5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

レズ声優出張所Part4

1 :& ◆Jx3uuDAUoo :2006/02/17(金) 20:57:19 ID:22IXIXnD
ここは声優板「レズ声優」の出張スレです。
本スレ:レズ声優 Part8
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/voice/1124473961
「この声優は絶対レズだ」とか「レズらせたい」という声優さんを
「エロ話中心で」思う存分マタ?リと語っちゃって下さい。
妄想捏造ドンと来い。
SSも書いちゃって結構です。っていうか、キボンヌ
執筆して下さると言う方はトリップだけは忘れないで下さいね。

私が書き込んでいたら512kを超えたので書き込めませんと出ました。
とにかく新スレを立てておきます。



702 :4/4 ◆cVAdsO2Fdk :2006/06/08(木) 23:46:24 ID:VLWu61WT
ごめんなさい
麻衣ちゃんに『ずっと愛ちゃんに恋していたい』って言わせたかっただけなんです
勝手に続きっぽく読めるなどと書いてしまって、
◆KE2pAIxMAIさんに怒られないかドキドキです

おそまつさまでした(逃走

703 :& ◆Z2KySTSpOo :2006/06/09(金) 00:08:50 ID:+ajtOwnn
>>702
GJ!
秘密ドールズのプロモが公になってから、
愛×麻衣SSが急激に加速してきましたね。
思えば今から1年前のこの時期は・・・。
@沙苗×麻美子の長モノ
Atiaraway解散を受けて多数のさえぽん×ゆーかのSS。
Bめぐー×佳奈様
なんて時代でしたね〜・・・。
秋口には、りえりえ×みゆきちなんてのも・・・。

704 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/09(金) 05:22:46 ID:x4T839yu
流れを切って久々にぱくくぎゅも拝みたいと思っているのは私だけですかそうですか

705 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/09(金) 06:57:17 ID:PGU70Fft
>>704
>>621-624に、ぱくくぎゅが・・・。

706 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/09(金) 12:43:15 ID:dpD41f4w
愛麻衣も大好きだけど、
あのラジオの流れで久々にtiaraを読みたいと思ってるのも私だけですかそうですか

707 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/09(金) 17:20:41 ID:r0vgsy+9
いえ私もです
ひそかに期待してます

708 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/09(金) 18:40:39 ID:/n1hYq0J
そして私もです
tiaraに餓えています

709 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/09(金) 18:57:51 ID:veoxWQXR
書いてくださるならなんでもいい俺は恐らくみゆみゆと同じタイプの人間

710 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/09(金) 19:22:03 ID:WTf43xA2
俺はカプはなんでもいいが、すごく甘い話が読みたい

711 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/09(金) 19:34:04 ID:jxoiJIBt
>>702
GJ!
次の投下物も首を長くして待ってるよ。

712 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/09(金) 21:41:05 ID:Fln3UmaP
百合の旗のSS読みたいです

713 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/09(金) 23:51:07 ID:ACpoZZpR
先生…tiaraが読みたいです


714 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/10(土) 00:45:30 ID:7GYWv3V5
そしてここでもみゆみゆは……

715 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/10(土) 01:24:07 ID:QAm8RxST
>>714
むしろこっちでの扱いの方が酷いだろw

716 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/10(土) 01:25:35 ID:6F3Su7zF
声優板のスレと違ってここでの(_,''' ▽ '')は割と恵まれてる方かと。

717 :5/4+5 ◆KE2pAIxMAI :2006/06/10(土) 06:27:25 ID:FgNwFYL2
「さよなら、か。」

側で眠っている麻衣ちゃんの寝顔を見ながら、数時間前の会話を反芻してみる。
いつもは、そんな事、考えない。でも、麻衣ちゃんは、私にさよならされるのが
恐いって言ってくれた。もちろん、私だって、そう。

でも、麻衣ちゃんと私は、実際に「さよなら」なんて事が、できるんだろうか。

お仕事も辞めちゃって、もう二度と会わない覚悟なら、できるかもしれない。
だけど、麻衣ちゃんは売れっ子だから、私がお仕事を続けようとすると、きっと
どこかの現場で顔を合わせてしまう。
いくら役者でも、お別れした直後のテンションで、これまでと同じ事はできない。
一人で頑張れば90%くらいは出るかもしれないけど、二人の調子がいい時に出る
プラスαは絶対に出ない。

ラジオや歌はどうしよう。
そんな、全然噛み合わない歌やトークで満足してくれるファンの方なんていない。


共演者で、お友達で、パーソナリティーで、姉妹で、ユニットで。
そんな私たちが恋をした時から結果は見えていた。

麻衣ちゃんとお別れしたら。多分、私の中には、何も残らない。

718 :6/4+5 ◆KE2pAIxMAI :2006/06/10(土) 06:29:14 ID:FgNwFYL2

あのPV、あれは、たぶん真理。
鉄格子の檻の中で出口を見つけられない二人は、握り合った手を離すしかなく。
でも、PVの中の二人はそれに堪え切れず、結局は元に戻って、鉄格子の中で
罪深い関係を続けることを選択してしまう。
何もしなければ、私たちも、きっとそうなる。

だけど。私たちには言葉がある。二人でしっかり話し合えば、きっといろんな
展開がある。PVの二人は、心は通じ合っていたけど、何も言葉にしていない。

私は麻衣ちゃんに、たくさん「好き」って言って、「好き」って言って貰った。
それが全ての基本だから。

それは、私の気持ちが変わっていない事の確認と、麻衣ちゃんも何も変わって
いなかった、っていう事の確認で。


・・・だったら? さっきの麻衣ちゃんは、ちょっと、おかしくなかった?
前に私が、まず作家さんに相談した、って事に、変にこだわってたよね。
それで、「もう私はいらないの?」って言い始めて。


今、横で寝息をたてている麻衣ちゃんは、別におかしなところはないけど。
体調とか、精神面とか? その辺はどうだったろう?

