5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サクラ大戦Xの九条昴萌えスレZ

210 :お風呂続き:2006/06/08(木) 02:16:47 ID:???
いつもの昴さんとまるで違う

昴さんは肌を見せることを嫌うので
僕たちは寝室では明かりを消していつもしている

暗闇の中でも昴さんのきめ細かい肌は
白くしっとりしていて綺麗なのに
バスルームのほのかな明かりの下で
風呂上りの体は、ダイアナさんの催淫剤のせいだろうか
妙に艶かしく僕の眼に痛い

まずは問題のバスタブのお湯を身体から洗い落とすため
昴さんにバスタブから出てきてもらうことにした
緩やかな傾斜の体つきだが 最近少しずつ胸の膨らみが出てきた身体を
昴さんは申し訳程度に恥ずかしそうに腕で隠している
薬のせいで昴さんの意識は散漫になっているようだ
隠しているつもりの胸は腕のスキマからちらつき
いじらしい恥じらいの表情も昴さんを襲っている快感のせいか
無意識に男を誘っているようないやらしさを帯びている

「し、新次郎…僕は、あ…まり見られるのは…」
「わかってます。ほら昴さん、後ろを向いて…」

肩甲骨の少し下にある痣がいつもより赤みを帯びている
昴さんが興奮している証だ

「とにかく、シャワーでお湯を洗い流しますよ」
「んっ、っ……!!」

勢い良く流れ出るシャワーで昴さんの背中を撫でるように洗い流す
肩、背中、尾てい骨…じっとりと舐めるように
見ると昴さんは微かに震えながらこの刺激に耐えている
シャワーの水圧でも感じているのだ

「し、んじろ…っ さッさ…とッ んんっ な、なが…せ…はあっ」
矜持の高い昴さんは 感じているのを隠そうと必死で耐えてる
僕は気づかないふりをして
「でも、どれくらいでその薬が落ちるかわからないでしょ?
きちんと洗い流さなきゃ駄目ですよ。もう少し水流を強くして…」
「…!! んはあっ!! そ、そこは だめえっ!しん…じろうっ!!」

少し強めに出されたシャワーは微妙な角度から昴さんの濡れた股間を責める
昴さんの生えていない、陶磁のようなお尻のしたで跳ねてる液体は
水なのか、昴さんなのか
「そんなこと言っても、こんなに濡れてたら昴さん、買い出しに行けないじゃないですか
 いいんですか?このまま出かけても。
 昴さん、とってもはしたない事になりますよ?」
あくまでこの状況でも、日常的な態度は崩さない。昴さんの陥落を許さない
あの時、間違ってダイアナさんの入浴剤で興奮してしまったとき
素直に僕を呼べばよかったんだ。僕にすがればよかったんだ
それを許さない、昴さんのプライド…それが崩れるとき、昴さんが只の雌になる時…
昴さんの本当の部分を 見たい 

261 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)