5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【デュオで】アイドルマスターで百合 その3【トリオで】

1 :名無しさん@秘密の花園:2006/03/18(土) 21:06:29 ID:gganxdXY

ナムコの業務用アイドル育成シミュレーションゲーム・「アイドルマスター」で百合妄想しましょう。

公式ページ ttp://www.idolmaster.jp/


初代スレ
【デュオで】アイドルマスターで百合【トリオで】
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1123508370/
2スレ目
【デュオで】アイドルマスターで百合 その2【トリオで】
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/lesbian/1131896452/


39 :あずさ×亜美×真美(改):2006/04/14(金) 12:55:30 ID:4Uprs5wr
ピンポーン
「あずさお姉ちゃ→ん、遊びに来たよ→」
「は〜い」
いつもの元気な聞き覚えのある声を耳にして、あずさはそっとドアを開けた。
「あら〜、亜美ちゃんに真美ちゃん。いらっしゃい〜」
おっとりとした、品のある声。ドアの向こうの相手は同じ765プロに所属する現役癒し系アイドル、三浦あずさ。
長いストレートヘアと、真っ白な肌がいかにも上品で清楚な雰囲気をかもし出すお姉さんだ。
亜美と真美はあずさを本当の姉のように慕い、あずさは二人を本当の妹のようにかわいがっている。
春休みに入ってからというもの、彼女たちはあずさのマンションに来ては、
忙しいスケジュールの合間を縫って、宿題を教えてもらうことが日課となっていた。
「じゃああがってあがって」
「おじゃましま〜す」
亜美と真美は勢いよくばたばたと音をたててあがっていった。

40 :あずさ×亜美×真美(改):2006/04/14(金) 12:56:16 ID:4Uprs5wr
いつものように廊下を通り抜け居間に入ると、二人は中央に置かれたテーブルに向かい合って座った。
「亜美ちゃん。ここはこうよ〜」
「あははっ、亜美ったらそんなとこ間違えてる〜」
「そういう真美だってこんなとこ間違えてんじゃん。分数の割り算は分子と分母逆だよ〜?」
そんなこんなで小一時間が過ぎ…
「お疲れ様。今日の分は終わりね」
「ふぅ〜疲れたぁ。ありがと。あずさお姉ちゃん」
「ケーキ買って来たの〜。食べる?」
「やった→→→!!」
部屋の中央にある小ぶりのテーブルに、お盆を置く。箱を開けるとふんわりと甘い香りが広がった。
「どれでも好きなの食べていいわよ〜」
「いただきま〜す」
真美は遠慮なくそこにあったブルーベリーのタルトにかぶりついた。亜美もモンブランにフォークを伸ばす。
「ジュースもあるから飲んでね」
コップに注がれたのは果汁100パーセントのオレンジジュース。
「やっぱりのどが渇いたときにはオレンジジュースよね。にひひっ☆」
亜美は声を裏返らせて、伊織のしぐさと声を真似た。
「きゃははは!亜美、いおりんそっくり〜!!」
真美、大うけ。
「そういえば、伊織ちゃんもオレンジジュース好きだったわよね〜。うふふっ」
三人のまったりしたひとときは、しばらく続くかに見えた。
…だが。

41 :あずさ×亜美×真美(改):2006/04/14(金) 12:58:52 ID:4Uprs5wr
「あずさお姉ちゃん、せっくすってしたことある→?」
「????!!けほっけほっ…」
突拍子もない亜美の言葉に思わずジュースを吹き出しそうになってしまうあずさ。
「クラスの男子が言ってたんだけど、あずさお姉ちゃんやりっちゃんくらいの齢になるとせっくすしてるっていうんだけど…」
「そ……それは……亜美ちゃん…?」
子供の無知というものは恐ろしいものだ。あずさはあわてて亜美たちの顔を見たが、二人は真剣な顔をしていた。
仕方がないといえば仕方がない。そういうことに興味を持ち出す年頃なのだから。
「真美たちにも教えてよ→」
興味津々の二人。断ってもそうそう食い下がるはずもない。
あずさは決心し、一呼吸おいて言った。
「……んー、まあ、そういうことね〜」
あずさは男性経験こそないものの、一応女の子同士ではしていることは確かだ。親友の友美とも、定期的にエッチしている。
「あれってすごい気持ちいいんでしょ→?クラスの男子が言ってる」
「亜美ちゃんたち…六年生よね?」
「そうだよ→。ね、六年生じゃまだ早いかな〜?」
「どうかしらね〜。やってみないことにはわからないわ」
正面から見つめあう三人。
「したいの?」
「した→い。気持ちいいんでしょ?」
「真美ちゃんも?」
「うん!」
「わかったわ。教えてあげる」
半分押し切られる形で了承してしまったあずさ。まあじゃれあう程度なら大丈夫だろう、あずさはそう思った。
「やった〜!」
無邪気にはしゃぐ亜美真美。
「でもね、このことは誰にも秘密よ」
あずさは念を押した。女の子同士とはいえ年端も行かない12歳の少女に手を出したことが知れたらたまったものではない。
それに、マスコミなんかに知れ渡ったら、アイドル生命にもかかわる大スキャンダルだ。
「いいよ→。真美たちだけの秘密ね」
「じゃあ、ソファーに座って…」

