5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サクラ大戦Xの九条昴萌えスレZ

1 :名無しさん@ピンキー:2006/05/26(金) 21:24:14 ID:2FS342G5
昴のエロ萌え話はこちらでどうぞ。

ギャルゲ板
http://game9.2ch.net/gal/
※ギャルゲ板の萌えスレにここのURLを貼らないこと
(2chルールで一般スレにピンク鯖へのリンクを張ることは禁止されてます)

関連スレ
エロパロ・サクラ大戦のエロ小説・その4
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1127142419/
虹・サクラ大戦          落ちるまでの日数→
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/ascii2d/1107559126/

前スレ
サクラ大戦Xの九条昴萌えスレY
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1143738044/l50

サクラ大戦Xの九条昴萌えスレX
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1133148749/
サクラ大戦Xの九条昴萌えスレ4
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1127050097/
サクラ大戦Xの九条昴萌えスレ3
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1124521485/
サクラ大戦Vの九条昴萌えスレ2
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1122972348/
サクラ大戦Vの九条昴たん萌えスレ
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1121784753/



256 :名無しさん@ピンキー:2006/06/11(日) 21:15:09 ID:???
>>255
ん?そしてそれを新次郎に使うのか
悪い子だな昴タンww

257 :名無しさん@ピンキー:2006/06/11(日) 21:23:34 ID:???
まあ血がつながった妹など我々はみとめませんが。

258 :名無しさん@ピンキー:2006/06/11(日) 21:32:31 ID:???
自分で使うんだよ!きっと!!

259 :名無しさん@ピンキー:2006/06/11(日) 21:37:32 ID:???
一番太いヤツなんて昴たん壊れるだろ可哀想だろ
昴たんには大河くらいのが丁度いいよ

260 :名無しさん@ピンキー:2006/06/11(日) 21:40:47 ID:???
つサニーサイド

261 :名無しさん@ピンキー:2006/06/11(日) 21:51:49 ID:???
サニーサイドか
でかいだろうなww
初めは痛がるだろうな昴タン

サニーをすんなり受け入れれるのってサジータとかかな
サニー×サジータってのもちょっと見たい
ってスレ違いかw

262 :お風呂3-A:2006/06/11(日) 22:27:31 ID:???
>>210 の続き 

「じゃあ、下は昴さん 自分で洗ってください」

「し、しんじろう…!!」
壁に手をつき、背後からのシャワーの刺激に耐えている昴さんに
僕はまた新しい屈辱を与える

「昴さん…僕は貴方がつらそうに見えるから、こうして洗っているんです
でも、昴さんのそのぬるぬるした下を僕が洗うとますます昴さん、感じちゃうんじゃないんですか?
僕は昴さんの嫌がることはしたくないんですよ。
ほら、昴さんの体だって極力見ないよう気をつけているでしょ?」

そういって僕は昴さんの前がわにシャワーを向け、胸を重点的に責める
「はあんっ!!し、しんじろう!!なに…をんっ… す るんだぁぁっ…あぁん!」
「ああ、ゴメンなさい。僕この位置から昴さんの体良く見えなくて
 前側も洗った方がいいかな、と思ってしたんですけど
 もしかして昴さん…今ので感じちゃったんですか?
 …まさかね、昴さんはそんな
 シャワーの刺激で感じちゃうようないやらしい人じゃありませんもんね!」
「たっ、大河っ!!僕に…むかって なんて侮辱を…ん はぁぁぁあっ!!」
怒った昴さんをいなすため、背中の痣を重点的に責める

「昴さん、ホラいいですから早く自分で洗ってください。
 それとも、僕を誘うためにそんなにぐちょぐちょにしてるんですか?」
「なっ…!!い、いいっ! 僕がじぶんっ! んんっ…んで、あ、あらうっ!!」
安い挑発に乗ってた昴さんは おずおずと自らの股間に手をあてる

263 :お風呂3-B:2006/06/11(日) 22:28:06 ID:???

…信じられない光景だ。
昴さんが僕の前で素肌をさらして自慰をしている
最初は入り口あたりに溢れる己の欲望を丁寧に落とすよう指が動いていた
でも次第に昴さんはその途中で図らずも触れてしまった芽からの快感に取り込まれ
洗うはずで当てられた指は止まらなくなり 自らの行為でもたらされた粘液にまみれ
微かに響く卑猥な音の中に 昴さんの嬌声も混じり
視覚、聴覚、嗅覚…全ての感覚を通して昴さんがそこに…
いやらしい昴さんが…

