5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

レズ声優出張所 Part3

1 :名無しさん@秘密の花園:2005/09/08(木) 21:41:21 ID:BMS3eAj+
ここは声優板「レズ声優」の出張スレです。
本スレ:レズ声優 Part8
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/voice/1124473961
「この声優は絶対レズだ」とか「レズらせたい」という声優さんを
「エロ話中心で」思う存分マタ?リと語っちゃって下さい。
妄想捏造ドンと来い。
SSも書いちゃって結構です。っていうか、キボンヌ
執筆して下さると言う方はトリップだけは忘れないで下さいね。

それでは、思う存分楽しんで下さい。

前スレ レズ声優出張所 Part2
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1115727473/
過去スレ レズ声優出張所
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1101225563/
親切な人が立ててくれた前スレSS保管庫
ttp://www.geocities.jp/le_lys_dans_la_vallee_sei_unica/ss-1.html


625 :& ◆LMRaV4nJQQ :2006/01/29(日) 19:12:43 ID:9+NJ6HIU
第4話・学生寮の禁じられた夜Part1
夜の学生寮
朴王路美「理恵、理恵、来たよ。」
ガチャ、バタン、ガチャン!
朴「いや〜、大変だったよ。こやま先生、ぶっちぎるの。」
釘宮理恵「先生、今度はこやま先生ですか〜。」
朴「おいおい、理恵。2人っきりの時に『先生』は禁句って約束だったはずだぞ。」
くぎゅん「ごめん、ごめん、お姉ちゃん。」
朴「よしよし、かわい〜ぞ〜。理恵〜。」
くぎゅん「うにゅ〜ん。」
朴「そういえばさ〜、理恵?」
くぎゅん「ん?」
朴「最近、学園の中で色々と噂が出てるんだけど理恵は知ってるか?」
くぎゅん「う〜ん。家庭科の松来先生が誰彼構わずに誘ってる事は有名だし〜。
     ・・・古文のりえりえ先生がみゆきちゃんに手を出してるってのは?」
朴「それも有名だよな。それで、ほっちゃん先生に浮気するな!って、怒られたって。
  だいたい、ほっちゃんも浮気者なんだよ。数学UBだっけ?ゆかりちゃんって?」
くぎゅん「うん。」

626 :名無しさん@秘密の花園:2006/01/29(日) 19:14:45 ID:9+NJ6HIU
第4話・学生寮の禁じられた夜Part2

朴「古文のりえりえ先生に、数学UBのゆかりんに、科学のますみん、
  政治経済のなっちゃんに、世界史の智秋ちゃん。手〜出し過ぎなんだよ。
  アタシは理恵一筋だぜ!」
くぎゅん「ほんとー?」
朴「何だよ理恵!その視線はよー!」
くぎゅん「佳奈ちゃんとのキス。」
朴「いや、だから、あれはさー!佳奈が勝手に・・・。」
くぎゅん「お姉ちゃんに気の緩みがあったから、あーなったんでしょ!
     その時にアタシの顔とか浮かんでさー!
『理恵に悪いからなー』とか思わなかったの!」
朴「悪かったよー!理恵ー!過去の事、あんまりほじくり返すなよー!」
くぎゅん「もー。」
朴「怒った顔もかわいいぜ、理〜恵。」
くぎゅん「お姉ちゃんのイジワル。」

627 :名無しさん@秘密の花園:2006/01/29(日) 19:15:43 ID:9+NJ6HIU
第4話・学生寮の禁じられた夜Part3

ギュッ
朴「理恵。」
くぎゅん「お姉ちゃん。」
私は理恵の服のボタンに手をかけた。
そして、ボタンを1つ1つはずしていく。
くぎゅん「お姉ちゃん、優しくしてね。」
朴「ああ、安心しな。」
露わになって行く理恵の肌。
恥じらいを見せる理恵の顔。
かわいい。早く理恵がこの学園を卒業しちゃえばいいのに。
そしたら理恵は・・・私だけのモノだ!
理恵は誰にも渡さない!
朴「理恵。」
くぎゅん「お姉・・・ちゃん。」
私は下着姿になった理恵をベッドに寝かせた。
そして私自身の服のボタンにも手をかけた。
今夜、決めてみせる。

628 :名無しさん@秘密の花園:2006/01/29(日) 19:16:50 ID:9+NJ6HIU
第4話・学生寮の禁じられた夜Part4

だけど携帯電話の着信音がそんな私達の夢を砕いた。
くぎゅん「・・・お姉ちゃん出て。きっと、こやま先生だよ。」
朴「でも・・・。」
くぎゅん「お姉ちゃんはアタシの恋人だけど。
この学園の先生でもあるんだよ。卒業したら、いくらでも出来るから。」
朴「理恵、ごめん。」
私は理恵と口づけを交わした、お互いの心が離れない様に。
朴「は〜、理恵。」
くぎゅん「うん。」
ピッ
朴「はい。朴です。」
こやまきみこ(電話)「朴せんせー!どこに行ったんですか!」
朴「ごめん、ごめん。今、行くから。で、どこにいるの?」
こやま(電話)「暗くてわかりませーん。」
朴「いいから、そこを動くなよ。動くとかえって厄介になるから。」
こやま(電話)「は〜い。」
ピッ
朴「理恵、じゃあな。」
理恵「じゃあね、お姉ちゃん。」
私は名残惜しかったが理恵の部屋を出た。
朴「・・・行くか。」
私は暗闇で一人困っているであろう、こやま先生の許へと向かった。
理恵との一夜は、まだまだお預けの様だ。(第4話終わり)

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)