(省略されました・・続きを読むには数日お待ちください)

42 :あずさ×亜美×真美(改):2006/04/14(金) 13:03:02 ID:4Uprs5wr
皆さん覚えていますでしょうか?前スレで貼った作品を書き直してみました。
駄文ながら、読んでいただけると幸いです。

43 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/14(金) 15:56:40 ID:a9YBF6qm
気長に続きwktk

44 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/14(金) 19:16:49 ID:Hl6Dw7jZ
期待AGE

45 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/15(土) 04:55:07 ID:IjmIl/YK
>42
もちろん覚えていますとも。リニュ作業乙であります!

46 :朝倉音夢:2006/04/15(土) 20:29:21 ID:Qhy3L7I4
千早×小鳥さんもあったらいいなあ。

47 ::あずさ×亜美×真美(改):2006/04/16(日) 00:18:10 ID:irPnbIZK
ソファーに腰掛ける三人。あずさを挟むように、亜美と真美が座っていた。
「じゃあ真美ちゃん、まずは私が亜美ちゃんにしてあげるから、
真美ちゃんはそこでちょっと見ててね」
「え→?真美にはしてくれないの〜?」
真美が不満そうに言う。
「後で真美ちゃんにもしてあげるから〜。よく見てしっかり覚えてね〜」
「うん…わかった…」
真美は渋々納得したようだ。
「じゃあ亜美ちゃん、力抜いてね〜」
あずさはそう告げると亜美の黄色のパーカーをずらして軽く首筋に口づける。
パーカーの下はキャミソールで、肩が完全に見えていた。
「んんっ…」
ぞくっとする感覚。まるで電流が走ったような、そんな感じ。
パーカーを脱がし、軽くたたんで亜美の頭をそっと撫でる。
お互い目と目があい、手を軽く握り、じっと見つめ合った。
「ふふふっ…」
「くすっ…」
なぜか照れくさくなり、思わず笑ってしまう二人。
亜美のやわらかな頬を撫でながら、あずさは唇を近付けて…
ちゅ… ちゅ…
亜美の頬に、鼻先に、ついばむように口付けていく。
「んん……」

48 ::あずさ×亜美×真美(改):2006/04/16(日) 00:19:41 ID:irPnbIZK
亜美の上唇に唇を寄せ、それから下唇に口付ける。
とてもやわらかい少女の唇。はっはっとかすかに漏れる亜美の甘い吐息が、あずさの唇にかかる。
少しずつ位置をずらしながら唇を重ねていき…
ちゅ………
やがて唇と唇が完全に重なり…
あずさは亜美の頬を撫でながら唇で唇を吸う。
そしてゆっくり舌を侵入させていく。初めての濃厚なキスに、なすがままの亜美。
あたたかく、甘い亜美の口の中。あずさは亜美の唾液を吸い…
こくっ…
おもむろに飲み込む。
「うわぁ……これがキスかぁ…」
隣で見ている真美は二人の光景に息を呑む。
女の子同士のキス…。
その禁断の美しさに真美はただ圧倒されるばかりだった。

