣装が汚れます…」
「…ん…そう…か…」
手伝ってもらって、衣装を丁寧に脱がされて。
「こうしているとマダム・バタフライのようだね…」
鮮やかな赤は自分の劣情も刺激するようにできているのだろうか。
サニーサイドに、白の襦袢でいいではないか、と言ったのだが、
「遊女の襦袢は赤じゃないと!」と譲らなかった。
衣装はあくまでも役のうえで。こんな目的で作られたのではないのに…
きちんと結い上げて、ちり…、と飾りのゆれる髪に、赤い襦袢と足袋だけを身に着けて。
ベッドに腰かけた青年将校さんに伸し掛かった。
向き合って軽く開かれた脚を抑えるように座る。


27 :それすらも愛おしき日々23:2006/04/03(月) 00:14:38 ID:???
誘惑を、しようとしているのだ。昴は。

「貴方は私のすべて。とても好きです…かわいがってくださいね…」

誘惑を、しようとしているのだ。昴は。
目のやり場に困っているらしい彼に、蝶々のセリフを口に乗せて、反応を伺うと、
少し悲しそうな顔をして、「ぼくはピンカートンじゃないですよ…」と呟く。
不貞腐れたような声に笑いを堪えて、「…知ってるよ」と、頬に軽く口接けた。

スタッフである以前にこのシアターのファンでもある彼は、
上演する作品をもっと知りたいのだと、勤勉に、作品の原作となる小説や、
オリジナル作品の雑誌の評判などにも目を通している。
やはり、というべきか、実直な彼はピンカートンにはいい印象を持っていない。

自分とはほど遠い不義理な男性扱いを受けた彼は、昴の背をそっと抱きしめると肩口に顔を埋めて首筋に口接ける。
「ふふ、ふ…ごめん…」
見ずとも互いの指先を探して片手の指を絡めた。今日は軍服なので手袋をしている。
軽く絡めた指を、僅かも離したくなくなって。ぎゅっと力をこめる。
握り返される感触を確認してから、同じように絡めようと差し出されたもう片方の手の
手袋の隙間から、指先を差し入れて、手の甲をくすぐって。

手が使えなければ、どうやって触れてくれる?どうやって愛してくれる?

困ったように見つめ返す彼に顔を寄せて、頬を触れ合わせて額を擦りあわせて。
うっとりと微笑みかけると軽く口唇を重ねられた。啄むような口接けを何度も交わしては離れて、
額、瞼、眦、耳朶、鼻先、頬。
ちゅ、と軽い音を立てて触れる。
…顎に触れる気配に、ねだるように舌を出した。
「…んぁ、…ふ、はぁ…」
零れる唾液も気にせずに繰り返す口接けに、口唇が熱く濡れて。昼間の紅はすっかり落ちてしまった。
わずかに口唇が離れて、見つめ合う。
口の端を紅に染めた彼に顔をよせて、紅を拭うように口唇を舐めた。
大きめでいつも潤んで見える瞳が少し伏せられて。
あどけなくすら見える眼差しが、真剣味を帯びてくるのを伺った。

28 :それすらも愛おしき日々24:2006/04/03(月) 00:15:09 ID:???
「んん…くすぐったい…よ、新次郎…ぁッ…」
両手を甘く拘束された彼は、自由になる頭を昴に擦りつける。甘えるような仕草に笑むと、
襦袢を鼻先でかき分けて、袷を噛んで少しずつ乱してゆく。
無言で行われる行為。衣擦れと荒い呼吸が室内に満ちる。
わずかに覗いた肌を鼻先が擽って、追いかけるように肌を噛もうと降りてくる口唇。

「…ッくふ、…ふぅ…」

息を継ぐのを忘れたのだろうか。彼の少し上擦った声があがった。
そんなに夢中だったのか。
動物めいた、しかし愛しい仕草に自分から肌を押し付けるようにする。
乱された襦袢が肩を滑って、晒された肌にひやり、と外気の感覚。粟立つ皮膚。
「ん、ふぁ…ぁ」
再び頭を擦り付けられて冷たい髪がやわらかく肌をすべる刺激に、ちいさく喘いだ。
もどかしい、愛撫。
首筋に薄く浮いた血管を確かめるように舌で辿られる。鎖骨を舐めて、肩口に噛み付かれた。

胸元に口接けて、心臓の上に鮮やかな華をいくつも散らせて。
ひとつ、つけるごとに、口唇を離す時に尖らせた舌先でその華を軽く押して舐める。
「ぁ、ん…」
彼に抱かれる時の昴の鼓動の色、皮膚の奥から吸い出して滲み出させたものがこの色だと言い切ってもいい。
夥しいほどの紅い跡も、日が経てば薄くなって、やがて消えてしまうのだけれど。
いつも、寂しいと思う間もなく。また、新しい跡が付けられるのだ。


29 :それすらも愛おしき日々25:2006/04/03(月) 00:15:56 ID:???
そのまま、膨らみは殆どなく乳房とは呼べないが、部分的に他より柔らかいそこにゆるく噛み付く。
ぷつりと、と中心に色づいた淡い桜色に口唇を寄せて舐めあげて。
ちう、と音を立てて吸い付く。軽く歯を立てられるととぞくりとした感覚が背中を走った。
「ふぁ…ッ…」
飴玉のように舌で転がされて、甘噛みし、引っ張られる。
唾液でたっぷりと濡らされたそこに、離れ際にふ、と軽く息をふきかけられる。

「ッあ…!」

駆け抜ける、痺れるような感覚。ひんやりとしたあと、熱い。手をぎゅっと握りしめた。
喉を逸らせて後ろに倒れそうになるところだったが、絡めた腕を引き寄せた彼が
後ろに身を引いて、胸に倒れ込むかたちになった。
腿がじんわりと熱いのは、こらえきれなかった自分があふれて伝ったせい。
軽く、達したのだ。
「ん、…は、ぁ…ぁ…」
息を整えていると、こめかみに口唇を当てられて、片手をゆっくりと解かれた。
余韻を漂う自分を待って、宥めるように背中と腰を擦る。
そのまま手が下に移動して、捲り上げられた襦袢が脚を滑った。
「ぁ…」
裾を捲って尻を露にされたらしい、触れるか触れないか。丸みを指先が辿る。
少し間をおいて下肢に来るであろう刺激を予想して、少し脚を開き身体の力を抜く。
身じろいだことでまた、脚間から蜜が零れた。
その体勢のまま首筋に噛み付かれると、刺激を待ち望んで時折ひくりと震えていたそこに、
後ろから指が差し入れられた。