と言うか。なんで、まず、そこに気が回らなかったんだろう。
私も意地になって。こんなだから、麻衣ちゃんの負担になっちゃうんだ。

719 :7/4+5 ◆KE2pAIxMAI :2006/06/10(土) 06:30:27 ID:FgNwFYL2

今日、麻衣ちゃんと一緒にお仕事してた人なら、何か気づいてるかも。
そう思って、私はゆっくり起き上がると、電話をかけに外に出ようとして、
簡単に服を羽織り、麻衣ちゃんの部屋のドアをゆっくりと開こうとした。

「どこにいくの、愛ちゃん?」
振り向くと、目をこすりながら麻衣ちゃんが半身を起こしていた。

「まさか、愛ちゃん。本当にさよならなんて・・・」

・・・確かに、これはいつもの麻衣ちゃんじゃない。

麻衣ちゃんは、いつもお姉さんであろうとする。
私は、そんな麻衣ちゃんが好きだし、だから安心して、甘える時は甘える。
それは、麻衣ちゃんも、そういう私を望んでいる瞬間、と思えるから。

だけど。たまにはお休みさせてあげないと。

720 :8/4+5 ◆KE2pAIxMAI :2006/06/10(土) 06:31:43 ID:FgNwFYL2

「どこへも行かない、って言ったよ。」

開けたばかりのドアをそのまま閉め、麻衣ちゃんが起きかけているそばの
ベッドに腰を下ろして。よっ・・・と。

「きゃ、どしたの、愛ちゃん?」
今までした事なかったけど、ベッドの上で麻衣ちゃんをお姫様だっこ。

「ちょっとぉ・・・」
私の膝の上、って言うか、腕の中に収まる麻衣ちゃん、って、いつにない
シチュエーション。

あ、麻衣ちゃんの上目づかいって、初めて見た気がする。これ・・・萌え。
カワイイ。もう、奪っちゃうしか。

徐々に顔を近づけながら、同時に、右腕で麻衣ちゃんの上体も、ゆっくり
起こしていくように。

麻衣ちゃんの意志と関係なく、両方から近付いていく、唇と唇。

「あ、あ、あ、あ・・・。う・・・。」
「ん・・・・・・・。ふぅ」

721 :9/4+5 ◆KE2pAIxMAI :2006/06/10(土) 06:32:41 ID:FgNwFYL2

キスを終えて至近距離から見下ろす麻衣ちゃんのキレイな顔は、切なそうに
まだ私を見上げてる。

ここでさらに一言。今だけ限定で、「麻衣。」って、呼んでみる。
自分でもドキドキを隠せない、普段はあり得ないシチュエーション。

思いがけず私に呼び捨てにされ、案の定、まん丸い目になる麻衣ちゃん。
でも、すぐに元の表情に戻って。
「ね。もう一度、麻衣って呼んで。それから、もう一度キスして。」

こんなに甘えて来る麻衣ちゃんって、記憶にあったかな?
私は、また顔が近付くように麻衣ちゃんの肩を抱いている腕を引き寄せ始め、
そして「麻衣。」って囁く。

もうすぐ唇が触れ合う、その寸前。麻衣ちゃんは、照れた顔で確かに言った。
「あなた。」

麻衣ちゃん、そっちかよ! 
私、お姉ちゃんになりたかっただけなのに。今日の麻衣ちゃん、絶対変だよ。

だけど、すごく満ち足りた表情をしてるから、そのツッコミは言葉にしない。

疲れとか、寂しさは、生活の中で避けられないと思うけど。
それを癒す事や、忘れさせてあげる事は、多分、私にもできると思うよ。

Fin

722 : ◆KE2pAIxMAI :2006/06/10(土) 06:41:28 ID:FgNwFYL2
お約束ですが、これは、◆cVAdsO2Fdk 氏の >>698-701の後に勝手かつ無理やり
くっつける事で、仕返しを果たした(笑)つもりの愛麻衣SSです。

リクエストの一割にも応えられない罪深さを夢見てる。

723 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/10(土) 08:00:19 ID:3zAMyCr8
>>722
なにやらシリアスな雰囲気で始まり、甘甘な展開キターと思ったら…
「麻衣ちゃん、そっちかよ!」で噴いた。w 
超GJ!!

724 : ◆cVAdsO2Fdk :2006/06/10(土) 12:03:33 ID:Ojs2Y5rz
>>722
仕返しされてしまった(笑)
いやむしろ仕返しじゃなく萌えさせられました、GJ

やっぱり繋がるように読めるSSなんて……と投下後も悩んでいましたが、
こんな良作を書いてもらえるきっかけになったならいいや

>>703 >>711
GJありがとうございます
次の投下物ですか……。今のところこれという構想はないので、
リクエストなど受けてもいいのですが、スレの空気がTiara切望のようですね
ここで書けるものを増やすか、これまでの路線を確実なものにするか……
あんまり知らないカプを書くのはどうかと思ったんですけど、
最初にここに投下したやつ、全然知らない段階に書いたものだったのを思い出しました
次を何にするか、しばらく悩んできます

725 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/10(土) 20:51:45 ID:F/dEgvKx
さえぽんのあの発言から「tiara」SSへの流れが強まりましたね〜。

726 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/11(日) 22:49:07 ID:fKobeCCO
>>722
ぐじょぶ!!!よかったよ!
てか愛ちゃんが「まい」って呼び捨てしたらまんま命になる罠w

tiaraも読みたいけど、投下してもろたモノなら何でも美味しく頂きますぉ。
ハァハァがとまらない

727 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/12(月) 08:14:32 ID:9DVIGgRJ
>>722
一瞬、同じ人があとで思い立って付け足したのかと思ったw

つか亀レスで悪いが今読んだので>>674-676もGJ
ちょうどラジオ聞いた時その部分のトークが気になってたんだ

728 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/12(月) 18:39:52 ID:PrGyGcGk
tiara不足

729 : ◆KE2pAIxMAI :2006/06/12(月) 20:05:32 ID:DNeItuv0
>>727 ◆cVAdsO2Fdkちゃんと私の“愛の結晶”です☆

いや、それはない。

今回みたいに麻衣と愛に別れて書き合うと、擦れ違う所が本当に擦れ違うので
ある意味リアルかも。ただ、禅問答と言うか、名人戦というか、読み合うのは
結構疲れるような気もする。(笑)

>>726 もサンクスです。 舞・・・確かに。忘れてた。

730 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/14(水) 23:36:26 ID:KtqPS09v
過疎ったか?

731 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/15(木) 11:16:08 ID:Zs+9n5V5
良作が出続いたんで、作者方は次回作のために休養中。

732 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/15(木) 18:59:38 ID:MFI/AkXB
三瓶と名塚のが見たいです
誰かかいてくれ
むりか・・ 需要なさそうだよなorz

733 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/15(木) 23:39:58 ID:o8iEHYIJ
>>732
ぺ×かおりんですか・・・。

>>240-241に、ぺ×あみすけがあるから・・・。
何とか絡められないか・・・。
う〜ん、難しい・・・。

734 : ◆JirmzAivjs :2006/06/16(金) 18:59:36 ID:pspdZ/DO
お久しぶりすぎて、名前間違ってたらごめんです。
なんかミスってても、見なかったふりして下さいw
>>591
めっちゃ遅いんですが、感想どもでした。
個人的なことなんですが、初めて投下したのがこのカップルだったりします。
てな事で、非常に思い入れが強い組み合わせ。感想頂けて嬉しかったです。

やっぱり手元に秘密ドールズがある訳で。
短め?な感じで申し訳ないんですが、あいまい投下です。

735 : ◆JirmzAivjs :2006/06/16(金) 19:01:33 ID:pspdZ/DO
明日は、一緒にお買い物行こうね。
そうだね。
絶対だよ・・・私、早起きするからね。
うん、私も頑張るね。
絶対だよ、絶対約束だからね。