49 ::あずさ×亜美×真美(改):2006/04/16(日) 00:22:16 ID:irPnbIZK
やがて唇が離れ…
二人の口から唾液が糸を引き、キラキラと光る。
「はぁぁ…」
初めてのキスに、亜美はすっかり上の空だった。
「ねぇねぇ亜美、どうだった?どうだった?」
真美が目を輝かせる。
「う〜ん…なんかふわ〜って感じ。よくわかんない…」
亜美はすっかり上の空のようだ。
「ドキドキするでしょ〜?これがキスよ〜」
あずさはそういうと、もう一度首筋に口づける。
「ひゃっ!くすぐったい…」
あずさは首筋からうなじにかけて、ついばむようなキスの雨を降らせる。
亜美は息を押し殺して体をこわばせる。
「ちゅ…ちゅ…」
「やっ……んっ……」
亜美はそのうちに目をとろんとさせ、甘い吐息を漏らしていた。
「ん……ふぅ、あ……っ……」
「亜美ちゃんかわいいわ〜。もっとしてあげるわね〜」
あずさは、肩からそっと手を滑らせて亜美のキャミの中に

(省略されました・・続きを読むには数日お待ちください)

50 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/16(日) 03:55:09 ID:xWP8uySF
七六五

雪歩が先刻の器具を肛門にあてがう。
「くっ・・・・」
細いがいびつな形状をしたそれは、千早の肛門にずぶずぶと受け入れられ最後尾についてある反り返り部分で挿入は止まった。
「くすくす、処女じゃなくなっちゃったら、アイドルの存在価値なんてゼロですからねぇ」
「だからお尻を犯したとでも? こんなものでは痛くもないかと」
違和感は拭えず身をよじる千早を嘗め回すように見ながら、雪歩はにっこりと微笑む。
「ふふ・・・・」
そしてすぅっと穴の中へ姿を消したのだった。

1日くらいは経ったのだろうか。雪歩は同じ場所に同じような笑みを浮かべながら姿を現した。
しかし、ランクAの歌姫は様子がまるで違っていた。息は荒く目は虚空を見つめ、まるで虫の幼虫が脱皮するかのように体を律動させている。
「やっぱり素質があったようですねぇ」
雪歩は千早の臀部を撫で回しながら語りかける。
「それはエネマグラといってですね、聞いてますか? エ・ネ・マ・グ・ラ。細くて痛くもなんともないでしょうけど、中にすっぽり入っちゃうこともなければ、内臓の圧迫だけで出ていくこともなくてぇ・・・・」
「あふぅっ!」
もう全身の神経が肛門に集中してしまい、触られた感覚が肛門に直結してしまうのだろう。
雪歩の愛撫に千早の体は大きく反応してしまう。
「そのカオじゃ耳に入ってもないですよねぇ」
「まぁ、要はあいたままになっている穴を閉じようと筋肉が収縮するけれど、閉じられるわけがないからずっと動きっぱなしになっちゃうんですよぉ」
「器具と肉が擦れて、意思と関係なく穴が開発されていくってわけなんですけど。もちろん、性的な意味で・・・ね?」
雪歩はそう言って、千早の平たい乳房の先を衣服の上から指で弾く。
声にならないうめきを発しながらビクンと大きく体が跳ねたあとの表情をプロデューサーが見たらどう思ったことだろう。
それは知性も何も感じられない、正に痴女そのものであるのだから。

壁の向こうでは陰惨な儀式がいまだに続いているようだ。しかし猶予はあまり残されていない。貴方は行動を選ばなければならない。
小窓を調べてみる(二二五へ)
簡易寝台をひっくり返して物音を立てる(〇七二へ)
思い出がまだ残っているなら、ボムを再度使用してジェノサイドを狙ってみてもいい。
その場合は十四へ進め。

51 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/16(日) 13:54:37 ID:up1YM3O2
黒雪歩キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
しかもゲームブック形式w

52 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/16(日) 14:12:04 ID:RWC1f6jO
富士見書店ぽいな


53 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/16(日) 18:51:15 ID:C8bX02SV
>>30の続きに入ります。
雪歩と春香がまぐわっている間、伊織が乱入してきた。
「雪歩、アンタの股の間を舐めるわね。にひひ」そうすると伊織は
雪歩の純白のパンツを脱がし、股の縦筋を舐め始めた。「あっ、ああん。
伊織ちゃん、ダメッ、変になっちゃいますぅ…」雪歩はビクビク来た。
「雪歩って結構感じやすいのね。アンタのおつゆも飲み干してあげるね」
同時に春香は雪歩の着ている服のケープを外し、ボタンを外した。
ブラをずらされた雪歩は春香に乳首を摘まれ、胸を吸われていく…。

