5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

レズ声優出張所 Part2

1 :名無しさん@秘密の花園:2005/05/10(火) 21:17:53 ID:fCdda/K3
ここは声優板「レズ声優」の出張スレです。

本スレ レズ声優 Part4@声優
http://comic5.2ch.net/test/read.cgi/voice/1113386774/

「この声優は絶対レズだ」とか「レズらせたい」という声優さんを
「エロ話中心で」思う存分マタ?リと語っちゃって下さい。
妄想捏造ドンと来い。
SSも書いちゃって結構です。っていうか、キボンヌ
執筆して下さると言う方はトリップだけは忘れないで下さいね。

それでは、思う存分楽しんで下さい。

前スレ レズ声優出張所
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1101225563/

759 :名無しさん@秘密の花園:2005/08/15(月) 02:30:30 ID:uXK41is2
>>735
あれから2ヶ月程経っていた。
周りの環境も景色も、特に何も変わらない。
けれど、あの夜から何かが足りない。
夜が来る度めぐみさんの温もりが恋しくなる。
部屋の静寂に耳が覆われる。
この切なさと苦しみは、きっと彼女と満たされた時を過ごした代償。
だから後悔なんてしてない。
何かを引き換えにしないと、決して手に入らないものだった。
彼女は、他の人のものだから。
今日の分の収録は終わり、あたしは軽く伸びをする。
ふと見ると、共演者である麻美子がいそいそと帰り支度をしていた。
「もう帰るの?この後皆でご飯食べに行こうって話になってんのに」
「あっ佳奈。これから約束があって・・・」
あたしはわざとらしくはしゃいだ声をあげた。
「あ、わーかった。めぐみさんでしょ?」
「え、どうして?」
麻美子は不思議そうにあたしを見る。
「どうしてって」
だって二人は・・・。
そう言おうとした時、麻美子の携帯が鳴った。
「ちょっとごめんね・・・はい。あ、うん終わったよ。
これから行くから。うん・・じゃああとでね」
電話を切り終えても、麻美子の顔は嬉しさで満ちたまま。
「デート?」
「うん。じゃあね佳奈、お疲れ様」
麻美子の遠ざかる足音を聞きながら、あたしは立ちつくしていた。
どういう事?めぐみさんの好きな人は麻美子じゃないの・・・?

760 :名無しさん@秘密の花園:2005/08/15(月) 03:17:19 ID:uXK41is2
>>760
レストランで共演者の人達ととりとめのない会話をしながら、
あたしはまたうじうじとめぐみさんの事を考えていた。
めぐみさんの好きな人って誰なんだろう、とか。
めぐみさんは今その人と一緒なのかな、とか。
そんなこと知ったってどうにもならないのに。
未練がましいな、あたしも。
「ちょっと佳奈ちゃん飲みすぎじゃないの〜?」
周りの人達の声が遠く感じる。
「うん・・・平気だよ。これあたしの分。あたしそろそろ・・・失礼するね」
「ちょっと一人で帰れるの!?」
そんな声を余所に、あたしはふらふらと店を出た。
頭がぼーっとする。
まるで水の中を歩いてるみたいで、うまく進めない。
ああ、あの夜はめぐみさんが酔ったあたしの身体を支えてくれたな。
めぐみさん・・・会いたいよ。
「佳奈!」
瞬間、時が止まったような気がした。これは幻?
「麻美子に電話したら、スタジオの近くの店で
皆で食事してる筈だって聞いて・・・
ねえ、ちょっと大丈夫!?」
抱き締められることを渇望した腕が、あたしを包む。
ああ、あたしこのまま死んじゃってもいいかも。「ちょっと佳奈っしっかりして!」
愛しい声が霞んでいく。

465 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)