「…ひ、ぁ…ああッ?あ!」

未知の感覚に肌が粟立つ。
手袋をしたままの指を、差し入れられたのだ。
戦闘服の時に自分に少し触れるときだって、もどかしげに手袋を外すのに。
「ぅあ…」
布の感触に目をふせ、彼にしがみついて震えていると、くっ、と内部で指を曲げられる。
いつもなら、自分の蜜をたっぷりと纏った指を飲み込んでしまうそこは、
手袋に水分を取られたのか幾分固いようだ。

「ぁ…いや、だ…やッ…あ、ぁ…」
ぴたりと、手が止まる。
「触られるの、嫌でしたか…?」
そんな風にされるだなんて思っていなかったから。
思わず口をついた、「いや」の一言。今まで一度だって言ったことはないのに。
「んぁ、あ…」動きの止まった指をずるりと引き抜かれて、
「…そ、んな…ちゃんと、さわって、くれ…」
頼りない目で見たのだろうか、物足りなさ気だったろうか。
「ぁ、ごめんなさい、夢中で…」
ゆるゆると手が持ち上がる。片手はまだ、背中を撫でているから、己の口で外すのだろう。
何度か見たことがあるがその仕草は好きだと思う。

30 :それすらも愛おしき日々26:2006/04/03(月) 00:17:35 ID:???

「外して、ください」

「え…」
目の前に差し出された自分の蜜で濡れた手袋。
白いため目立たないが湿り気を帯びて、指先がぬるりと光っている。
恥ずかしさに、目を逸らしたい気分だった。
でも、外さなければ、きっとまたこのまま触れられる。それは嫌だ。
いつも、自分の様子を一番に伺って、嫌な思いをしないように、気遣って。
一方的に奉仕を求められたりなんて、したことがなくて。
でも、こんな時くらいいいかな、とも思った。
遊女のような格好をしているのだ。

両手で腕を掴むと濡れていない指の部分を銜えた。
「んん、ふう…」
指先を噛んで引っ張ろうとしたが、目の横で光る蜜が気恥ずかしく。そのまま袖口を下げ、手袋を噛んだ。
手のひらに引っかかりながらも、弛みを正し、また引っ張る。
する、と脱げた手袋を口に銜えたまま顔をあげると、満足そうに笑った彼の口唇が昴の口から手袋を引く。
はずみで、手袋についていた自分の蜜が顎に擦ってついた。
ためらうこともなく、口唇をよせて、舐めとられると、軽く口接けられた。
「ごめんなさい、こんな、勝手な…」
申し訳なさそうに言う彼を制して
「いや、きっと蝶々だって同じようにしたと思うから。」
「…それに、なかなか新鮮だったしね、」と伝えれば、顔を真っ赤にするのだ。面白い。

「それで、触ってくれるのかい?」
胸元にあった彼の指、音を立てて何度も口接けて、舌を這わせて唾液を絡めた。
十分に濡らしてやれば、くい、と後ろから差し入れられる熱い指先。よく知った感覚。
恥ずかしいほどに彼の指を濡らす自分の蜜。
「あ、んん、ぁあ…」
胸に顔を埋めて声をあげれば、頬にひやりとしたものが当たる。
金色の釦。そういえば、自分はこんなに乱れているのに、彼はきちんと服を着たままだ。
もう、手には力が入らないので、口をあけて、ひとつずつ。釦を外した。


31 :それすらも愛おしき日々27:2006/04/03(月) 00:18:12 ID:???
「ふッ…んぁ!」
がち、と音を立てて噛みそこねた釦が口から外れる。
舌を噛みそうになると、顔をあげさせられて覗き込む心配そうな顔。
「ッ、大丈夫…だよ…」
頬に添えられた手のひらに顔をよせると、そのまま、髪に触れられた。
飾りを避けて頭を撫でるのがもどかしくなったのか、飾り紐を引かれて簪を抜かれる。
壊したりしないように、サイドボードにひとつずつ置かれる髪飾りを横目に、釦に噛み付いた。
結い上げた髪をほどかれると、顔の横に髪が落ちる。耳に髪をかけてもらいながら、全部の釦を外した。
口紅が残っていなくて、本当によかった。

脱ぎ捨てた上着は椅子にむかって放り投げた、いつもと、かわらない白いシャツ。
見た目の印象よりもしっかりした肩に手をあてると、身体の位置を入れ替えられた。

ほぐされて、もう、殆ど力の入らない身体をぐったりと横たえると、腰紐に手をかけられた。
腰まわりにまとわりついた襦袢をはぎ取られると、覆いかぶさってくる。
身体をずらすと圧迫感から解放された臍に、ちう、と吸い付かれた。
「あ、あ…」
また、溢れた自分がシーツを濡らす。
もっと。そうやって、もっと触れるといい。

そうしている間に下肢に手をのばして、十分に潤っているのを確認すると、
「いいですか?」
そうやって、いつも聞くのだ。伺わなくても、拒むことなんてないのに。


32 :それすらも愛おしき日々28:2006/04/03(月) 00:19:43 ID:???

「いいよ、おいで…」

…おいで、おいで。
軽く、口唇をあわせたあと、真剣な表情をした彼が、そっと、入り口に自身を宛てがうと、
何度か擦りあげて、潤みを纏う。
「は、あ…」
背中に回した手が、シャツを這う。皺になってしまうのではないだろうか、と僅かに心配したが、
そのままぐ、っと押し広げられ、貫かれて縋り付くように手に力を込めた。
「ん…」
自分に入ってからも、しばらくは動かない彼。息が整うのを待っているのだ。
何度身体を交わしてもはじめだけには慣れない自分を気遣って、浅い抜き挿しを繰り返す。
「ふぁ、あ…」
深く、繋がりたくて。
もっと、と腰を擦り付けて身体を密着させる、
根元まで収まった硬い熱塊が、更に質量を増して、内壁をくん、と広げた。
「…はぁ、あッ…ぅあ…」
「…昴さ、ん…」
喉を鳴らすと腰に手を添えられて。身体を揺さぶられる。
大きな動きではなく、抜き挿し、というよりも、奥まった箇所を先端でかき回すような動き。
擦られる箇所から燃えるように熱くて、熔けていく。
「ぁ、ああ!…んぁ!…は…あッ!」
とん、とん、と保たれるリズムに慣れたころに、ぐり、と予想外の動き。
「ああッ!、は、ああ…」
動きに合わせて溢れる蜜。淫らな水音。

彼にしがみついて、大きな声を出した。
快楽と、いつもの睡魔で朦朧とした頭の自分にも聞こえるように。


33 :それすらも愛おしき日々29:2006/04/03(月) 00:21:24 ID:???