54 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/16(日) 22:36:29 ID:sydl/YrV
っちょwwwをまwww14てwwww

55 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/17(月) 02:31:35 ID:Bn9wClus
亜美真美の苗字、双海を聞くたびに微妙な既視感に襲われていた理由がわかったw

あの懐かしの二見書房を思い出してたのか・・・

56 :あずさ×亜美×真美(改):2006/04/17(月) 12:40:29 ID:hbs2T85t
「気持ちよくさせてあげるわね〜」
あずさは、肩からそっと手を滑らせてキャミの中に手を入れる。
「ぁ……」
あずさの手が亜美の膨らみを確認すると、それをやさしく包みこんだ。亜美はブラをつけていなかった。
「んふふふっ…あずさお姉ちゃん、くすぐったいよ…」
亜美は、笑いを浮かべながら必死に未知の感覚に身をよじらせる。
「じきに気持ちよくなってくるから〜。うふっ。亜美ちゃんの胸、やわらかいわ〜」
「あずさお姉ちゃん、真美にも…」
真美は自分からあずさに口づけた。大胆な真美の行動をやさしく受け止めキスに答えるあずさ。
ちゅっ、ちゅっ…
唾液を吸い、舌を絡ませる。亜美とは微妙に違う味。それを、あずさは亜美の胸を愛撫しながら味わう。
真美の胸に片手を移動し、キャミ越しにそのやわらかな感触を確かめる。
「んんっ……あずさお姉ちゃん…」
くすぐったいような、気持ちいいような、変な感じ。真美も他人に胸を触られたのは初めてだった。

57 :あずさ×亜美×真美(改):2006/04/17(月) 12:42:04 ID:hbs2T85t
あずさは、真美の唇を一通り味わうと、亜美のキャミをたくし上げ、ふくらみをあらわにさせる。
発育途中だが、形のよい胸。桜色の乳頭も、十円玉くらいの大きさしかない。
「亜美ちゃん、かわいい胸してるわね〜」
「…んっ…そうかな〜?でも5年後にはあずさお姉ちゃんと同じくらいになる予定だよ」
「真美もね。んっふっふ〜♪」
隣で見ていた真美もそういいながら亜美の乳首をぷるんと弾いてみた。
「ひゃっ…?」
亜美の体がぴくんとはねる。
「真美も亜美に……してあげるね」
「わかったわ。交代ね。真美ちゃん、亜美ちゃんのおっぱい吸ってあげて」
「…こうかな?」
真美は、あずさと場所を入れ替えると、硬くなりかけていた亜美の乳頭にを口に含んだ。
ちゅうぅ…
「あうぅっ!」
亜美が目を固く閉じ、ひときわ高いトーンで声をあげる。
ちゅ…ちゅぅ…ちゅ……
真美は赤ちゃんになった気分で、夢中で亜美の乳頭を吸っていく。
「はっ……んっ…はぁ……」
自分の愛撫で感じてくれている亜美のかすかな喘ぎ。
真美はうれしくなって、もっとしてあげたい、そう思った。

58 :あずさ×亜美×真美(改):2006/04/17(月) 12:43:58 ID:hbs2T85t
亜美の乳首から真美の唇が離れた。
そこからは真美の唾液が光り、硬直しているのがわかる。
「ねぇねぇ亜美、気持ちいい?」
「はぁはぁ…気持ち……いいかも…」
亜美は涙目で答えるので精一杯だった。顔は紅潮し、吐息も荒い。
真美はなおも亜美の乳房をさすり、人差し指ですっかり硬くなった乳首を刺激していく。
「……ぁ………ん……ふぁ…」
ハイテンションだった亜美もすっかりおとなしくなり、目を半目にして、こうしてソファーの上で喘いている。
(亜美、気持ちよさそう…)
愛撫している真美も変な気分だった。すでに耳まで紅潮し、真美自身の「女の子」もうずいていた。
「うふっ…こんなに感じちゃって…」
あずさは、着ていたタートルネックのセーターを脱ぎ始めた。
薄紫のブラに包まれた見るからに大き目の胸が、ぷるんと揺れる。
フレアスカートのホックを外れると、するっ…すとん、と音を立てた。

