5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【デュオで】アイドルマスターで百合 その3【トリオで】

174 :律子×伊織×千早:2006/07/03(月) 10:33:06 ID:UB9glbBN
「さあ、どうします。水瀬さん?」
「話し合うしかないでしょっ。」
マネージャーの言葉に半ば自棄気味に言うと伊織は椅子に座った。それに合わせて、千早もマネージャーも座る。
ゴクゴクゴク・・・
伊織は一気に残っていたオレンジジュースを飲み干す。それを見て、マネージャーも少し多めに麦茶を飲んだ。
「どうしようとしていたのか、正直に話して下さい。」
マネージャーはコップを置いた後、キッパリと言う。
「そうね、その麦茶飲み干してくれたら話すわ。」
さっきまでの自棄な伊織が、また、目を細めながら言う。
(まさかっ!)
メネージャーはハッとして、自分の口に指を突っ込もうとしたが、上げようとした腕が上がらない。
「ぅ・・・く・・・。」
話そうとしても、舌等も上手く動かず声を出すのが精一杯だった。
「にひひっ。一口しか飲んでくれないから効かなかったのよね。それと、マネージャーがタフだったって事かしらね。ちゃんと、マネージャーの今の問いには答えてあげるわ。ここじゃなくてベッドの上でね。千早、マネージャー運んで頂戴。」
「はい。」
千早はマネージャーを軽々とお姫様抱っこで抱えると、伊織について寝室へと移動して行った。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)