僕は我慢しきれなくなり、昴さんの腰をつかんで そのまま後ろから
力の限り自分をぶつけーーーーーーーーーー
ようとしたが、奥歯を強く噛み 耐えた
興奮を堪え、震える指で自分を慰めることに夢中な昴さんの腕をつかみ
無理やり引き離す
「だ…めですよ昴…さん!!なに…してるんですか」
僕に自慰を止められ、驚きつつも己の所業に顔を赤らめた
昴さんの目から つ、と涙がすべり落ちる
「しんじろっ!!も、もう体が火照っておかしくなりそうなんだ…お…願いだっ」
興奮しきった昴さんが僕にしなだれかかってきて腕の中で小刻みに震える
熟れた上目づかいで僕の求めている言葉を待っていた言葉を搾り出すように吐く

「して…くれ…」

思わず、そのまま昴さんの吸い付きそうな肌を肩をつかんで抱きしめたくなるが
宙をさまよう指は彼女に触れることなく引きつる顔は告げる
「昴さん…昴さんがそんな事自分から言うなんて…
 本当に、つらいんですね。僕も…僕もできればしてあげたいんです。でも…」
僕は、もてる全ての理性を持ってこの悪魔の甘い囁きをかき消す。

「でも僕。今日はそんな気になれないんですよ」

いつもの僕と違う調子に唖然としている昴さんは僕の股間を驚きの眼差しで見る
そう、僕はぎりぎりのところで勃ち上がっていなかったのだ
ずっと、ずっと本当に本当に本当に本ーーーー当に僕は頑張っていたのだ
バスルームで昴さんのあられのない姿を見たときから
王さんの女体盛り…マッチョなサニーさん…
ビキニ姿のドッチモさんとブライアンさんのビーチバレー…
我慢していたのは昴さんだけじゃなかったんだ

現実と思考のギャップに苦しみ続けたのも全て、全てこの時のため…
バスルームの湿気と昴さんへのシャワーの飛沫でびしょ濡れになった服のまま
僕はバスタブに浅く腰掛け心なしかプライドを傷つけられ落ち込んでいる風な昴さんに向かって
言う

「昴さんがその気にさせてくれるなら
 話は別、なんですけどね」
今の僕の瞳はどんな色をしているんだろう。きっととてもサディスティックな光を帯びているのだろう
昴さんが誘惑に負け僕の前にひざまづこうとしている
僕の僕の前へ顔を近づけーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                     <続く>

264 :名無しさん@ピンキー:2006/06/11(日) 22:28:56 ID:???
大きさよりも、硬さと回数です!
モギリ(19)


265 :お風呂3-B:2006/06/11(日) 22:35:10 ID:???
「若いねwでも若さでカバーできない部分はあるんだよ
 例えば技術」
(踊る☆経営者・34歳)

266 :名無しさん@ピンキー:2006/06/11(日) 22:44:23 ID:???
お風呂の続き来たー!!
>>262
GJ!
>王さんの女体盛り…マッチョなサニーさん…
>ビキニ姿のドッチモさんとブライアンさんのビーチバレー…
新次郎何妄想してんだよww
王さんの女体盛りってww

昴たんが誘惑に負ける次回楽しみにしてるよ。

267 :名無しさん@ピンキー:2006/06/11(日) 22:53:48 ID:???
風呂続き待ってたー!!GJ!!
ちょwwww軽く鬼畜系なのかと思ったら我慢妄想新次郎ワロスwwww
ぶったぎり方も初めてとは思えないテクニックぶり
続き超期待!俺も楽しみにしてる! 

268 :名無しさん@ピンキー:2006/06/11(日) 23:50:50 ID:???
風呂続きGJ!!!
うほっ!イカス!
続き超楽しみだ。

269 :名無しさん@ピンキー:2006/06/12(月) 02:36:13 ID:???
なんだその我慢妄想。うっかり想像しちまったじゃねーかwそりゃ勃つもんも勃たねーよな。
続き楽しみにしてる!GJ!

270 :名無しさん@ピンキー:2006/06/12(月) 03:41:05 ID:???
こうして我慢というものを覚え、大人の階段を一つ登る新次郎であった。

271 :名無しさん@ピンキー:2006/06/12(月) 03:52:00 ID:???
えっと……勇気を出して、近親相姦ネタをこっそり投下します。

注意点 近親相姦、突っ込みのある所はヒント「俺設定」

最初から色々ぶっ飛んでると思う。
ちょっとしたパロディと思って楽しんでくれるといいのだけど、
内容が内容なので、嫌な人は徹底スルーか、NGにお願いします。












272 :近親相姦ネタ:2006/06/12(月) 03:57:43 ID:???
スマン なんで行数一杯使ってんだorz
気を取り直して↓


「嫌!近寄らへんで!」
そういわれた直後、少女は畳に放られる。
(いきなりな拒絶だな……)
畳目に擦れた、か細い腕を小さな掌で撫でながら、彼女は少女らしからぬ言葉で心を語り、
その拒絶に驚きながら、だが然し、その胸中を僅かに踊らせていた。
無理もない。漸く吐き気のする情事から、解放される時が動きだしたのだ。
一糸も乱さぬ儘、少女を見つめる艶な女が一人。
「汚らわしい……』と呻く。
少女は思う。
よく言える。散々人を玩具の様に扱って今更。
汚らわしいのはどちらの方だ……と。
初めてその異常性を感じ取ったのは何時の時であったのか――。