「愛ちゃん・・・あんなに約束したじゃん」
やっぱりかぁ・・・
何となく予想できた結果。
(だから、早く寝ようって言ったのに)
心の中で反省した瞬間、昨日の夜中の出来事が頭の中に復活。
「あーっ、もう・・・そんな場合じゃないでしょ」
朝から思い出すには、あまりにも相応しくない内容。
頭をぶんぶんと振って、強引に追い出す。
「ねぇ、早く起きてよ」
起きてくれないと、買い物行けなくなっちゃうよ。
「ねぇ・・・愛ちゃん」
早く声を聞きたいよ。
何時もみたいに、笑いかけて欲しい。
「・・・愛ちゃん」
昨日の夜みたいに、沢山私だけを呼んで欲しい。
「ねぇ、起きてよ」
なのに、私の声はちっとも大きくなってくれない。

どうして?
だって、この寝顔は私だけの特権。
どうして?
もう少しだけ・・・もう少し位ならいいよね。

(困ったなぁ)
そんなことを繰り返して、気が付けば時間だけが進んでいた。

736 : ◆JirmzAivjs :2006/06/16(金) 19:02:29 ID:pspdZ/DO
「愛ちゃん・・・朝だよ」
起きて欲しい心と、あまり起きて欲しくない心。
正反対の気持ちを持ちながら、相変わらず中途半端な行動を繰り返してしまう。
(うーん)
このままでは、ずっと起きないかもしれない。
折角の朝ごはんも、すっかり冷め切ってしまっている。
(よしっ、頑張れ、私)
少し・・・かなり勿体無い気持ちを振り払い、お腹に力を入れる。
「愛ちゃん・・・起きてください」
返ってくるのは無言の返事。
「約束したでしょ」
ゆさゆさと体を揺さぶると、さすがに少しだけ反応が返ってくる。
「ほら、早く」
「・・・ぅんん」

ただの、寝返りじゃない。
何回も自分に言い聞かす・・・けど、効果は全く無い。

(ズルイよ)
たったそれだけのことなのに、私の心はドンドン早鐘を打っていく。

「愛ちゃん・・・起きてよ」
すっかり諦めてしまった気持ちは、最初よりも小さな声になって現れる。
(どうしようかなぁ)
静かに上下する愛ちゃんのお腹。
惹きつけられるように乗せた私の頭まで微妙に上下。
(落ち着くなぁ)
微かに感じる、愛しい人の呼吸。
そんなことに充分すぎる幸せを感じながら、時間だけがゆっくりと流れていった。

737 : ◆JirmzAivjs :2006/06/16(金) 19:04:30 ID:pspdZ/DO
これは夢なのかもしれない。
何処かでそう思いながら、私は何かを必死で走って追いかけている。
(あと少し、あと少しなのに)
距離は詰まるのに、何故か追いつけない。
(あと少しだけだから)
限界までグッと腕を伸ばした瞬間、私の意識が覚醒し始める。

ゆっくりと思考回路が繋がっていく感じ。
「麻衣ちゃん・・・おはよう」
二人で過ごした次の朝。
いつも一番に済ませるのは、好きな人への朝の挨拶。
「麻衣ちゃん?」
おかしいな?
隣にも居ないし、返事も聞こえない。
何よりも、何だか体が自由に動かない。
「麻衣ちゃん・・・麻衣ちゃーん」
「・・・ふぁ」
大きめの呼びかけの返事・・・と言うか、吐息?
凄く近くに聞こえてきた返事に、ゆっくりと体を起こす。

「ふふっ・・・おはよう、麻衣ちゃん」
ふわふわの髪の毛は、お姫様みたい。
静かに触れてみると、甘い香りと柔らかい手触りが出迎えてくれる。

(かわいいなぁ)

今更ながら、当たり前の幸せを強く実感。

738 : ◆JirmzAivjs :2006/06/16(金) 19:05:51 ID:pspdZ/DO
「麻衣ちゃん・・・起きてるの?」
問いかけた答えは、当然ながら返事がない。
だけど、聞かないのもマナー違反のような気がする。
「ほら、もう朝だよ」
折角作ってくれた朝ごはんが、もうすっかり冷めちゃっている。
「早く起きないと、買い物行けなくなっちゃうよ」
このままだと、ずっと寝ているかもしれない麻衣ちゃん。
私はそれでも良いんだけど、昨日の夜の麻衣ちゃんの嬉しそうな顔が脳裏をよぎる。
(しょうがないなぁ)
すっごくもったいない気持ち・・・を、どうにか我慢。

夢の中では捕まえられなかった。
だから、思いっきりギュッと抱きしめる。
「麻衣ちゃん?」
「・・・・んぁ」
返ってきたのは、何とも微妙な返答。
「麻衣ちゃん、起きて」
あんまり起きて欲しくない心が邪魔して、私の口から出るのは囁くような声。
目の前に広がるのは、相変わらずの幸せそうな寝顔。
「ねぇ、起きて?」
絶対起こしてしまわないように、凄く小さな問い掛け。
「早く起きてくれないと」
ゆっくりと。
でも、確実に私の視界に映る麻衣ちゃんの顔が大きくなっていく。

「・・・・キスしちゃうよ」

やっぱり、お姫様を起こすにはこれが一番だよね?

739 : ◆JirmzAivjs :2006/06/16(金) 19:15:51 ID:pspdZ/DO
てな感じで、あいまいでした。
甘めを意識して頑張ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

以前予告していたゆーかさん誕生日なんですが、すくすく大きくなってます。
と言うか、大きくなりすぎましたw
ムギュっと美味しい所取りの最中なんで、もう少しのお待ちをプリーズ。
基本的にダメ人間なんで、ツンデレ妹が姉を励ます感じで感想いただけるとやる気倍増ですw

ちょっとパソの調子が悪かったりで前書けなかった分まで纏めてなんですが、
読んでいただいた皆様、ありがとうでした。

740 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/16(金) 19:32:08 ID:1/u2+lAP
>>739
お姉ちゃんだって、ちゃんとやればできるんじゃない
やっぱり恋愛ものは甘いのがいいわよねー
もっとこういうの書けばいいんじゃない?
もう少しやる気出せばいいのに……
いや、別にやる気になって欲しいなんて私は思ってないけど
お姉ちゃんがやらなくたって、私はどうとも思わないし!
でも、一応今回のは、まぁ良かったんじゃない?
あ、勘違いしないでよね!
世の中にはいい作品がたくさんあるんだから、
もっとがんばらなきゃダメなんだからねっ!
 ま、まぁ私は…お姉ちゃんの作品が一番好きだけど……
え? 今何言ったのって……?
何も言ってないわよ!
 ふんだ…、お姉ちゃんのバカ……(泣


がんばってみたけど微妙だね、スミマセン
でも本当に作品は良かった。GJ!

741 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/16(金) 20:29:46 ID:9HxEqcJK
>>739
GJ!