声の合間に、耳元に流しこまれる音。
「…ふ、ッ…愛して、ます…」
短い言葉。短いからこそ、届く言葉。でも、大事な言葉。
こんな時に言われたら信じてしまうではないか。
「あ、あ…ああ!!」
返事がしたくて身じろいだのに、痣を引っ掻くように擦られて。腰をぐ、っと引きつけられた。
「ん、あ…あああぁッ!」
瞼の奥に白い光。きゅう、と収縮する内部に、熱い奔りが注がれて。

ああ、まだ、君に伝えていないのに。
このまま、眠ってしまうのが、何となくだけれどわかった。

ねぇ、新次郎、新次郎…愛しているよ。

翌朝は小雨が降っていて。薄暗かった。
朝食も終えて、朝の支度の最中に鳴り響いたキャメラトロンの呼び出し音。
悪念機がまた、発生したらしい。
連れ立ってシアターへ急いだ。
昨日、伝えられなかったから。先を行く背中に傘に隠れて呟く。

ねぇ、愛しているよ。

これから昴はどうなってしまうか、わからない。
もしかしたら、なんにも、なくなってしまうかも、しれない。

力も。自分も。

―でも、昴は、君の刀であることを証だてるのに、
あんなにも愚かな方法しか、思いつけなかったんだ。


ほんとうに、ほんとうに。…愛しているよ。

34 :チャーミー:2006/04/03(月) 00:22:33 ID:???
好き好き半脱ぎ襦袢プレイ。軍服萌え。
そしてやっぱりヌルいエロ。ジーク・エロス!今回はここまでです!
あと1,2回で終わるはずです。
前回いっぱいっぱいで書いたらやはり未熟な文章に出たのか、
エロがヌルかったのと、わかりにくい、と言われたのでちょっと細か目に描写してみました。
前回の文、読み返せば浴衣プレイが名ばかりになってしまっていましたね。
期待してた方、ごめんなさい。

感想くださったかた、いつもありがとうございます。

>前スレ970さん
いきなり自分の名前が出て来て焦りました。
書き上がって誤字チェック中なのがバレたのかと思いました。
日付が4/1じゃなかったので万愚節ではないと信じたいんですが、
縦読の一種だったらショックで暁に死す!ので教えてください。
あとですね、昴さんは一ファンとしてならきっと愛してくれますよ!

前スレでご指摘いただいたトリップですが、もうちょっと考えてから使おうと思います。
騙る人が居るんですね…そんな勇者な…

また忘れた頃に続きをお持ちしたい所存です。
他の神々もお待ちしています!

35 :名無しさん@ピンキー:2006/04/03(月) 00:32:53 ID:???
チャーミータン、GJ!

さっそくの神降臨だなw

36 :名無しさん@ピンキー:2006/04/03(月) 00:40:21 ID:???
ゆ 遊女ごっこだー(´∀`)モエー
GJ!
いつもチャーミーさんの新昴は綺麗で幸せそうでいいなぁ
続き待っています


37 :名無しさん@ピンキー:2006/04/03(月) 00:51:05 ID:???
神降臨ありがとう!

ところで、話はまったく変わるけど横溝正史氏の「真珠郎」って知ってる?
椎名耕助……新次郎
乙骨三四郎…サニー
由美…………昴
真珠郎………ダイアナ
あたりに脳内変換して読むと、かなり萌えると思うよ。
てっゆーか、俺は萌えたw。

38 :名無しさん@ピンキー:2006/04/03(月) 01:00:56 ID:???
>>37
すまん。
真っ先に真珠を埋め込んだ新次郎を想像してしまった俺ってorz

39 :名無しさん@ピンキー:2006/04/03(月) 01:15:56 ID:???
チャーミーさん乙です!
昴さんのかわいさに身悶えました。そしてラスト切ない……

>>38 ナカーマ orz

40 :名無しさん@ピンキー:2006/04/03(月) 01:16:50 ID:???
昨日はリカの誕生日だったね。
きっとリトルリップシアターのみんなでたくさん料理をつくって
仲良くお祝いしてるんだろうなあと妄想。

ということで、デザートにチャーミーさんの昴さんをいただいていきますね。
ごちそうさまでした。

41 :名無しさん@ピンキー:2006/04/03(月) 10:56:31 ID:???
こらこら。チャーミーたんの昴さんは、私が前スレ970で予約済みだ!
しかし、朝起きたらチャーミーたんが来てたので驚いた。相変わらずGJ!

42 :名無しさん@ピンキー:2006/04/03(月) 20:37:07 ID:???
すごいことがわかりましたよおまえら!
ボクの匂いは昴さんの匂いによく似ているそうです

昴さんの誕生日にはここで盛大に乱交バースディパーティーが行われるんですね
さまざまな淫具や衣装をプレゼントされて
「馬鹿だ!貴様は!」
とののしられたいなぁ

43 :名無しさん@ピンキー:2006/04/03(月) 22:11:20 ID:???
乱交バースデー!
今からワクテカだww
やっぱ『ごっくんの日』だから、フィニッシュは僕様ちゃんのを…

44 :名無しさん@ピンキー:2006/04/04(火) 03:07:42 ID:???
昴「…………」
新「あれ?昴さん、どうしたんですか?口開けたまんまで」
昴「いや、相変わらずのカオスっぷりに驚いてね」
新「ごっくんの日ですか…ひどいですね!昴さんにそんな事!僕が許しませんです!」
昴「大河……」
新「昴さんがごっくんしていいのは僕のだけです!」
昴「はっ?」
新「>42と>43に、僕らの仲を見せ付けてやります!」
昴「な!なんだっry待て!やめろっ!!ぁっ!……ぁあ……」

………昴は考える
この新地で、果たして僕の体は、誕生日までもつのだろうか、と。


45 :名無しさん@ピンキー:2006/04/04(火) 03:26:05 ID:???
大丈夫。僕らは優しいヘンタイガーだから、生かさず殺さず愛し抜きます。

46 :名無しさん@ピンキー:2006/04/04(火) 09:22:41 ID:???
ごっくんより顔にぶっかけたい派なんですけどいいですか?

