5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サクラ大戦Xの九条昴萌えスレY

604 :名無しさん@ピンキー:2006/05/14(日) 19:03:49 ID:???
カーネーションプレイではないけど、即興で書いてみた。

新次郎と昴、二人並んで活動写真を鑑賞中に、新次郎がふとつぶやいた。
「そういえば、今日は母の日なんですね…」
遠くの地の母へと想いを馳せる新次郎。
「ふふ、恋しくなったのかい?」
からかうように微笑みかける昴。
「そっ、そんなんじゃ…。でも、その…あの、
もし良かったら膝枕してもらってもいいですか?
小さい頃、夏の暑い日によく縁側で、そうやって昼寝をしてたんです」
「しょうがないな…」
「えへへっ」
昴の白くやわらかな太腿へそっと頭を乗せる新次郎。
子供にかえったような新次郎の頭を優しく撫でる昴。
「やっぱり、昴さんってお母さんみたいな感じがする…」
「ふふ、ありがとう」
瞼を閉じ、慈しむように撫で続ける昴。
しばらくすると、太腿がもぞもぞと…
「どうした?新次郎」
「…前言撤回、やっぱり昴さんはお母さんじゃないです」
「は?…ちょっ…!」
男としての欲望に逆らえず、昴の太腿に吸い付く新次郎。
「ば、バカ!こら!…あっ、んんん…!!」
「だって、昴さんの太腿がすべすべで、気持ちよくて、いい匂いだし、我慢できなくて…!」
とか言い訳しつつ、昴のズボンに手をかけ、下着もろとも下ろし、
露になったつるつるの恥丘へと舐めまわすように吸い付く。
「やっ…!あっ、あっ、んんっ…はぁ…ぁあ…ん!」
母性よりも性交に喰らいついた新次郎に憤りを感じるも、
与えられる快楽を拒めず、ずるずるとエッチしちゃう昴さんでしたとさ!

283 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)