そういえば前のスレッドは容量オーバー(512KB)による
次スレへの移行があった為に誘導等々の混乱がありましたね・・・。

おそらく今、製作中の作品は次スレで投下する事になります。
どうしても僕の作品は長くなってしまうので・・・。
なので短編を作って、ちょこちょこ投下したいと思います。

では、このコンビによるSSを・・・。

742 :ストパニもっちー:2006/06/16(金) 20:31:05 ID:9HxEqcJK
望月久代「ね〜、なっちゃ〜ん?」
桑谷夏子「何〜、もっち〜?」
もっちー「なっちゃん、望月の事・・・スキ?」
なっちゃん「うん。」
もっちー「・・・。」
なっちゃん「・・・どうしたの!なんで泣いてるの?」
もっちー「うっ、うっ、ストパニ見てたらさ〜、松来さんがうらやましくて・・・。」
なっちゃん「へ?」
もっちー「なっちゃんに、あんな迫られて・・・、きっとアフレコ現場も楽しいんだろうなと思うと・・・。
     望月は、なっちゃんに迫られる役やった事無いから・・・。」
なっちゃん「もー!」
もっちー「きゃん!なっちゃん、何するの!」
なっちゃん「もっちー、好きよ〜、フフ・・・。」
もっちー「な、なっちゃん・・・んぐ・・・。」
なっちゃん「・・・フフフ、どう満足?」
もっちー「・・・と・・・て。」
なっちゃん「え?」
もっちー「もっと、迫って。」
なっちゃん「もう、ワガママなんだから〜、もっちーは。」
もっちー「せめて、なっちゃんの前ではワガママでいさせて。」
なっちゃん「・・・さあ、もっちー。次は、どうして欲しい?」

もっちー(なっちゃん。望月の事、見捨てないでね。
     やっぱり望月は、なっちゃんじゃなきゃダメみたい。)

おわり

743 :ストパニもっちー:2006/06/16(金) 20:35:41 ID:9HxEqcJK
久々の、「くわ×もち」です。
Prits時代(2001年〜2002年)は、この二人のSS全盛期でしたね〜。
あれから、もう4年。
時の流れは早いものです。
では次の短編をいずれ・・・サッ!

744 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/16(金) 22:20:55 ID:KFFm/mIQ
>>742
もっちーうあ゛ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゛ぁあぁ゛ああぁぁうあ゛ぁあ゛ぁぁ
もっちーガンガレうあ゛ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゛ぁあぁ゛ああぁぁうあ゛ぁあ゛ぁぁ

745 : ◆KE2pAIxMAI :2006/06/17(土) 00:35:28 ID:GymVKCYz
>>739
ふん。お姉ちゃんまでファンには堪らない時事ネタを書くなんて、も〜最低。
愛と麻衣のドキドキ・寸止め・お早うのキスなんて、もう何度も使い古された
ファンには人気の高い定番シチュエーションなんだからね。
読むだけで幸せになれる程、とろけるように甘けりゃイイ、ってもんじゃないわよ。
別のシチュエーションの中で、PVの中のワンシーンを再現して見せる事で
ビジュアルイメージを確定させる、なんて一見ズルい方法も、卓越した技術
以外の何者でもないわ。
前半と後半で一人称が反転して二度おいしい、なんて技を使って、一人で全部
書いちゃうところなんて、二人で書く人たちへのあてつけでしょ。
そんな事されたら、嫉妬しちゃうに決まってるんだから、GJなんて言わないわよ。
超GJなんて。

746 : ◆JirmzAivjs :2006/06/17(土) 01:05:22 ID:L7agoBcB
>>743
GJどうもです。お疲れ様でした。
>>740
無理させてごめんね・・・でも、凄くやる気倍増中ですよ。
超ありがとうです。次も頑張るです。
>>745
そっ・・・そんな事急に言われても、全然嬉しくないんだから。
・・・・でも、そんなに言うんなら、次も頑張ってあげてもいいわよ。
まったく・・・お姉ちゃんは私がいないと、ホントに何にも出来ないんだから。

お二方に無理難題に答えていただいて、やる気モリモリです。
勿論ツンデレ風味じゃなくてもやる気は倍増するんで、もしよかったら感想書いていただけると嬉しいです。
では、圧縮作業に戻りますw

747 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/17(土) 09:25:58 ID:x4eRl5QF
次は◆KE2pAIxMAI ×◆JirmzAivjs ですか?

748 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/17(土) 10:23:46 ID:GymVKCYz
そんな所にまでフィルターを使うのはどうかとw

749 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/17(土) 22:50:13 ID:8eJZ3kkl
◆KE2pAIxMAI ×◆JirmzAivjs 不覚にも萌え

750 : ◆KE2pAIxMAI :2006/06/18(日) 01:08:32 ID:WW25eVMw
>> 749 不覚って何だyo! (笑)
そうは言っても、実際に書いてしまう辺りが私らしい。

◆JirmzAivjs 氏の >>735-738 の数時間後。
この調子で起きなかったら、というのを考え始めたんですが、
寝たままでは話が進まないので、第三者にご登場願いました。
結果、全然違うものになってしまって、スマソ。

751 : ◆KE2pAIxMAI :2006/06/18(日) 01:09:19 ID:WW25eVMw

オフの日のお昼過ぎ。ドンドン! ドアをノックするけど返事はない。
「私や、佳奈や。入るで、麻衣。」
ずっと前に預かってた合鍵で、今日の待ち合わせに現れず、連絡も取れなかった麻衣の部屋の扉を開ける。

がちゃ。
多少乱暴にドアを開けて中に入ると、部屋の中には、折り重なるように倒れている麻衣と愛ちゃんの姿!

「麻衣、どうしたん? 麻衣。しっかりして! ・・・愛ちゃん?愛ちゃん?」

嫌な言葉が脳裏をよぎる。これ、もしかして、心・・・。

二人が体当たりで取り組んだあのPVだけど、私が検索してみた限りでは、結構ひどいコメントを載せるページが後を絶たない。
部外者の私にコメントは出来ないけど、そういう意見は、多分、この二人の望んでいたものじゃない。

麻衣は、ああいう奔放に発言するキャラに見えて、結構、打たれ弱い所を持っている。そのさじ加減は、この私が注意していても微妙。

そして愛ちゃんには、あの情の深さがある。麻衣がつまらない事を言い出したら、麻衣になら、黙って頷いて、付いて行ってしまうかも知れない。

冗談じゃない、冗談じゃないよ。

752 : ◆KE2pAIxMAI :2006/06/18(日) 01:10:58 ID:WW25eVMw

だけど。
よく見れば、二人ともちゃんと可愛い寝息を立ててた。
それに・・・これ。
お揃いっぽい白の寝間着を着て、愛ちゃんのお腹に麻衣が頭を載せ、手を取り合って眠っている姿は、まるっきり、あれのワンシーンだ。
いや、そういう幻想的な、非日常的なシーンに見えたからこそ、私も最初に良からぬ妄想をしてしまったのかもしれない。

紛らわしい事、この上無い、ちゅうねん。寝るんなら、ちゃんと並んで寝れ!