47 :名無しさん@ピンキー:2006/04/04(火) 13:08:05 ID:???
しかし夜桜の下で昴タンとハァハァできたら最高だろうなぁ

48 :名無しさん@ピンキー:2006/04/04(火) 19:05:03 ID:???
流れをぶった切るうえ、チャーミータンの後で
恐縮ですが、今書いてる物の前半が出来たので
投下しにまいりました。以下、注意事項。

前半エロないです。
昴さんが乙女。
むしろ、前半は新次郎が乙女。

甘々がかったるい人はスルーでお願いします。

49 :夢1:2006/04/04(火) 19:05:43 ID:???
「…やぁ、大河。待っていたよ。」
「すっ、昴さん!?どうしたんですか?その格好!」


今日は久々の休日だったけど、昨日残した雑務の為ぼくはいつものモギリ服を着て家を出た。
その途中、昴さんから
『買い物があるので付き合ってほしい。』
と、キャメラトロンで連絡があり、早々と雑務を片付け昴さんが待つホテルへと向かうと、
そこにはぼくが以前にプレゼントした、あのワンピース姿の昴さんが待っていたのだ…!
その姿を目にするのは、プレゼントをした時、
ぼくの気持ちに応えると言って着てくれたその日以来だったものだから、
突然の出来事に、思わず不用意な言葉を上げてしまっていたのだった。

「随分と失礼な言い方だな。だったら着替えてこようか?」
昴さんの眉がピクリと釣り上がるやいなや、身振り手振りを交えぼくは慌てて訂正した。
「あっ!違うんです!!そのっ、いつもの服装だとばかり思っていたから、驚いてつい…!」
「…そう。で、こんな格好の僕に付き合ってくれるのかい?」
機嫌を損ねたであろう昴さんに、ぼくの本意が伝わるようにと、ありったけの気持ちを言葉に乗せた。
「もちろん!お供します!!来るなと言われてもどこまででも付いて行きます…!!」
切れ長の瞳に見据えられ、胸の鼓動が高鳴るも、嘘偽りのない想いを瞳に託し、ただただ訴え続けた。
「…ふっ、そこまで熱くならなくても…君の言葉に他意がない事ぐらいわかっているよ。」
「昴さん…!」
やれやれといった表情で微笑む昴さんによって、張り詰めていた緊張感が解かれる。
嬉しさのあまり多分、男として恥ずかしいほど満面の笑みを浮かべていたに違いない。
「…あの、ところで、買い物って何を買いに行くんですか?」
不意に口をついて出た素朴な疑問に、昴さんからは溜め息が返ってきた。
「はぁ…………鈍感。」
「えっ?」
「そんなの、君を呼び出す為の口実に決まっているだろ。」
「えっ、えっ?」
把握しようと頭を回転させてるぼくを横目に、その凛とした表情に柔らかな笑みを湛え、
スカートをふわりとなびかせながら、昴さんが一人外へと向かう。
「それじゃ行こうか、新次郎。」
振り向きざまに名を呼ばれ、目が合ったその瞬間、
なんの予定もなかった休日が二人だけの時間へと移りゆく空気が感じ取れ、
沸き出るように、身体の奥底から喜びが込み上げてきた。
「はっ、はい…!!あっ、待ってくださいっ!昴さーん!」

50 :夢2:2006/04/04(火) 19:06:40 ID:???
柔らかく暖かな日差しの中、会話のないままぼくは昴さんの斜め後ろを付いて歩いていた。
小さくて愛らしいお人形さんがぼくをどこかへ誘ってくれているようで、
なんだか夢でも見ているようなフワフワとした気分だった……


「天気も良い事だし、このまま公園でも散歩しようか。」
「へっ?!!!」
不意に掛けられたその声に夢から覚めるようで、昴さんのワンピース姿を眺めながら、
いかに自分が惚けていたかを思うと身の置き所が無かった。
「…公園では不満だったかい?」
「えっ?いっ、いえ!行きましょう、公園!!…ねっ!…あはっ、あははっ。」
「……?」
咄嗟に笑って誤魔化したつもりだったけど、何も知らない昴さんには案の定、
怪訝そうに見つめられ、もっと清く堂々と振る舞っていたかったぼくは、
気を緩めていた自分を心の中で蔑んだ。
このままエスコートもせず、昴さんに付いて歩くのも情けないなと思いながら、
ふと公園内を見やると見覚えのある風景が、忘れかけていたあの日の記憶を思い出させてくれた。

51 :夢3:2006/04/04(火) 19:07:17 ID:???
「昴さん、ここ!憶えてますか?」
「えっ?」
「ほら!かなり前ですけど、サジータさんと擬似裁判する事になって…」
と、昴さんにも思い出してもらえるように事細かに説明するつもりで話し始めると
「あぁ。」
と、昴さんはすぐにわかった様子だったので、
緩やかな速度で歩きながら、ぼくは共通の思い出として話を続けた。
「その証拠を集めるのにぼく、昴さんの所へ行ったんですよね。」
「そうだったね。」
「そしたら丁度ホテルのロビーに、フロンティア社の人と市議会議員と
マフィアが居たんで、その後…」
「あぁ、面白そうだったから二人で尾行したんだっけ。」
「もぅ、面白そうじゃないですよ!ぼくはあの時、真剣に証拠を集めていたんですから!」
「ふふっ、冗談だよ。本当に君って奴は……ふふふ。」
「(むーーー)………。」
思うがままだと思われるのは男として腑甲斐ないけど、
大人気なくムキになるぼくの反応を見て、穏やかに笑う昴さんの表情を見ていると、
それも仕方ないかと思えてしまうのだから、ぼくは一生昴さんには敵わないと思う。
「そ、それで、ほら、ここら辺でマフィアに怪しまれたじゃないですか、ぼく達。」
「…そうだっけ?」
「そうですよ!で、咄嗟に恋人のふりとかしちゃって、
ぼく昴さんに怒られたんですよね。『君と恋人のふりなんて屈辱だ。』って。」
「……そういえば、そんな事もあったね。すっかり忘れていたよ。」
ぼくにとっては今じゃ笑い話のつもりでいたけど、伏せ目がちに微笑む小さな姿が、
忘れていたかったと物語っているようにも思えたのは、気のせいだろうか…。