小さい頃、少女は「娘」で在った。
六つの星を無限の暗闇の中で高貴に煌めかせ、地上に光り届かぬ幾千の星をもその空に抱く様に、
あらゆる物事へ、秀才なる光を静かに放ち、全てを統べる程の力が、この子の小さな身体に宿せます様に。
そうしてこの西の都で高貴なる公家の一族に生を享けた娘。
名付けられた名は「昴」と言う。
幼き頃は、西陣織りの艶やかで可愛らしい着物を纏い、父と母の手を取り歩き、歌えば「お上手」、踊れば「可愛らし」と言われるごくごく普通の「娘」であった。
彼女が違和感と言うものを初めて覚えたときは、五歳の時であろうか。
七五三の頃、母は業者から誂えたスーツを彼女に着せた。
「母様、5歳は男の子の番だよ」と素直な気持ちで訴えた少女は、
「そういう言葉遣いは、ようあらしまへん」
と、流暢な京言葉でやんわりと叱られてしまった。
言葉遣いで怒られたのは初めてではないのであるが。
少女はその言葉の、何が、どういけないのか。その頃は全く解せぬ事であった。
それを藤椅子に腰を据えながら見ていた男が、煙管片手に笑う。
「母様は昴の色んな姿が見たいのだろう。」
男は東京の者。今思えば、婿養子であったのだろう。
「だから昴の色んな姿を母様に見せてあげると良い。」とその男に促され、
少女はそういうものかと、純粋に受けてスーツの袖を通してもらっていた。
その男――父と言う立場の男が、家にいる事が少なくなったのは、それから数カ月後くらいであった。

273 :近親相姦ネタ:2006/06/12(月) 03:59:16 ID:???
屋敷の外に通りすがり、はたまた井戸端会議等にぽつりぽつりと集まる、
何処のとも言えぬ婦人達が、屋敷内を窺いながら、
「あの方には御妾はんができたそう」とひっそりと言えば、
「お気の毒。」と、さも切実さを欠いた声色で、返すのを、少女は幾度聞いたであろうか。
その頃の昴は、「御妾はん」の意味が分かる歳ではなかったが。
(父や母の事を悪く言うな。)
と時折、婦人達を睨み付けながら、胸の内で必死に庇っていたものだ。
父があまり家に帰らなくなると、母は少女に厳しくなった。
京言葉、女言葉を話せばピシリと鉄扇で手を叩き、
「習った通りに話しやす」
と言い放ち、少女が綺麗な反物に、僅かにでも目を止めれば、
「そんなんよりもこちらのを」
と洋物の背広などを着せられた。
だがその母は、少女をとてもとても大事にしていた。
どこへ行くにも少女を連れて歩き、髪一本の乱れに至る身だしなみから、将来必要であろう教養に至って迄。
本当に何から何まで、喜んで面倒を見ていた。
そんな厳しくも優しい母が昴は好きであった。
然してそれは至極当然の事。
幼き子供が、その深い母の愛情を、異常だ等と、訝しむ理由がどこにあったであろうか。
皆と違うらしい。そう感じたのはそれから更に歳を重ねた頃。
昴はここ数年、否、物覚えついた頃から一人で家の外に出た事は無い。
外出と言えば、母に手を取られ、只退屈なだけの挨拶周りや、ご接待にと母が誘われる、畏まった食事会くらいだった。遠く離れた学び舎も、少女に与えられる事はない。家にいれば、学問、舞踏、護身術。あらゆる分野の教師が日替わりで屋敷に現れる。
広い屋敷を囲む垣根の外から、ワイワイと騒ぎ立ててはしゃぐ幼子達の声を聞き、
(何故僕は彼処には行けないのだろう)
と思うのは幼い昴にとって当然の考え事である。
そして母の教育の賜物と言う処か。少女が少女らしい言葉を放つ事は、疾うになくなっていた。
西陣織りの艶やかな着物はどこへやってしまったであろうか。
母が与えてくれる儘の服を身に付けていれば、酷な時に何も知らぬ者達は、
少女を少年として存在させる事さえあるのだ。
あるとき、婉曲ながら抗議した昴に、母は何と言ったか。
「昴はんは由緒正しき公家の一族やさかいに。学ぶものが違いますんえ。」
成程。僕は世間一般の者達より違う事をするのは当然なのか。と昴が皆と違う訳に素直に頷いたのは言うまでも無い。
公家の一族としての自覚を感じ、全ての学術等に精を出し始めて、それなりの楽しさを見い出していた頃。
それに気付かなければ、昴と言う名の少女は、未だ純粋だったのかもしれない。
いや、気付いたからこそ、少女は、この異常な籠から、抜け出せたのであろう。
何時から、其れをされていたのか。昴には到底予測等出来る筈が無かった。
然しそんな事、今の昴はもう考えはしまい。