しかしな〜。二人して寝坊して、私との約束破るか?
この間の話だったら、今日は午前中から二人でショッピングしてるから、その足で私と合流して御飯、って言ってなかったっけ?

だけど、二人を見ていたら、なんとなく判る。多分、片方が起きても、相手を起こしちゃ悪い、とか思って、その繰り返しで半日過ぎていくんだろう。
で、その間ずっと手を握ったまま、って。どんだけ仲いいんだ、私も混ぜて欲しいよ。そう言いながら、二人の手に、私の手も添えてみる。

麻衣に対しては、愛ちゃんには愛ちゃんにしか出来ない事があり、私にも私にしか出来ない事がある。
それは多分、私から愛ちゃんに対してもあるはずだし、そうやって、みんなが繋がっていくんだと思うな。


753 : ◆KE2pAIxMAI :2006/06/18(日) 01:11:50 ID:WW25eVMw

目の前には麻衣スィートハニーの寝顔。あたしだって、いざとなれば麻衣に本気のキスが出来ると思う。麻衣の可愛さと、寂しがり屋を秘めた人となりに惚れたクチだから。でも、まぁ、今の麻衣がどこまで応えてくれるかは解らないけど。

だけど、今、この体勢なら。・・・ちょっとだけ許せ、麻衣。chu☆

ちょっとした悪戯心を満たした後、しかし、はっとして首を振ると、愛ちゃんの寝顔がある方から妙な雰囲気を感じた。
・・・今の、まずかったかしら? そう思いながら、愛ちゃんの頬を、そっと指でつついてみる。

ほどなく、小さな返事。「・・・佳奈ちゃんゴメンナサイ。起きてました。」
・・・こういう反応に萌えるんだろうね、判る気がする。
じゃ、愛ちゃんにも。
愛ちゃんとも一度お手合わせ願いたい興味はあるんだけど、麻衣の手前はある訳だし、私が本気になってしまっても困るから。
横になったままの愛ちゃんの前髪をそっとかき上げて、額に。chu☆
「おはよう、愛ちゃん」

「うん。おはよう。佳奈ちゃん、寝坊してゴメンね。・・・あ、麻衣ちゃん、おはよう。」
「え・・・麻衣?」
そして背中の方から声。
「佳奈! あんた、今、愛ちゃんに何を?」

754 : ◆KE2pAIxMAI :2006/06/18(日) 01:12:46 ID:WW25eVMw

ふぅ。助かった。そっちの方か。

「あんたたちが、いつまで待っても待ち合わせの場所に来ないから、心配して来てやったんだよ!」
大丈夫。私の方に正当性があるんだから。私は続ける。
「はい、さっさと起きて着替える!」


結局、四時間遅れのお出かけ。並んで歩く私たちを、道行く人が振り返る。

麻衣を真ん中に、恋人繋ぎで道を進む私たち三人。
理解して欲しいとは言わないけど、これも一つの真実だから。

755 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/18(日) 02:02:53 ID:nezLZqyu
GJ!!佳奈様キター
佳奈様のSSは結構少ないので、また書いて欲しいです

756 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/18(日) 23:12:34 ID:Pow3ZrYc
>>750
てらぐっじょぶ!!!
佳奈様SSって書くの難しそうなのに、すごいよかった!
てか、流石ですね百合の旗。みごとな3(ry

757 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/19(月) 21:15:20 ID:aVTsviQd
GJ!
佳奈様SS、久々の登場。
めぐー×佳奈様・・・懐かしい・・・。

758 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/19(月) 23:45:57 ID:aVTsviQd
>>757です。
小林由美子嬢の結婚お祝い会にPritsが集合!
これを受けて「くわ×もち」短編SS投下!

759 :もっちーのウエディングドレス:2006/06/19(月) 23:48:00 ID:aVTsviQd
小林由美子の結婚お祝い会の帰り
桑谷夏子「由美子ちゃんのウエディングドレス綺麗だったね〜。
     まさか由美子ちゃんが一番最初に結婚するって思ってなかったよ〜。」
望月久代「う〜ん・・・。」
なっちゃん「どうしたのー、もっちー?由美子ちゃんに先越されたのが、よっぽど悲しいの〜?
もっちー「・・・なっちゃんはさ〜、自分が結婚する時、望月に出席してほしい?」
なつ「そりゃそうだよ〜。アタシの時には奈々ちゃんともっちーも、もう結婚してる。
   そこに由美子ちゃん呼んで、
   披露宴の時にはPritsの再結成コンサートやって派手に盛り上がるっていう計画なんだよ。
   だから、もっちー!絶対に来てね!」
もっちー「・・・ヤダ。」
なつ「・・・もっちー、それはどういう事。」
もっちー「望月は、なっちゃんのウエディングドレス姿・・・見たくないから。」
なつ「・・・。」
もっちー「なっちゃんが結婚しちゃったら、もう・・・望月の手の届かない所に、なっちゃんが・・・行って・・・。」
なつ「もう、もっちーってば〜。」
ギュッ!
もっちー「なっちゃん?」
なつ「やっぱり、もっちーはアタシがいないとダメみたいだからさ、もうちょっと結婚は遅らせておくよ。」
もっちー「な、なっちゃ〜〜ん(泣)。」
なつ「もう、泣かないの。もっちーも、いい大人なんだから。」
・・・
望月がウエディングドレスを着る時は横になっちゃんがいてほしいな。
望月・・・、なっちゃんのお嫁さんとしてウエディングドレス着たいから。
例えそれが永遠に叶う事の無い夢でも・・・。

おわり

760 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/19(月) 23:49:34 ID:aVTsviQd
投下完了!
では・・・サッ!

761 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/20(火) 09:42:07 ID:azHKX/10
レズ声優 Part19
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/voice/1150733173/

762 : ◆KE2pAIxMAI :2006/06/20(火) 19:25:22 ID:Jr/IO0kL
>>755-757 GJありがとうございます。
初めは、あいまいのつもりだったんですが、いつのまにやら佳奈様が。
どっかで見かけた、この3人で食事に行く事が結構あったみたいな話からの捏造です。
先妻と後妻が、認め合って、立て合ってる、みたいな感じを出したかったんですが。

まぁしかし、あいまい作者としてやってはならんネタをやってしまった気も。
やっぱりお姉ちゃんがいないとダメだったよ。>◆JirmzAivjs

763 : ◆cVAdsO2Fdk :2006/06/21(水) 21:58:32 ID:vupk5yci
◆KE2pAIxMAI × ◆JirmzAivjs 萌えの流れ(?)の中、ブチ切りすみません。

ご無沙汰してますというほどでもないですが、
数日ぶりに投下させていただきます。
今回は最近のストパニラジオからの連想ネタで、もちろん中原清水です。

764 :1/6 ◆cVAdsO2Fdk :2006/06/21(水) 22:01:02 ID:vupk5yci
愛ちゃんは思い出しちゃったみたい。
私たちが共演しているストパニの、愛ちゃんが不機嫌になるきっかけの12話のストーリー
と、それを見た時の感情が。
愛ちゃんの演じているキャラは、私が演じているキャラのことが好きなんだけど……。
その、ねぇ……?
私が演じる渚砂は、愛ちゃんが演じる玉青ちゃんより気になる人がいて、あろうことか玉
青ちゃんがいない間にその、キスしてしまうの。
愛ちゃんは役に気持ちを左右されることがよくあるのは知ってるけど。
今回はさすがに……ねぇ? 相手女の子だし。
すっかり役と自分がシンクロしてしまったらしく、はぁ、どうすればいいのかな?