52 :夢4:2006/04/04(火) 19:08:01 ID:???
暖かく心地よい風がさわさわとぼく達を優しく撫でる。
どう話を続けようかと、慎重に次の言葉を選んでいると、
風に乱された髪を整え、目を伏せたままの昴さんが静かに語り始めた。
「あの時の言葉は本物だ。屈辱以外のなにものでもなかった。
だが…今思うと、敵を欺く為の演技ごとき、平常心で演じられなかった僕の心は、
あの時から君に…乱されていたのかもしれないな…。」
「昴さん……。」
「…ふふっ。」
過去を肯定し、受け入れようとするその姿を、愛らしい微笑みと共に見せてくれて、
傍らに身を置くぼくの胸は、締め付けられるようないとおしさでいっぱいになり、
その想いに後押しされるように、ぼくは行動へ移した。
「あの……昴さん。」
「なんだい?」
「その…、手を繋いでもいいですか?今度はふりなんかじゃなく…。」
「ふふっ。……君は正気か?相手は僕…だぞ?」
…それは一語一句あの時と同じ台詞。
けれど、あの時とは違い、その表情には穏やかな笑みを湛え、
胸元のリボンとふわりとしたスカートと共になびく、サラサラとした黒髪を掻き上げながら、
ぼくの目を真っすぐに見つめてくれていて、
この瞬間を焼き付けるようにその全てを熟視していたぼくは、
返事を待たずして白く細い指先へそっと手を伸ばし、やんわりと包み込んでいた。
「…昴さんだから、いいんです。」
多分ぼくの顔はだらしなくゆるみっぱなしだと思う。
心からの想いも簡単な言葉にしか出来ない自分が歯痒かった。
けど、そんなぼくの手を昴さんの指先がキュッと握り返してくれて、
密着した手のひらから伝わる温もりが、
ぼくの想いに応えてくれているようで、嬉しくて堪らなかった。
「それじゃこの先、どこへ行くかは君に任せるよ。…いいね?」
「……はい!!」
お手並み拝見といった笑みを浮かべる昴さんに、意気揚々と応える。
こうして手を繋ぎどこまでも一緒に歩める……
今、なによりも最高に幸せなシチュエーションを迎えていた。

きっと誰の目にも疑われる事なく、ぼく達は恋人同士として映るだろう。

53 :夢5:2006/04/04(火) 19:08:36 ID:???
大役を任せられたものの然したる当てもないぼくは、
結局昴さんの手を握りあちこち連れ回していただけだった。
「なんかもう、ただ歩くだけのデートになっててすいません…。」
「まぁ、いいさ。あまり期待もしていなかったしね。」
「うぅ…ホントにすいません。」
「気にする事はないよ。今日はこうして、君と一緒に居られる事に意味があるのだから。」
そう言って昴さんが、繋いだ手と手を主張するように掲げて見せてくれて、
情けない気持ちも吹き飛ぶほど凄く嬉しかった。
「昴さん……!えへへっ。」
ずっとずっとこうしていたい…そう思うも、青く眩しかった空はすでに夕闇へと移り変わり、
男として最後の責任を果たす時を迫られていた。
「あの…、そろそろホテルまで送りますね。昴さんも歩きっぱなしでいい加減疲れたでしょ…?」
そう、責任をもって恋人を家まで送るのは当然の責務…のつもりで、口にしたのだけれども、
「いや、そんな事ないよ。
…そうだな、久々に君が入れたお茶が飲みたいんだけど 、どうかな?」
「えっ!?それって、えーと……、ぼくの部屋でって事…ですよね?」
「そうだけど?」
と、ぼくを見上げるその眼差しは凛としてとても無垢で、
昴さんの言葉を深読みしすぎた邪な自分があまりにも恥ずかしかった。
「わ、わかりました!!じっ、じゃあ、おいしいお茶入れますね!」
「…ふふっ、頼んだよ。それじゃ、行こうか。」
「は、は、はっ、はい!!」
繋いだままの手を通して、昴さんにこの心音が聞こえたりしないだろうか…。
恥ずかしい胸の内を覚られまいと、ぼくは別の意味でドキドキしながら、
ビレッジにある自分のアパートへと向かっていたのだった。

54 :名無しさん@ピンキー:2006/04/04(火) 19:09:42 ID:???
以上、前半でした。
エロまでの前置きが長くてスマヌ。

55 :名無しさん@ピンキー:2006/04/04(火) 19:18:31 ID:???
なにを言っているんだおまえは
顔よりも”おでこ”にぶっかけるのが礼儀だろうが

洗ってタオルで拭いただけで勝手に昴さんのようなみごとな横わけになって
すべすべおでこがエロカワイイボクですが
もしかして、前髪が少なくなってるだけなんですか?昴さん

昴さんエロ画ーとか昴さん猥褻文とか書きたいような気もするんですが
ここのヘンタイガーたちの嗜好がよくわかりませんね
性別 1男性 2女性 3両性具有者 4無性生殖生物
陰毛 アつるつる イちょびひげ ウもさもさ エアフロ オギャランドゥ
シチュ A和姦受 B和姦攻 C強姦受 D強姦攻 E輪姦 F獣姦 Gうんこ H妊娠 I出産
年齢 い20代前半 ろ20代後半 は30代前半 に30代後半 ほ40代 へ300歳以上

結論:アンケートはよそでやれ


56 :名無しさん@ピンキー:2006/04/04(火) 19:54:22 ID:???
>>48
こういう初心な二人もいいな。GJ。
続きをワクテクしながら待ってる。

>>55
煽りかも知れんがとりあえず。
基本は性別不明だが、エロはオニャノコで受けが良いな。雲子はちょっとキツイ。

57 :名無しさん@ピンキー:2006/04/04(火) 20:09:43 ID:???
普段なら煽りをネタに遊ぶところだが、今は>>48が嬉しいからシカトだな。
GJ! 続きを楽しみにしてるよ。こういう昴たんもイイ!


58 :名無しさん@ピンキー:2006/04/04(火) 20:33:17 ID:???
>>48
ここ最近、ヘンタイガーカーニバルだったから、チャーミータンや>>48タンみたいな甘いのが新鮮だった。GJ!