274 :近親相姦ネタ:2006/06/12(月) 04:05:22 ID:???
朧月が照らす灰色の空を、花の香を含めし風がそっと肌を撫ぜる頃、広い屋敷は静寂そのものを闇夜に醸し出していた。
その日。真夜中にふと微睡みの中へ戻されると、彼女の気配を感じた。
明かりを消した寝室は、月明かりさえ襖で遮られ、只暗がりが広がるだけで、
瞳が慣れるまでは周りの輪郭を捉えるのも困難であるが、自分の上に覆い被さってくる影が母であると、昴が即座に察知するのは可能だった。
母に対する警戒心等は未だ微睡みの中では皆無。
只親が子の顔を見に来ただけ。そう思ったのであろう。
昴は薄く開いた瞼を閉じて、再び夢の中へ入るつもりであった。
母がサラサラと流れる漆黒の絹糸の如き髪を、指で撫でるのは、やはり幾つになっても心地が良い。
「昴はん……」と優しく呼ばれる名は、母の独り言だと、直ぐに感じた故に昴は返事もせずに只瞳を閉じていた。
おかしいと思ったのは、次からだった。
髪を撫でていた指が、ゆっくりと昴の首を滑ると、鎖骨をなぞり、寝巻きにと身に付けていた浴衣の襟口を僅かながらに開いていく。
「ぅっ……ん」
こそばゆくなって身を捩らせるのは、いつもの事なのだろう。
かまわず女は、少女の唇に己の唇を宛てがった。
柔らかい肉厚の圧力に、思わず眉を顰めても、暗闇の中で女がそれを見る事は無い。
恐怖であるか。それに対する好奇心か。女の唇が無遠慮に少女をついてゆく行為に、昴は只瞼を閉じて耐え忍ぶ他は無かった。
しっとりと湿る柔らかい感触に、為すが儘身を任せる。女の唇がその白く柔らかい頬をついた後に、細く折れそうな頸の薄肉をかふりと銜えれば、昴はその刺激に首を軽く跳ねさせた。
いつになったら終わるだろうか。出来る事ならば、何も知らぬ内に立ち去って欲しい。
そうであれば少女も何も知らない振りをしてやり過ごす事が出来るであろうに。
なのに女は徐に少女の細い手首を掴んで持ち上げ始めた。訝しげにその感触を感じれば、小さな掌が少女に、陶器の滑らかさを伝えた。
小さな掌は女の手にすっぽりと重ねられ、共に滑り下れば、かつりと更なる硬度を保つ陶器に当たり、
更に下りて布擦れの音を聞きながらふわりと柔らかい羽毛を感じると、昴はさすがに寝たふりを続けられなかった。
「母……様……?」
喧噪の中では消え入ってしまうであろう声で呼び掛け、恐る恐ると薄目にそれを見ると、
母が自分の手を女の身体に宛てがっているのを辛うじて認識した。
陶器と思うたは骨、羽毛と思うたは母のふくよかな乳房であった。
「昴はん……」
下劣な行為を純朴な少女に見つかった筈である女が驚いたのはほんの一瞬。
次には何の躊躇も無く、悪怯れた態度も何処へやら
「なんや。起きてはったんどすか」
と、昴に、にやりと厭らしい女を秘め置く、柔らかい母の笑みを零した。
その薄暗闇に儚と浮かぶ微笑みに、安堵するばかりか得体の知れない焦燥感が走る。
声を掛けたなら、もしや、彼女は手を引き、無言であれ、詫びるであれ、この場を立ち去るであろう。
そんな希望等少女の夢の中でしか起きはしないのだ。
女は既に開き直って毎夜行為に及んでいたのだから。