(続く)

59 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/17(月) 22:23:28 ID:eyuarDVR
もっと…もっとだ!w

60 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/23(日) 01:50:56 ID:SzuNp5FD
新作期待ほすあげ

61 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/24(月) 14:03:10 ID:na0+AYr0
ゴスロリを着せられたやよいはいきなり伊織に押し倒された。
「伊織ちゃん、なにするんですか〜」「急にアンタをいじめたくなってね。にひひ」
伊織はやよいと濃厚キスをしたあと、服を脱がし、ブラをずらして乳首に
喰らいつき、吸い始めた。「あ、あああん、伊織ちゃん、だめぇ」
しばらくしてやよいはパンツを脱がされ、秘部をムキ拡げられ、伊織に
容赦なく舐められていく…。



62 :【プチスカ表現あり!注意】伊織×やよい:2006/04/27(木) 12:23:23 ID:vSDD8GBt
>>61
ここは伊織の部屋。やよいはいつものように伊織の家に遊びに来ていた。
「あら、やよいもこういう服似合うじゃない〜」
「うっう〜、こんな高そうでかわいい服着るの初めてですー」
やよいは伊織愛用の甘ロリ服を着せてもらっていた。
オレンジ色の生地に、かわいらしい花柄のワンピース。髪留めも、フリルのついたリボンにしている。
伊織のお下がりだが、ロリータ服を着たやよいは、まるで人形のように可憐で美しかった。
(やよい…ほんとうにかわいい……)
そう思った伊織はやよいをおもむろにベッドへと押し倒した。
「えいっ」
「伊織ちゃん、なにするんですか〜」
「急にアンタをいじめたくなってね。にひひ」
そして、目と目が合う。
「……」
「……」

63 :【プチスカ表現あり!注意】伊織×やよい:2006/04/27(木) 12:27:08 ID:vSDD8GBt
お互いしばらく無言だった。
そして、先手を打ったのは伊織。
「やさしくするから…ねっ」
伊織はそうささやいて、やよいのやわらかな唇に自分の唇を重ねた。
「あん…むっ……」
やよいの甘い唾液を吸いながら、ブラウスの上から小さな胸を撫で回す。
そして伊織は、器用に片手でブラウスのボタンをはずし、胸をはだけると、ブラを上にずらした。
やよいのさくらんぼのようなかわいらしい胸があらわになった。
「かわいい胸…」
伊織はやよいの唇から離れると、小さな桜色の乳首に喰らいつき、吸い始めた。
「あ、あああん、伊織ちゃん、だめぇ」
口に含んだ乳頭を、舌で転がしながら、もう片方の胸を、さするように手で愛撫した。
しばらくその行為は続いた。
しばらくして伊織は、やよいのスカートをめくり、純白のコットンの下着をするっと脱がす。
まだ毛も生えていない、13歳の少女のスリット。
「伊織ちゃん、恥ずかしいです…」
さすがに恥ずかしいらしく、そこを両手で隠すやよい。
その手をそっとどけて、両脚を広げた。

64 :【プチスカ表現あり!注意】伊織×やよい:2006/04/27(木) 12:28:29 ID:vSDD8GBt
伊織はそこに顔を近づけていった。
おしっこの匂いを感じると、硬く閉じた秘部を拡げ、直接鼻でそこの匂いを楽しんだ。
まだ手入れを知らない、やよいの女の子の証。伊織だけが唯一知るその匂い。
伊織はにひひと笑うと、舐め始めた。
「あぅっ!…」
やよいの秘部は塩味がした。
「やぁぁ…伊織ちゃん…、そんなとこ汚いです…!」
しかしそれは決して嫌なものではなかった。
伊織は、やよいの小陰唇にかすかに付着した白いレアチーズを舐め取るように舌で刺激を与える。
「にひひっ、私がきれいにしてあげてるんだから、心配いらないわよ」
「あっ……ぅう……ぁ…ぅ……」
やよいの太ももをおさえながら、小陰唇を舐め、膣口の処女膜がある部分にも、舌を割り入れた。