>>55
基本的に何でもアリだな。
職人さんの技術次第。

59 :名無しさん@ピンキー:2006/04/05(水) 00:08:11 ID:???
お!神がキテル――!
>48氏GJ!
ほんわかしてていいな ワンピースの昴さんが可愛い

今日花見に行ってきたよ。
咲き誇る桜の下で軍服の大河と咲き乱れる昴さんを想像してハァハァだったww


60 :チャーミー:2006/04/05(水) 02:25:26 ID:???
間おかずにチャーミーですだよ。

ちょっと仕事が忙しくなりそうなんで、できてるとこまで置いていきます…。
辛気くさい戦闘シーンだけなのに投下して去りますよ。
戦闘なんてつまらないだろうから、端折って端折ってなんで、ダイジェストでお送りですよ。
わかりにくかったらごめんなさい。貴方の想像力に期待します。

ジェミニばりの妄想力を持つ昴スレの皆はやればできるコだと信じてます。

それではまずはご注意。
相変わらず昴さんオトメ度スプラッシュハート。
弱体化しているので強い昴さんが好きな方はごめんなさい。
今回はエロはないです。
誤字脱字用法ミス等あったらすみません。笑ってください。

ラストは必ずハッピーエンドなので、どんなに辛気くさくても気楽に読んでください。

>48さん昴さん可愛いです!オトメな新次郎もいい!!
>59さん
髪に桜の花びらつけて、それを口で取ってもらう昴さんとかいいですよね。
新次郎に口で取ってもらったやつを口で取り返すとさらにいいと思う。


61 :それすらも愛おしき日々30:2006/04/05(水) 02:26:21 ID:???
「この身、この魂のすべてをかけて。あなたを、愛しているよ」


シュン、と。放熱ラジエータから水蒸気があがる。

朝から降り続いた雨はまだ止まず、霧のように視界を塞いだ。
悪念機、とはいったものの、普段とは少し違う敵を相手にすることになったようだ。
情報が足りなさすぎたのだ。

小虫のような悪意の念が大量に絡み合って発生したものらしく、およそ人形に近い形状をしてはいるが、
打撃は霧のように散開して躱されてしまう。
何度か試してみたが、霊力を直接ぶつける作戦が有効なようで、幾分数は減ったが、
旗機ともども、消耗するだけしか道がなかったのだ。
「しんじろ…ごめん、リカ、しっぱい…」
銃器が武器のリカは相性が悪すぎる。後方支援で囮役と回復役をしていたが、
長時間の戦闘に疲弊して、機体内で気絶したのだろう。サジータが移動させ、戦線を離脱した。
彼女だって消耗しきっている。
放出型の必殺技を持つジェミニは、別の敵グループと戦っている。
支援にはダイアナがついているが、彼女ももう…
「きゃあああッ!」
衝撃波のような攻撃を喰らい、サイレントスターが座礁。
最後の技を放って残り僅かな気力のジェミニがダイアナを助けて、戦線を離脱した。


昴の霊力は、未だ不安定で。それは君には隠している。
でも、機体が、うまく動かないんだ。こんな時に!


62 :それすらも愛おしき日々31:2006/04/05(水) 02:28:57 ID:???

「昴さん!行きます!」

「え…待て…ッ!」

自分と、連携なり必殺なりを出そうとしたのだろう。
タイミングを合わせ損なった機体は放出した気力分硬直し、その間に敵に纏りつかれている。
「え、うわ!!」
いつか聞いたような叫びが響く。
白い機体が黒く汚れていく。小虫が張りついているのだ。
脚部が特にひどい。
脚部、膝部、大腿。人型、二足歩行型の機体の決定的な弱点だ。
自分とて、最大戦速なら優先してそこを狙うし、そこに攻撃を食らわないように行動するだろう。
霊子甲鎧は身動きがとれなくなれば、重量のせいで鎧以下になるのだから。
「…ッく!動け!…動けッ!!」
通信機から響く焦りを含む声。戦況分析でなくばこのような声、聞きたくはないのに。
操縦桿を動かし続け、コンソールを叩く音。

動け。動け動け動け動け動け動け!!!

「があッ!」
ずしん、と音がして。
右手首関節が落ちた。意外にあっさりと。刀を握ったまま…

重心が変わったせいでよろめく、四肢の隅をどす黒く変色させた機体が磔になったようにもちあがる。


どうすれば、いい?どうすれば…
あの小虫をすべてなぎ払うには!


どうすれば…?なぎ、はらう…


そうだ。

光が差したような考えだった。


63 :それすらも愛おしき日々32:2006/04/05(水) 02:33:13 ID:???
昴の霊力を、可能な限り圧縮して、一気にぶつける。

可能性があるなら今。実行するべきだ。
スラスターをふかし、彼の機体の横につけと、左から割り込んだ
左腕にからみつく黒い念。
ずん!と重い衝撃に左腕を見やれば小虫の一団に自爆された衝撃で装甲内部が露になっていた。
続いて右脚に衝撃。バランス制御を最大にして踏ん張らせる。
装甲材の融ける火花と煙でしばらくは目くらましになるだろう…

聴覚は、機体の異常を示すけたたましい警告音と、金属の爆ぜる音。
視覚は、警告ランプの点滅と、視界の端で目を灼く、機体が発する火花の跡。
嗅覚は、足下に漏れだし、揮発する潤滑油の臭いや、装甲内部に満ちた、緩衝材が熱で融解する臭いでいっぱいになった。

ざりざりという音とともに通信が入る。
「昴さん!昴さんッ!」
よかった、彼は無事。

パキパキと、異物に浸食されて、機体が悲鳴をあげているらしい。
…すまないが、もう少し、付き合ってくれ…
「昴!もう…!」
ラチェットの悲鳴のような声。わかっている。
こんな状態でも、心は覚めきったように冷静で。
機体の状況を示すモニタはまだ、確認できている。
左腕第三装甲の三分の二が熔けた。
このままでは左腕が荷物になる…決意して、肘関節に右手の扇を当てた。
神経接続を切る余裕もなく、そのまま右手を振り下ろす。
「…く、ぁッ!」
バックラッシュに痺れ、痛む左腕。

スターはきっともう、うごかなくなる。

隊長機への通信スイッチを入れた。
音声だけでなく、カメラがまだ生きていたのは幸運だったか不幸だったか。

「…新次郎」

「愛してるよ…」

言葉に、乗せた。

打開策を探して、自分と同じように機体を動かし続けていた彼が、
はっ、と顔をあげた。


64 :それすらも愛おしき日々33:2006/04/05(水) 02:33:48 ID:???