275 :近親相姦ネタ:2006/06/12(月) 04:07:25 ID:???
この恐怖心は一体なんであろうか。只そんな事を頭に巡らせる。
掴まれた掌は、無抵抗に女の掌へ捕われた儘だった。
訝し気な瞳は、もう暗闇に隠れはしないだろう。女はその瞳を宥めようと
「恐い事なんてあらしまへんから、」と微笑んで、純白の色を反射させる掌を、己の着物の中へと滑らせて行く。
きめ細かな女の肌。掌を伝う温もりは、既に知っているはずなのに、今はとても恐ろしいものに感じた。
女は昴の隣に寄り添う様にして寝転がり、昴の掌に身体の輪郭を覚えさせようと、導き続ける。僅かに震える女の吐息を感じて、女の方へ向き直れば、乱れた着物に華やかに揺れる肢体を、昴は目の当たりにした。
幼い頃からよく知る身体。大きく、母性愛に包まれていた筈の身体。ついこの間まで、それに安心感を見い出していた筈なのに、今は、どす黒く流れる不穏な影だけけが、闇夜に浮かんで暗雲の様に昴に絡み付くだけであった。
そんな恐怖心に、委ねる儘、女は自分の秘めたる場所に昴を導く。女のそこは、既にぬめっていて、水とも思えぬ初めての感触に、昴は思わず手を引いた。
「か……ぁ……さま」
まだ幼いとはいえ、そこがどこか分からぬ程、昴は鈍くはない。自分の脚間にもあるその場所が、清らかとも、汚らわしいとも考えた事は無かったが、さすがにこの行為は何なのだろうと、昴は女に助けを求める様に瞳を投げた。
女はただ微笑みながら、寝転がったままだった。
なのに何も分からずに力の抜けた掌は、その人の手のよって既に女の中へと潜り行く。得体の知れぬ居心地の悪さに、母の小さな呼び声だけが、昴の心を慰めていた。
こんな末恐ろしい事を仕向けながら、母がなぞる「昴」の名は、暫し母性愛に満ちた母の声でもあった。恐怖と混乱の中、時折得られる母からの安心感に、昴の理性と言うものは、一体どう形成され行く事になってしまったのだろう。
ふと女の中心へと潜った指が何かの拍子で動くと、
「あ」と、女の喉から、高く瞬発的な声が洩れた。
様々な感情に埋もれる最中、その声だけが昴の意識を集中させた。
聞いた事も無い声。
何故、母は鳴いたのか。もう一度、母の中で指を蠢かせた。
「ぁあ…」
また、鳴いた。
黒く染まる幼心に、興味と言うには、残酷でしかない、救いの光が灯った。
寝転がったままの身体を起こし、母の脚間に座り込む。
期待したのか驚いたのか、僅かに身体を起こした女は、少女に因って、また布団へと沈んだ。
ぬめる液体が、蜘蛛の銀糸の様に少女の指に絡み付いていた。
その箇所から遠慮がちな水音が響くと、彼女はそれに誘われた様に、中を弄り始めた。
指を蠢かせれば、母が鳴く。「噫、噫」と鳴く。
高い声。聞いた事も無い声。まるで楽器みたいだと、少女はひたすら母の泥濘を弄っていた。
果たしてその時少女は、楽しんでいたのか。厭がっていたのか。
弄る度に跳ねる白魚の如き肢体を映している、純真であったその瞳に光は宿っていたか。
『楽器のようだ』と囁いた心は、好奇心か、はたまた現実逃避であったのか。
生きていたのか、死んでいたのか。
今となってはもう、分かるまい。

――最後に呼ばれた「昴」の名は、甘たるい吐息となって、暗い空間に消えた。

276 :近親相姦ネタの人:2006/06/12(月) 04:18:03 ID:???
まだ続くけど どうだろう。
需要あっただろうか……様子を見つつ、続きを書いてきます。



277 :名無しさん@ピンキー:2006/06/12(月) 07:27:36 ID:???
うわー 父か兄かと思ってたら、まさか母でくるとはw
淫靡な感じがいいな。
GJです。

278 :名無しさん@ピンキー:2006/06/12(月) 09:04:30 ID:???
>近親相姦の中の人
そう来たか!でもこういうのもいいなハァハァ

279 :名無しさん@ピンキー:2006/06/12(月) 23:55:11 ID:???
昴さんと畳プレイ

280 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 00:32:19 ID:???
どんなことするんだよ、畳プレイw

281 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 00:48:32 ID:???
畳エロスと布団エロスは譲れない!!
ベットもギシアンの効果音あるからいいけど
和風エロスもいいヨナー

282 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 00:51:43 ID:???
畳+布団+浴衣で乱れる昴さんはいいな!