「ねぇ、愛ちゃん…?」
ラジオを終えて愛ちゃんを喫茶店に連れ出した。
さすがにあのままスタジオにいて、愛ちゃんにあの話題を自ら振るのは、スタッフさんに
悪い気がして。
お仕事だから、他のコーナーの収録中は平静を装っていてくれたけれど、それは何の解決
にもならないし、押さえきれない不穏な空気を私は肌に感じたから。
「なぁに?」
言葉だけなら、普通なんだけど。
その目はちょっと据わっていて、不機嫌からか顔は笑ってないし、声も低めのトーンで戦
闘中みたい……。
さっき運ばれてきたケーキに視線を落としたままだから、ちょっとはマシ…かな?
「そんなにすねないでよ。役の上での話なんだし……」
じろっと私を見た愛ちゃんの迫力に、私はびくっと怯えてしまう。
「わかってるよ。だけど嫌なんだもん。せっかくがんばってきたのにーって」
ダメだ、下手に触れると逆に怒り出しちゃう。
さっきよりはまだ落ち着いてきてるんだから、慎重にいかないと。
いつもよりも勢いよくフォークでケーキを切っていく愛ちゃんの姿は、慎重を意識しよう
とする私の決心を硬いものにしてくれる。

765 :2/6 ◆cVAdsO2Fdk :2006/06/21(水) 22:02:54 ID:vupk5yci
怒りのオーラが出てるような気がする。この黒いもやみたいなのがそうなのかな?
ぷんぷんっていう怒り方なら、それもかわいいってつい楽しんじゃうだろうけど、今回は
かなり腹に据えかねているみたいで、私でもこうやって話してるのは気力を使っちゃう。
喫茶店という選択も、そんなに良かったわけじゃないみたい。
スタジオに居続けるよりはまだ気も紛れるだろうし、美味しいケーキはやはり美味しいよ
うで、さっきよりは顔が緩む隙もあるんだけど……。


ケーキも食べ終えて、私たちは喫茶店を出た。
気のせいか、店員さんもちょっとびくびくしていたような気が……。
顔に出さないあたり、プロだわ。
「じゃあね、麻衣ちゃん」
私がちょっとそんなことを考えてたうちに、愛ちゃんは私にそれだけ言って家の方向へと
歩き出していて。
って、それはダメ!
あのままの愛ちゃんを一人にしちゃいけない。
「ちょっと、愛ちゃん! 待って!」
なんとか愛ちゃんは足を止めて振り返ってくれた。
「どうしたの?」
私は愛ちゃんのそばまで行って、愛ちゃんの顔を見つめた。
「いや、そのね、……愛ちゃんがこの後何もないなら、愛ちゃん家行ってもいいかな?」
じーっとこっちの様子を伺う愛ちゃんには、私の狙いに感づいているかも。
タイミングといい、あからさますぎるかな。
バレてて困ることもないけど。
「……いいよ」
ぽつっと言ってからまた背を向けた愛ちゃんに、まずかったかなぁ、なんてちょっと後悔。
一人になりたかったのかもしれない。
いつもならもうちょっと一緒にいようって、言い出すのは愛ちゃんだから。
尚更愛ちゃんが言い出さないで、むしろさっさと帰ろうとしちゃうのが、よくないような
気がしたのも事実で。
あれこれ悩んでいると、ぎゅって愛ちゃんが私の手を握ってくれた。
愛ちゃんの顔を見たら、俯いてる顔が少し赤くて、私は不謹慎にも萌えてしまったの。

766 :3/6 ◆cVAdsO2Fdk :2006/06/21(水) 22:05:00 ID:vupk5yci

思い出してみれば、あの回の収録の日。愛ちゃんはそそくさと帰って行ったような気がす
る。
はっきりとは覚えてないけれど、終わった後のいつものおしゃべりがなくて『あれっ?』
って思ったことは覚えてる。
次のお仕事の都合があっても、愛ちゃんは必ず、たとえ時間が短くなっても私に話しかけ
てくれたから、その日はなんだか落ち着かない気持ちになった。
私にとっての愛ちゃんは、やっぱり大きいなって思ったの。


「えっとぉ〜、あの、愛ちゃん?」
私は今、すっごく困ってる。
いきなりの急展開に、状況の理解が追っつかない。
愛ちゃんの家に行って、愛ちゃんの横に座った時、私は愛ちゃんに押し倒された。
目の前には愛ちゃんの顔があって、じっと私を見下ろしてる。
「なに?」
「どうして私押し倒されてるのかな?」
「それはね、私が押し倒したからだよ」
にっこり笑う愛ちゃんはかわいい。
そっかー、なるほど。単純なことだったね、あはははー。
「って、どうして?」
「……麻衣ちゃんは、私に押し倒されるのイヤ?」
愛ちゃんの表情は穏やかというか、いつもの愛ちゃんで、さっきまで妙にプレッシャーを
感じる何かを放っていたとは思えない。
「イヤじゃないけど……」
愛ちゃんの大きな目に見つめられて、さっきは何とも言えないオーラを出されていて、押
し倒されてしまった私。
聞いているのはそういうことじゃない、なんてつっこめる状況じゃなかった。
「静馬様には抵抗しなかったのに……」
それは私じゃなくて渚砂だってば。

767 :4/6 ◆cVAdsO2Fdk :2006/06/21(水) 22:08:11 ID:vupk5yci
抵抗しなかったのも、ライターさんに決められたことだし。
「あ、あの……愛サン?」
何気ない呼びかけのつもりが、じろっと愛ちゃんの目が据わって、声も低くなる。
「ふーん、そっかー。麻衣ちゃんには静馬様がいるから、私なんかいらないんだ?」
「どうしてそうなるの?」
愛ちゃんのほっぺに手を伸ばして、そっと撫でてみる。
「だ、だって……」
愛ちゃんの目が少し揺らいで、さっきの不機嫌さがちょっとくずれた気がした。
「……麻衣ちゃん、今、私のこと『愛さん』って」
あ、距離を置かれたって感じたのかな?
ラジオでも使っちゃったし、一時的なことのつもりだったから、そんな意識なかった。
「ごめん、愛ちゃん。そういうつもりじゃなかったの」
「う、うん……」
いけない、今の愛ちゃんはいつも以上にデリケートで、そして不安なんだ。
ちょっと軽率に喋りすぎてた。
私がもっとしっかりしないと、愛ちゃんは不安なままで、渚砂じゃない私を見てくれない。