笑ってみせたつもりだったが、そうではないらしい。


だって君は僕が笑うと、幸せそうに笑うから。


ああでも、僕だって。


君に同じことをされたら、笑う自信は、ないな…




「昴さ…」
乱れる通信を無視して、無言で脚を振り上げた。
脚部を蹴り抜いて、左脚の膝関節を砕く。
踏切にも使う軸足だ。この先防御以外の行動はできないだろう。
勢いにまかせて、機体をはじき飛ばした。近くの瓦礫に突っ込んでなかば俯せのようになった白い機体。
瓦礫と泥に汚れる旗機の様というのはあまり気持ちのいいものではないが、そのままでいればこれからしようとしている余波の直撃は防げるだろう。

―スターが、君を守るよ。

右手で操縦を一手に行い、左の手袋を口で引っ張って外す。
手のひらに力を集中させて、霊気の膜をつくった。
ここに、昴の全霊力を集中させてぶつければ、この悪意の塊を消滅させられるはずだ。
邪魔にならないように落ちかかる袖を口で引っ張って上げる。


呼吸が、止まるかと思った。


視界に現れた、緊張で病的に白くなった腕の内側に、ひとつ。昨日の夜の、赤い花弁。

こんな時にこみあげてくる愛しい思い。
不器用な口接け。気遣わし気な声。ちくり。と走る痛み。震える指先、熱い掌。
よかった。
昴はこの甘やかな痛みの感覚だけ、連れてゆける。
頬を寄せて、そっと口唇で擦った。


「…イッツ・ショウ・タイム」


前を見据えると、いつでも、行動に移れるように正面ハッチを開く準備。
でも、まだ、足りない。もっと圧縮しなくては…


65 :それすらも愛おしき日々34:2006/04/05(水) 02:34:51 ID:???



「…昴さんッ!」



どうして。どうして来た…

…機体の膝を砕いたのは失敗だったのだ。
そうだ、彼がどんな状況であろうと這ってでも戦うと言ったのは昴ではないか。

戦闘中に機体から出るな、と初陣の折に一度怒ったのに、何故降りた
その手の刀ごときで倒せる相手ではないことくらい、わかるだろうに。

こうなっても心の底では嬉しいと悲鳴すらあげる自分を自覚しつつ、集束していく霊力を漏らさないように制御する。
目の上を切ったのか。煩わしげに血を払うところを、小虫の一団が襲い、肩口を抑えてしゃがみ込む。

ああ、僕たちは、機体の耐久値を回復することはできても、その身についた傷を癒すことはできないんだ!
だから…!

「新次郎…ッ!」


拡散した霊波。しろい光は記録用のカメラすら灼いた。


66 :チャーミー:2006/04/05(水) 02:37:50 ID:???
中途半端ですが戦闘パートはここまでなんですよ。
頭悪いので色々間違ってそうで心配です。
不審に思った出来事は魔法の呪文、「サクラ大戦(あかほりでも可)」を唱えてください。
星組痛い目にあわせてごめんね。ごめんね…


67 :名無しさん@ピンキー:2006/04/05(水) 02:57:15 ID:???
チャーミーさん!乙!緊迫した戦闘シーン 頭にきちんと浮かびました
GJ!幸せなラスト期待して待ってます


そして貴方の桜話にモエタ
口渡し好きだね貴方www

68 :チャーミー:2006/04/05(水) 03:16:12 ID:???
くちうつしだいすき。
基本的に手は繋いでるのがデフォなんで自由になるのが口だけなんだよきっと。
昴さんは花びら口で取ってもらって、届かないのに手伸ばして「もぅバカバカ!!」とかやるのは違う気がしたんでw
もう、新次郎が銜えてどうしよう、と思ってるとこをくいくい、っと指で頭さげさせてちゅーっと取るといいよ。
即レスか…!チャーミー

69 :名無しさん@ピンキー:2006/04/05(水) 18:04:02 ID:???
チャーミーさんGJ!
乙女な昴たんもイイ…

ちょっ…口移しの話も気になるww


70 :名無しさん@ピンキー:2006/04/05(水) 19:41:03 ID:Sx7459mt
・まずは、その圧倒的な描写力と昴たんの可愛らしさを武器に『チャーミー』の二つ名をゲット。

投下途中にデータのありかを見失う天然じらしプレーという強烈攻撃で、スレ住人を調教。

新スレ投下一番乗りを果たし、その名を不動のものに。

そして今、口移しプレーにて住人を萌え殺す。
……………………
お、恐るべきはチャーミーたん! 彼の伝説はどこまで進化するのか! 彼は僕達をどこまでワクテカさせようというのか!
相も変わらずGJですよ! 君の投下をこれからも待ってます!


71 :名無しさん@ピンキー:2006/04/05(水) 19:42:40 ID:???
ごめん! sage忘れた

72 :花見で萌えてた人:2006/04/05(水) 20:08:20 ID:???
「ん、ぁ……はっ」
僕の上で、浮き出る白い肌がちらりちらりと映る。
はだけた胸元。着物の裾から剥き出しになって、僕に絡みつく足。
「昴さん……」
その人の名を呼ぶと、うっとりした表情で僕を見つめる。
二人の間に淡い桃色の花弁達が、ふわりと舞って落ちる。
「ふ……ふふっ。どうだい?新次郎…きもちい……?」
「は…はい…すごく…でも、緊張…して…」
「そうだね……こんなところで……ふふっ」
昴さんが脚をもぞもぞと動かす度に、ざりっと土を踏む音が聞こえる。
そしてカコン。と下駄のなる音。
僕達を淡く移す桃色の花と、それを照らす暖かい、ライトの光。
春の催しとして作られた、特設ステージに植えられている桜の木の下。
表側には人の賑わう声。なにをしゃべっているのかはわからないけど。
太めのロープとまわりの木々に仕切られて、侵入を阻まれているステージの裏側は、まるで桜を境に、別世界のように薄暗くて、誰もいない。
そこにこっそり侵入して、僕達は今こうしている。
大きな幹が、表側から降り注ぐライトを遮って、洩れる光が逆光のようになって、桜の花弁と僕らを映し出すこちらの世界は、とても幻想的だ。
「なんだか…ここだけ僕達の場所って感じがしますね」
繋がったまま、熱に浮かされながら昴さんに声を掛ける。
「ふふっ……そうだね…不思議な気分だ…」
と笑う昴さんも、まるで蕩け切った表情をしていて。その表情が、今僕達の状況を示していて。
余計体が熱くなった。
「ぁっ……!」
花見のためにとわざわざ誂えてくれたらしい着物を乱した昴さんが、僕の膝上で小さく跳ねる。
「ぁ、ごめん、なさい、大丈夫ですか…?」
「ぅん……平気……。ふふっ、なんだか、とても、いい気分だ……」
「僕も……です。えへへ…」
汗ばむ肌が、ふわりと重なる。
外にはまだ、桜を堪能している人達のざわめき。
風に吹かれてひらひらと僕達を襲う、桃色の花弁達。
それに身を隠すようにして、僕達は、二人だけの特別な空間でひっそりとキスを交わした。




(桜話に萌えてこんな事やってたらいいなと妄想が止まらなくて思わず即興で書いてみた。
チャーミーさん直後、唐突、単発でスマン。まぁ 小ネタとして流してくれww)

73 :名無しさん@ピンキー:2006/04/05(水) 21:05:14 ID:???
>72
小ネタ神GJ! 最高にエロいっス!