283 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 01:18:34 ID:???
+汁

忘 れ る なww

284 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 01:23:07 ID:???
畳プレイならバックがいいね 浴衣の裾めくってw
それか縛りプレイで


285 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 03:32:02 ID:???
あれだ、新次郎と二人で実家に挨拶に行くんだよ。
そしたら布団が一つに枕が二つで母さん早手回し過ぎますなんだよ。
このネタで誰か書いてくれることを期待してるんだよ。

286 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 04:42:36 ID:???
あ、それめちゃくちゃ考えてたw
脳内妄想して楽しんでた。

287 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 07:05:15 ID:???
一つの布団に二つの枕。隣には昴さん。
昴さんは寝ている。

 ・起こす
 ・落書き☆
→・押し倒す
「昴さん、すいかはお好きかしら?切ってきたのだけれど」
「ありがとうございます。いただきます。」


昴評価:君にしては大胆だ
大河君orz


288 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 19:09:09 ID:???
京都の実家で一つの布団に二つの枕。
 ・起こす
 ・落書き
→・襲う
「九条様、ディナーをお持ちしました。」
(゚д゚)

289 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 19:55:17 ID:???
畳&布団みたいな和式な雰囲気なら、いっそ座敷牢に幽閉されてる昴さんなんかよくね?
そして夜な夜なサニーの慰みものに…

290 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 20:00:11 ID:???
>>289
その場合は拘束衣も付けてねハァハァ

291 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 20:26:01 ID:???
>>290
違うよ。和風だったら白い着物で天井の梁から吊されてるのが淫靡だw

292 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 21:11:57 ID:???
やべえ!おまいら俺をその気にさせてなにさせようってんだwww
とりあえず
○実家お邪魔虫ver
○サニー座敷ロウ幽閉ver
○サニー天井つるし拷問ver
○浴衣又は着物バックからぶちこみver

畳一つでこれだけでるとはww

293 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 21:23:46 ID:???
>>285>>287
何その俺の理想

>新次郎と二人で実家に挨拶
俺の脳内ではすでに実現してますよハアハア
本当に誰か書いて欲しい…

294 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 21:24:23 ID:???
SMもスカ以外は大丈夫な俺的には、和服の前がはだけた状態で縛りあげられ、畳の上に転がされた昴たんに、真っ赤な熱蝋責めってのも興奮する。
苦悶の表情でせつなく身をよじる昴たんハアハア


295 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 21:40:05 ID:???
目は隠されているんだろうな!?
目隠しはあるのかーーーーー!!

296 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 21:43:38 ID:???
アメリカンな妄想なんだがそっちもいいよねv

夜な夜なホテルを抜け出して
ニューヨークの街中をアメリカンマッスル蒸気カーで
公道レースしてるというオレ妄想
ほら、昴さん小柄だから、エルドラドとかデカブツ転がしてたら
無人で鬼速い紫のマッスル蒸気カーが出るとかなんとかうわさになって
それの調査をしろとサニーに言われて新次郎がラチの赤車借りて
レースしちゃうわけ、で、結局負けちゃうんだけど
乗ってたのが昴さんだったとわかって、昴さんが「口止め料だ。」と
アメリカンマッスル蒸気カーの車内でギシギシアンアンカーセックスですよ。
カーセックス、車の大きなアメリカ名物ですねv
シートを倒して隠れるようにギシギシアンアン
そしたら無人の車が動いてるーってまた騒ぎになってだな

297 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 21:47:26 ID:???
>>295
目隠しかぁ… 苦悶に歪む目尻にも愛を感じるが、目隠しもいいなぁ。

298 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 21:47:28 ID:???
カーセクースかぁー俺も前に妄想したなぁー・・・
アオザイの下だけ脱がして、車でこっそりヌチヌチアンアン・・・いいなぁー

299 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 21:47:55 ID:???
>>296
すごいテンションだww
ギシギシアンアンカーセックス
アメリカが舞台なら実行しないわけにはいかないな!

300 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 21:50:44 ID:???
>>298
EDで新次郎が昴を迎えに行ったときそんなことがあったんだな!
禿萌える

301 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 22:00:09 ID:???
ええなあ
んで新年迎えてひめ始め

302 :名無しさん@ピンキー:2006/06/13(火) 23:35:59 ID:???
エロネタ尽きることない昴さん禿げ萌え。ハァハァ

303 :名無しさん@ピンキー:2006/06/14(水) 23:06:19 ID:???
誰もいない間にコソーリ昴たんとアオザイプレイ

304 :名無しさん@ピンキー:2006/06/14(水) 23:56:18 ID:???
そこに興奮した俺が通りますよっと

305 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 07:48:08 ID:???
そして俺がキャメラトロンで撮ってプラムさんに写真を提出しますよ。