「ねぇ、愛ちゃん?」
「何?」
怒ってるわけでも、いつも通りでもない、拗ねるような泣きそうな不安定な瞳ので、愛ち
ゃんは私を見下ろしてくる。
「愛ちゃんは、渚砂と私のどっちが好きなの?」
「え?」
「どっち?」
じっと愛ちゃんの目を見つめると、どこか不思議そうにしながらも答えてくれた。
「渚砂は麻衣ちゃんだよ?」
……それは私の期待してた答えじゃないんだけどなぁ。
「う、うん。渚砂は私だし、玉青ちゃんは愛ちゃんなんだけど」
言いたいのはそういうことじゃない。
「清水愛は、蒼井渚砂と中原麻衣のどっちが好きなの?」

768 :5/6 ◆cVAdsO2Fdk :2006/06/21(水) 22:10:31 ID:vupk5yci
「?」
また同じわからないって顔してる。
すっかりシンクロしちゃってるんだね。
「涼水玉青じゃなくて、清水愛が、だからね?」
同じ答えをもらうより先に、そんな付け足しをして。
ようやく愛ちゃんはわかったらしく、あって声をもらした。
「愛ちゃんは、私より渚砂が好き?」
「ううん、麻衣ちゃんが好き」
「うん。私も、静馬様じゃなくて愛ちゃんが好きだよ」
ほっぺをなでたままだった手で、愛ちゃんの頭をできるだけ優しく撫でて、少しでも気持
ちを落ち着けて欲しかった。
「あのね、わかってるんだよ? 私は玉青じゃないし、麻衣ちゃんも渚砂じゃないって」
「うん」
「だけど……」
不意に愛ちゃんの目が歪む。
愛ちゃんの目には涙が浮かんで、それを拭わない。
「だけどイヤだったの。役の上でのことでも、麻衣ちゃんが誰かに取られるのが。本物の
の麻衣ちゃんが誰かに取られたような気がして……」
「ここにいるよ」
「っ!」
愛ちゃんの止まらない涙を、目元でそっと拭ってあげる。
目が真っ赤になってかわいそうになってくる。だからぎゅっと、私に覆い被さってる愛ち
ゃんを引き寄せる。
「麻衣ちゃん……」
愛ちゃんは私の上に倒れ込んできて、私はかまわず愛ちゃんを抱きしめる。
「私は愛ちゃんのそばにいるよ。渚砂がどうなっていくかはライターさん次第だけど、で
も私はずっと愛ちゃんを想って、愛ちゃんのそばにいるから」
「麻衣ちゃん……」
どこかうっとりと、嬉しそうに頬を私にすり寄せてくる。
どうして仕草の一つ一つがこんなにかわいいのかなぁ。

769 :6/6 ◆cVAdsO2Fdk :2006/06/21(水) 22:13:12 ID:vupk5yci
「ねぇ、麻衣ちゃん?」
「なに?」
「いま麻衣ちゃんが言ってくれたことって、プロポーズ?」
ぶっ
思わず吹き出しちゃった。私ともあろう者がはしたない。
えっと、落ち着け、落ち着け中原麻衣。
何て言った? 愛ちゃんのそばにずっといるって言った。
うん、普通に考えればプロポーズ以外の何物でもないね。だめだこりゃ。
「ふふふっ、いいんだよ、冗談だから」
私の腕の中で愛ちゃんがおかしそうに笑う。
「でも、ずっと覚えてていい?」
その声が聞こえて、さっきプロポーズかって聞いてきた声が軽いノリだったことと、覚え
てていいかって聞いてきた声が真剣だったことに気づいた。
「…うん」
プロポーズだと思ってもいいよって、言えれば良かったんだけど。
その、さすがにそこまで恥ずかしいことはまだ言えないから。
「麻衣ちゃん大好きー」
「私も愛ちゃん大好きだよ」
今はこうやって幸せを積み重ねていけたらいいなって思うの。

END

770 : ◆cVAdsO2Fdk :2006/06/21(水) 22:15:19 ID:vupk5yci
ここ数回のラジオの流れに萌えていて、昨日ネタが浮かんだので一気に書き上げました。
最近投下していなかったのはTiaraを書くのに時間がかかっていたからなのですが、
時事ネタでもありますし、先にこっちを投下させていただきました。
私ばかり一度にたくさん投下するのもアレですし、残り容量のこともあり、
Tiaraは次スレに移行してから投下させていただこうと考えています。

それではお粗末様でした。

771 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/21(水) 22:27:18 ID:GKHBGoYi
>>770
GJ!

残り容量 27KB

772 : ◆KE2pAIxMAI :2006/06/21(水) 23:23:15 ID:XlgyVbX7
>>770 古女房GJ!(違うか)
自分では突っ込まなさそうな所に焦点を当ててどんどん掘っていくSSは、
読んでいて非常に面白いです。いつかプロポーズさせたいよね。

ところで、tiaraだけど、呼び合い方で悩まなかった? 
私も2回書いたけど、「さん」とか「ぽん」が要るのか要らないのか悩んだ。
愛麻衣佳奈辺りは、固定された1種類だけだから、その辺り簡単なんだけど。
ファン歴の長い方、正しい呼び合い方ってどうなんでしょ?

773 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/21(水) 23:32:15 ID:llcRV0e+
ここは声優板「レズ声優」の出張スレです。
本スレ:レズ声優 Part19
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/voice/1150733173/
「この声優は絶対レズだ」とか「レズらせたい」という声優さんを
「エロ話中心で」思う存分マターリと語っちゃって下さい。
妄想捏造ドンと来い。
SSも書いちゃって結構です。っていうか、キボンヌ
執筆して下さると言う方はトリップだけは忘れないで下さいね。

それでは、思う存分楽しんで下さい。

親切な人が立ててくれたSS保管庫
#http://www.geocities.jp/le_lys_dans_la_vallee_sei_unica/ss-1.html

《過去スレ》
レズ声優出張所
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1101225563/
レズ声優出張所 Part2
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1115727473/
レズ声優出張所 Part3
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1126183281/
レズ声優出張所Part4
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1140177439/

774 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/21(水) 23:36:29 ID:GKHBGoYi
>>772
僕は基本的に紗子「さん」ですね〜。

775 : ◆cVAdsO2Fdk :2006/06/22(木) 00:19:57 ID:czQTfkC0
>>771
GJありがとうございます。
残り容量、大分少なくなってきましたね。

>>772
GJありがとう!って古女房か。御前と同じならいいや(えーw)
今回の話は絶対誰か似たようなこと考えている人がいると思っていたので、
びくびくしながら書き上げて投下したんだけど、
自分では突っ込まない所だって言われて驚いてます。
私が書く麻衣ちゃんはいざという時案外ヘタレだから、
プロポーズは当分無理だな(笑) 愛ちゃんの方が言えそう。
だけど愛ちゃんは麻衣ちゃんからの言葉を待ってます。