74 :名無しさん@ピンキー:2006/04/05(水) 22:30:03 ID:HoZAZngU
38歳独身なんですがやっと彼女ができました
ここは本当に女性がいるので本気で結婚を考え
てる人にはおすすめです  http://krs133330.web.fc2.com/



75 :名無しさん@ピンキー:2006/04/06(木) 00:29:13 ID:???
プリティでピュアな昴さんがいるスレはここですか?
春のように爽やかでイイヨイイヨ-(・∀・)

76 :名無しさん@ピンキー:2006/04/06(木) 00:33:44 ID:???
プリティでピュアピュア! 昴はプリピュア!

77 :名無しさん@ピンキー:2006/04/06(木) 01:17:12 ID:???
ちょっと待ってくれ。

キュアパープルか!
それ、最高だよ!

78 :名無しさん@ピンキー:2006/04/06(木) 01:23:15 ID:???
「昴はつるぺた」

do your bust! my bust!
つるぺただから スク水なんて メじゃない

ナースにブルマに メイド服でしょ
エプロンなんて モエスぅ〜☆

小さな胸 揉ませて思いっきり

もっと(*´Д`)ハァハァ

つるぺた(゚∀゚)ノ つるぺた(゚∀゚)ノ
つるぺた(゚∀゚)ノ つるぺた(゚∀゚)ノ
つるつるで ぺたぺた
昴は つるぺた〜!ヽ(゚∀゚)ノ

つるぺた つるぺた(゚∀゚)ノ


夜中に何やってんだ俺…

79 :名無しさん@ピンキー:2006/04/06(木) 01:28:36 ID:???
ちょwwwwwワロスwwwwwww


80 :名無しさん@ピンキー:2006/04/06(木) 08:34:32 ID:???
朝一番に元気の素をもらってしまった。いい歌だ…


81 :名無しさん@ピンキー:2006/04/06(木) 18:30:13 ID:???
ちくしょう元歌しらねぇ・・・

82 :78:2006/04/06(木) 19:25:36 ID:???
どうでもいい事だが、タイトルミスったんで訂正させてくれ
ホントは「DANZEN!昴はつるぺた」
(「DANZEN!ふたりはプリキュア」より)

83 :名無しさん@ピンキー:2006/04/06(木) 19:53:55 ID:???
こういうとこに来る奴で、プリキュア知らない奴がいるってことに、軽く衝撃を受けたw

84 :名無しさん@ピンキー:2006/04/06(木) 22:18:48 ID:???
昴たんには、プリキュアよりセーラー戦士のコスが似合うと思うのは俺だけか?

85 :名無しさん@ピンキー:2006/04/06(木) 22:45:33 ID:???
昴たん=魔法少女と言えば
まじかるカナn(ry

86 :名無しさん@ピンキー:2006/04/06(木) 23:26:30 ID:???
魔法少女の昴たん。で、その呪文はどんなのだ?

87 :名無しさん@ピンキー:2006/04/06(木) 23:37:42 ID:???
臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前
臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前
臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前     ・・・喝ッ!!

88 :名無しさん@ピンキー:2006/04/06(木) 23:42:13 ID:???
>87
それどこの山伏?

89 :名無しさん@ピンキー:2006/04/07(金) 01:04:36 ID:???
そうだ!昴たんと杏里で新しいプリキュアを放送すれば視聴率MAXだろうな!

90 :名無しさん@ピンキー:2006/04/07(金) 11:51:50 ID:???
ふたりはつるぺた

91 :名無しさん@ピンキー:2006/04/07(金) 13:34:59 ID:???
杏「にゃぅうん。ひどいです。昴さんは確かにつるぺたですけど。あたしは少しくらいあるんだからぁ!」
昴「おい待て。」
新「つるつるで!(゚∀゚)/ぺたぺた!(゚∀゚)/」
サニ「二人はつるぺたーー!!ヽ(゚∀゚)/ってね」
杏「ぁ…チョコミント…」
新&サニ「orz」
昴「昴は呆れる。君らは胸がほしいのか…?と。」
杏「にゃうん!なんだか、本格的ですね!ならあたしも『サニーサイド様の為に』色々協力しますよ」
ダイ「医学的アプローチなら任せてくださいね」
昴「おい待て。」

92 :名無しさん@ピンキー:2006/04/07(金) 13:37:18 ID:???
オマエラのテンション高すぎwwww

93 :名無しさん@ピンキー:2006/04/07(金) 15:44:57 ID:???
>91
決して胸がほしいわけじゃないんだよな

94 :名無しさん@ピンキー:2006/04/07(金) 16:20:30 ID:???
杏里何を協力するんだw

95 :名無しさん@ピンキー:2006/04/07(金) 16:28:35 ID:???
ふたなりつるぺた

…ちょっと言ってみたかった

96 :名無しさん@ピンキー:2006/04/07(金) 17:55:33 ID:???
まあ
ふたなりプリキュアなんてざらだし

97 :名無しさん@ピンキー:2006/04/07(金) 18:08:16 ID:???
なんで杏里なのかと思ったら中の人が黒いほうか
昴さんはキュアパープルでお願いします

98 :名無しさん@ピンキー:2006/04/07(金) 18:57:59 ID:???
無表情で「ほえ〜」とか「はにゃ〜ん」とか言うカードキャプターすばるもアリ?
ダイアナさんはビデオ回すよw

99 :名無しさん@ピンキー:2006/04/07(金) 19:10:22 ID:???
>98
それは狙いすぎでなんだかなぁ・・・
性格はのこしてほすぃ

100 :名無しさん@ピンキー:2006/04/07(金) 19:32:44 ID:???
ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜で撲殺天使すばるちゃん

283 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)