306 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 20:22:20 ID:???
お礼にもらえるのは日常にお邪魔して撮った
車内で一人ハァハァしちゃってる昴たんのブロマイド

307 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 20:42:39 ID:???
昴たんのオナヌー現場を見て、
「昴さんは入れられてれば何でもいいんですよね」
とか言って、いろんなモノでいぢめる
何かに目覚めたブラックタイガーとかいいなあ。


308 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 20:57:31 ID:???
大河は昴たんによってでっかい男(ブラックタイガー)に進化するんだね。
一見Mに見えるのになw

309 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 21:00:35 ID:???
気持ちよさに負けると野獣と化す、かいぐんしょういじゅうきゅうさい。

310 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 21:19:38 ID:???
それじゃ昴さん、入りまーす(゚∀゚)ノ

311 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 21:49:22 ID:???
今テレビ見てたら超でかい茄子が出て来た。
普通の女性でも入れられるわけないくらいでかいけど
昴さんに入れたいと思った つかなんとか入らないだろうかみたいな事を考えていた
俺の頭はとんでもない事態になってるんだなと思った


312 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 22:13:56 ID:???
ブラックタイガーって海老みたいな名前で
凄いのか凄くないのか わ、わかんないね…

313 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 22:18:56 ID:???
>>310
遠慮なく行け!ブラックタイガー!!

確かに海老だな…

314 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 22:35:08 ID:iuO5eSJ0
>>311
昴さん頑張らなきゃv

315 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 22:38:20 ID:???
>>311>>314
煽り乙!

316 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 22:38:22 ID:???
スマンsage忘れ…!orz

317 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 22:47:16 ID:???
>>308
そこでSでもMでもありなヘンタイガーですよ!




すっかり定着しちまったなぁヘンタイガーw

318 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 23:01:12 ID:???
キモ神さん並に偉大な名前でつね

大河がSの時は昴たんはM
昴たんがSの時は大河はMと臨機応変な二人でつよ

319 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 23:48:35 ID:???
ブラックタイガーと聞いて海老よりタイガーマスクを思い出した俺は古いのか?(/TДT)/

320 :名無しさん@ピンキー:2006/06/15(木) 23:55:59 ID:???
>>319
俺は宇宙戦艦ヤマトの戦闘機を思い出したよw
確か2からはコスモタイガーになったっけ?

321 :名無しさん@ピンキー:2006/06/16(金) 00:02:46 ID:???
ん?俺なんか煽った?

322 :名無しさん@ピンキー:2006/06/16(金) 00:08:37 ID:???
>>319>>320
また古い話だなw
ヤマトの戦闘機ブラックタイガーだったのか
思い出せん

323 :名無しさん@ピンキー:2006/06/16(金) 07:41:24 ID:???
古代進が乗ってたのらコスモゼロだったけか。

324 :名無しさん@ピンキー:2006/06/16(金) 20:17:16 ID:???
じゃあ俺は昴さんに乗るよ

325 :名無しさん@ピンキー:2006/06/16(金) 22:08:04 ID:???
ヤマトのネタが分かる辺り、住民の層がどんなものか不安になってきた。

326 :名無しさん@ピンキー:2006/06/16(金) 22:23:55 ID:???
うむ。
俺も年齢層が気になったw

327 :名無しさん@ピンキー:2006/06/16(金) 22:29:09 ID:???
前スレで、旧作では誰にハマってたかって話題になった時、サターンの1からやってるって奴が意外と多かったからなw
ガキにはわからんオトナのエロスのスレなのかもしれぬw


328 :名無しさん@ピンキー:2006/06/17(土) 02:33:01 ID:???
ドールで昴さんを作る猛者は居らぬか?
切れ長一重のフェイスに綺麗な黒髪ウィッグで
ドールアイはかなり濃いブラウンで?
胸はつるぺたを再現するべく男の子ボディからもってくる

肝心なゴニョゴニョはオーナーの好みで♂♀を・・・

329 :名無しさん@ピンキー:2006/06/17(土) 14:05:06 ID:SJwdCMlt
>>327
17歳ですが何か

330 :名無しさん@ピンキー:2006/06/17(土) 14:25:35 ID:???
俺は37歳だがどうだ

331 :名無しさん@ピンキー:2006/06/17(土) 18:26:42 ID:???
初めてサクラ大戦見たのは消防の頃。
田舎の伯父さんが持ってて、花札をよくやってたんだよなぁ
懐かしい・・・

332 :名無しさん@ピンキー:2006/06/17(土) 19:32:32 ID:???
サターンの1が出た時、すでに二十代だったよ。
4で某眼鏡チャイナと脳内結婚しサーカス少女を養女にして、これで卒業かと思いきや、まさか5に昴さんという凶悪な萌爆弾が隠れていようとは…