Tiaraの呼び方、私が書いたやつは
侑香→紗子 「さぇこさん」
紗子→侑香 「ゆーかさん」(スイッチ入った時は「ゆーか」)
で統一しておいたけど、適切か自信ない。

スイッチが何かって? オオカミさんスイッチ(仮称)です。

776 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/22(木) 00:47:15 ID:l0sdUwy5
>>775
「舞-乙HiME」ドラマCDではナンリエッタのオオカミさんスイッチが入ったようで・・・。
しっかし、りえりえには、もっと「バブー。」を言って欲しかった・・・。


777 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/22(木) 12:01:58 ID:/DIU0xhZ
「舞-乙HiME」ドラマCD最高
さえぽんと南里エッタがナツキとナオで百合ネタやってるんだけど
二人ともナツキとナオの声じゃ無くなってるw
けっこう素の声に近い

778 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/23(金) 03:01:28 ID:qMTz+RBB
台本をもらって狂喜するナンリエッタ。
台本をもらって、たまにはゆーかに迫られるのもいいかと思ったさえぽん。

本番前日、興奮して眠れないナンリエッタ。
本番前日、ぐっすり眠るさえぽん。

本番当日、エンジン全開のナンリエッタ。
本番当日、まあドラマだしと余裕をかましていたが結局、素になってしまったさえぽん。

本番終了後、さえぽんにべったりのナンリエッタ。
本番終了後、自分の部屋にゆーかさんを連れ込みドラマCDと逆の行動をとったさえぽん。

そうだったらいいのにな〜・・・。

779 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/23(金) 11:09:49 ID:6TcIlTjU
>>778
あのドラマCDで台本とはいえ、自分のセリフと行動にさえぽんが
「ひゃっ!?」とか「――ああっ…」とか声を上げてタジタジになってる事に快感を覚えて、

>本番終了後、自分の部屋にゆーかさんを連れ込みドラマCDと逆の行動をとったさえぽん。

のつもりが味をしめたゆーかたんに逆のまた逆の行動をとられたさえぽん。


とかだったらもっといいのにな〜…

780 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/23(金) 18:26:58 ID:ScVqMVYU
とりあえずCD聞いた
本当に途中から素だった

781 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/24(土) 00:02:58 ID:I1E58j13
さえこさんはともかく、ゆーかたんはそれなりに芸達者なのに思いっきり素に戻ってるのには噴いた
さえこさん相手だと余裕無くなるのかな

782 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/24(土) 16:27:37 ID:mTr3CqaE
レズ声優出張所Part5
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1151133885/

あと、27KBがどれくらいなのか分からないので一応立ててみた。


というわけで、
>>770の◆cVAdsO2Fdk様、tiaraの新作は上記のスレにアップしてください。


783 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/24(土) 17:46:06 ID:8fE483wi
残り23KB

784 : ◆cVAdsO2Fdk :2006/06/24(土) 20:46:12 ID:plhj6Mew
なんだかわざわざ次スレ立ててくださったようで…。
お言葉に甘えて、これから次スレにtiara投下していきます。

長いので分割して投下するつもりでいますので、
生殺しが嫌いな方はしばらく待ってから見られた方がよろしいかと思います。

785 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/25(日) 08:31:13 ID:HOsZct7g
>>783
残りキロバイトってどうすりゃ分かるんだ?

786 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/25(日) 10:16:54 ID:DbCupgBq
>>785
2chブラウザ使ってれば分かる
例えばjaneならウインドウの一番下に今何キロバイトか表示される

787 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/25(日) 12:24:59 ID:2psm5P/u
そして512KBまでいったら書き込めない

788 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/25(日) 18:35:25 ID:R0KjPmOn
埋めるか

789 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/25(日) 19:57:45 ID:U+VYy8Jf
埋め埋めさえぽん

790 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/25(日) 20:52:11 ID:xfiNGpOE
あと22kB


791 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/25(日) 21:25:14 ID:DbCupgBq
1000ならさえぽんはゆーかたんのもの

792 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/25(日) 22:08:10 ID:FQ6cv3rj
792ならゆーかたんはさえぽんのもの

793 :埋め小話「ごめんねゆりしー」:2006/06/25(日) 23:13:41 ID:Hr8S3aNX
「ラジオ、これが初めてじゃないでしょ!毎回毎回、いいかげんにしてよ、ゆりしー!」
「静ちゃん…」
「もう空気読めないでいいから、せめて場の雰囲気は壊さないでよ!」
「ひ、ひどい…静ちゃん…う、うえ〜ん!!」
ゆりしーは泣きながら走り去ってしまった。
またやっちゃった…どうしてこうなんだろう。これじゃいびりそのものだ。
「だめだよ静、今の言い方」
聞いていたのだろう、仁美が後ろから声をかけてきた。
「ちょっと厳し過ぎるんじゃないの?ゆりしーはゆりしーなりにがんばってるんだから」
「わかってる。私だって、こんな自分が嫌だ。けど、つい…ガーンとやっちゃうんだ…」
「それはわかるけど、ゆりしー、私みたいに笑って流せるわけじゃないんだから。
私だったら『また古女房の小言が始まった』って笑ってられるけど、ゆりしーは違うんだから」
「…」
「ゆりしーは大事な人なんでしょ?私でいえば、麻美子みたいに。かわいがってあげなよ…」
私は黙ってうなずいた。
よし、今からゆりしーに謝りに行こう。ゆりしーの顔を見たら、すぐ言おう。
「ごめんなさい、言い過ぎた」

794 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/27(火) 09:28:39 ID:PPDWi90q
ゆりしーとみゆみゆを共演させてみたい。

795 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/28(水) 22:13:06 ID:l8fgNa5V
むしろ(_,''' ▽ '')とりえりえを

796 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/28(水) 22:24:15 ID:VZJe9kVF
秘密ドールズのPVを見て、さぇぽんとりえりえバージョンを見てみたいと思ってしもた。
ゆーかたん…許して。

797 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/29(木) 01:56:03 ID:4ioKHWgo
さぇこさんとらないでよ。

798 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/29(木) 02:07:38 ID:+uQVFIRO
>>798ならさえぽんとゆーかたんがおおげんか

799 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/29(木) 10:55:10 ID:KRpS1JeE
>>799ならさえぽんとゆーかたんは仲直り。そして永遠に結ばれる

800 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/29(木) 11:10:01 ID:V222ixoC
800ならさえぽんゆーかたんは二人暮らし

801 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/29(木) 12:55:13 ID:DGsTksJC
ウィッチブレイドの装着者がリアル能登でそれを川澄に見られてしまうSS




いつか書けるといいな……。

802 :名無しさん@秘密の花園:2006/06/30(金) 00:54:59 ID:Da1scvzM
>>802
なら>>803は小清水×ぺの小話。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)