65 :【プチスカ表現あり!注意】伊織×やよい:2006/04/27(木) 12:29:27 ID:vSDD8GBt
やがておしっこの味も消え、そこからは甘酸っぱい愛液がにじみ出る。
やよいの秘部を舐めているだけで、伊織の下半身にも心地よい快感が与えられるような感覚。
ぴちゃぴちゃと秘部を舐める音、そしてやよいのかすかなあえぎ声が部屋に響く。
伊織はやよいのクリトリスに舌を当て、往復させた。
「はうっ…………!!」
やよいの全身に電流が走る。限界が近いようだ。
「……伊織ちゃん…おしっこ…」
やよいは尿意を催したようだ。
「出しちゃっていいわよ。飲んであげる」
伊織はそういうと、クリトリスと尿道口を強く吸った。
「ううっ…!ああっ!あうぅぅっ!!」
やよいが絶頂に達すると、伊織は口をつけたまま、こくこくと喉に流し込んだ。
二人の甘美なひとときは、もうしばらく続きそうだ。   【終わり】

66 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/27(木) 17:34:15 ID:az+RO3pu
やはりやよい+おしっこは良いな

67 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/28(金) 01:27:50 ID:bg8qgw59
千早誕生日CDを聴いて思い付いた。

千早、胸が小さい事に悩む
    ↓
千早、春香に相談
    ↓
春香、千早に「やかんいっぱいの牛乳を飲めば」とアドバイス。
    ↓
千早、手元に牛乳が無い事に気付く
    ↓
千早、あずさを見かける

続き、誰か書いてw

68 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/28(金) 01:55:16 ID:L5Q1lJIw
 ↓
あずさ、「だめよ千早ちゃん、赤ちゃんが出ないとおっぱいは出ないのよ〜」
 ↓
千早、あずさを工場跡なんかに拘束して出会い系に場所うp
 ↓
あずさ、無数に集まる男達にリンカーン、腹ぼて
 ↓
ゆきぽ、布団から跳ね起きて「・・・夢でしたかぁ」と安堵

そして今日も爽やかな一日が始まる

69 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/28(金) 10:14:24 ID:oyCmssMM
連休にやよいおりをしたためてみようかと。

それは乙女と乙女が出会う場所〜

70 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/28(金) 20:33:54 ID:EUleCWhW
あずさ×亜美・真美の続きマダー?

71 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/29(土) 02:58:03 ID:ThM15QTu
「萩原さん、ちょっとお時間ありますか?」
「あ、あるけど・・・どうしたの、千早ちゃん」
「では。この萩原さんの履歴書ですけど・・・この体重やスリーサイズ、ふざけているとしか思えないのですが」
「ええっ!?で、でも社長が、自己申告でいいからって」
「それにしても、『・・・穴掘って埋まってますぅkg』とか『B:ひんそーですみません・・・、W:あうぅ、H:私なんて・・・』というのはあんまりかと」
「で、でもぉ・・・」
「デモもメーデーもありません。これから測りたいと思うのですが。その上で、正確な数値を記入します。よろしいですね?」
「・・・うぅ、千早ちゃん、怖いよぉ」
「返事は簡潔にお願いします」
「は、はいぃ」

千早、雪歩を会議室に連れ込み後ろ手に鍵を掛ける。
雪歩、鍵のかかる音に飛び上がって驚き、千早の顔色を伺う。

「ち、千早ちゃん・・・?」
「体重やサイズを測るわけですから、服を脱ぐ必要がありますよね?そのためには鍵を掛けるのは当然のことかと」
「え・・・ふ、服着たままじゃ、だめ・・・?」
「もちろんです。私以外には誰も居ませんから、恥ずかしがる事は不要です」
「あうぅ・・・」

雪歩、涙目になって、俯きながら服を脱ぎ始める。

72 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/29(土) 03:00:53 ID:ThM15QTu
ちょっと間が開いたのでリハビリ代わりに短いのを・・・
と思ったけど、意外に文字打ち続ける気力が続かなくなってたので少しずつ投下

73 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/29(土) 20:29:52 ID:So3u4BkA
期待保守

74 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/30(日) 01:30:11 ID:/cyVoyn7
「うう・・・」