333 :名無しさん@ピンキー:2006/06/17(土) 20:40:58 ID:???
大学生くらいで遅れながらもサクラを借りて
1〜4まで全部友人に借りて
自分で買った5でここまで撃沈するとは・・・・

>>凶悪な萌爆弾  うまい言い方だな

334 :名無しさん@ピンキー:2006/06/17(土) 20:50:08 ID:???
そんな危険な萌爆弾「昴」は俺が最新の注意を払って保管しながらハァハァ(*´∀`*)


335 :名無しさん@ピンキー:2006/06/17(土) 20:56:40 ID:???
>>329
ちょっと待て
何故ここにいるww

俺も1〜4とまったりプレイして5で撃沈
萌爆弾昴たんハアハア

336 :名無しさん@ピンキー:2006/06/17(土) 20:58:08 ID:???
>>329
あと4年辛抱してろw

337 :名無しさん@ピンキー:2006/06/17(土) 21:15:38 ID:???
23歳童貞の俺が来ましたよ(゚∀゚)ノ

338 :名無しさん@ピンキー:2006/06/17(土) 21:49:37 ID:???
〉328
このスレ定期的に昴ドールネタが湧くな。
理想形があるなら、自分で作れば?
メイド服着た昴ドールを五月の京都で見たので、作った猛者はいるみたいだが。

339 :名無しさん@ピンキー:2006/06/17(土) 22:35:53 ID:???
メイドといやぁ やっぱり皆のイメージだと下はフレアースカートなんだろうか
俺は昴だったらショートパンツがいいなと思ってるんだが
んで少し長めのエプロンで真正面からみたらエプロン生足靴下ハァハァ
でも後ろから見たらショートパンツでちょっとがっかり的な
ちょっと期待を裏切られるでも萌えるみたいな弄ばれ感覚のメイドが俺の理想
ちなみにサジータはミニスカ黒タイツ とか?


340 :名無しさん@ピンキー:2006/06/17(土) 23:09:43 ID:???
萌爆弾処理班が集うスレはここか!

341 :名無しさん@ピンキー:2006/06/18(日) 00:39:23 ID:???
>>ちなみにサジータはミニスカ黒タイツ とか?

いや、昴さんの白いおみ足にこそ黒タイツは映えるんだよ。
サジータさんはむしろ白いガーターベルトでだね。

342 :名無しさん@ピンキー:2006/06/18(日) 12:15:38 ID:???
爆弾の解体は任せろ!!

343 :名無しさん@ピンキー:2006/06/18(日) 14:59:23 ID:???
爆弾を前にして俺のロケットも暴発寸前です

344 :名無しさん@ピンキー:2006/06/18(日) 21:07:45 ID:???
先生、昴さんはおやつにふくまれるんですか?

345 :名無しさん@ピンキー:2006/06/18(日) 21:12:30 ID:???
>>341
昴タンのおみ足を隠すなんて勿体無さ過ぎるだろ

戦闘服みたいなストイックさも捨てがたいが

346 :名無しさん@ピンキー:2006/06/18(日) 22:00:29 ID:???
ストッキングだからこそいいんだよ!!

347 :名無しさん@ピンキー:2006/06/18(日) 22:14:50 ID:???
いやここは裸エプロンですよ!

348 :名無しさん@ピンキー:2006/06/18(日) 22:49:00 ID:???
ストッキングは破るためにあるのです。偉い人にはそれがわからんのですよ!

349 :名無しさん@ピンキー:2006/06/18(日) 22:52:29 ID:???
>>348
そうだったのか…!!

350 :名無しさん@ピンキー:2006/06/18(日) 23:40:09 ID:???
>>348
オオォッ…!!

351 :名無しさん@ピンキー:2006/06/19(月) 00:14:51 ID:???
中途半端に破ったストッキングの隙間から僅かにのぞく昴さんの生足に頬をすりすりするのは僕がやります。

352 :名無しさん@ピンキー:2006/06/19(月) 00:37:20 ID:???
じゃあショーパン派な昴の生足は俺が独り占めって事で


353 :名無しさん@ピンキー:2006/06/19(月) 20:58:52 ID:???
しかし、誰一人萌え爆弾の処理に成功してない気がするんだけど?

354 :名無しさん@ピンキー:2006/06/19(月) 21:12:36 ID:???
>>353
てぽどんすばるさんは、どうやっても爆発しちゃうから。

355 :名無しさん@ピンキー:2006/06/19(月) 21:16:29 ID:???
>>353
てゆうか、あんな危険な萌えをどう処理しろと!

261 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)