雪歩、下着姿になって手で前を隠している。
特に千早も口を挟まなかったせいか、靴下と靴は履いたまま。

「では、最初に体重を量りましょう」
「うん・・・あ、でも千早ちゃん、体重計が無いよ?」
「大丈夫です。物置から、古い計量器を持ってきましたので」
「・・・けいりょう・・・なに?」
「物を吊り下げて計る、秤の一種です。幸いこの会議室には社長のぶら下がり健康器が有りますから、
これに秤をぶら下げて萩原さんがそれに掴まる、という形で量ってみてはいかがでしょうか」
「ええっ?そ、そんなのにつかまってなんて、できないよぉ」
「そうですか?じゃあ、・・・これで?」

千早、ロープを取り出す。

「え・・・ロープ?」
「はい、これで、輪を作って・・・萩原さん、これに跨ってください。これならつかまるよりは、楽かと」
「まっ・・・ふ、普通に座るだけじゃダメなの?」
「ロープの輪の下から床まで、あまり高さがありませんから。跨って、足を上げてもらわないと、足が床に付いたままになるかと」
「そんなぁ・・・ムリだよぉ」
「萩原さんは、いつも挑戦する前からそのように諦めますね。ただ跨るだけ、これくらいならできるかどうかは、
やってみればすぐにわかることなのでは?」
「ううっ・・・どうしても・・・しなきゃダメなの・・・?」
「では、プロデューサーにこの『・・・穴掘って埋まってますぅkg』の履歴書を見ていただきますか?」
「ひうっ・・・それは・・・」
「でしたら、きちんと一度量っておくべきかと。さあ、それではここに、跨ってください」
「は、はいぃ・・・」
--
今日はここまで
意外と苦しい、色々とorz

75 :名無しさん@秘密の花園:2006/04/30(日) 21:43:46 ID:7Wjd9SzV
(・∀・)イイヨイイヨー

76 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/01(月) 02:57:19 ID:oaIUAvhb
雪歩、二重にしたロープの輪を跨いで腰を下ろす。

「うう、なんかちくちくするよぉ、千早ちゃん・・・」
「もう少し、しっかりと座らないと・・・ほら、お尻の方、少し中心から曲がってます」
「ひうっ!ち、千早ちゃん、紐動かさないでぇぇ・・・」
「はい?どうかしましたか?」

千早、真顔で首をかしげながら、ゆさゆさとロープを揺さぶる。雪歩、顔を真っ赤にして俯かせながら、蚊の鳴くような声で言う。

「い、痛・・・それ、痛いの・・・」
「痛い?どこがですか?」
「え、ええっ!・・・そんなの・・・言えないよぉ」
「では、特に問題が無ければ、足を上げて床から浮かせてください」
「う、うん。・・・ううっ、こ、これで、・・・いい?かな・・・」
「そうですね。では、針を読みますので、少し静かにしていてください」
「は、早くしてね」

雪歩、股を摺り寄せてもじもじさせている。

「萩原さん、動かないでください。萩原さんが動くと、針も動いて」
「そ、そんなぁ・・・」
「そうですね・・・もう少し、こう」

雪歩、泣き顔ですがるように千早を見上げる。
千早、雪歩を見下ろすと、ロープを引っ張り、ロープを雪歩に力の限り食い込ませる。

「・・・ひうっ!」
「ああ、安定しました。・・・萩原さん?何を体を震わせてるんですか?」
「ぁ、ぁぁ・・・な、なんでもないよ、千早ちゃん・・・」
「そうですか?それにしては、顔も赤く、息も荒いかと。でもまぁ、何も無いなら、次に行きましょうか」

77 :あずさ×亜美×真美(改):2006/05/02(火) 13:24:46 ID:K7Ygrbpd
亜美と真美はお互い夢中でキスを交し合っている。
その光景を目にしながら、ブラをはずし、あずさは自分の胸をあらわにさせた。
そして、ショーツをするっと脱ぎ、あずさは一糸まとわぬ姿になった。
もうここまできてしまったら、引き返せない。あずさは、最後までしてあげようと決心した。
あずさは、二人の耳元でささやいた。
「亜美ちゃん、真美ちゃん。そろそろ裸にならない…?」
二人が振り向くと、そこには生まれたままの姿のあずさがいた。
「うわぁ〜、あずさお姉ちゃんきれい…」
亜美も真美もあずさの裸体に目を奪われた。
形のよい大きな色白の双球に、亜美と同じ桜色の乳輪。
程よく成熟したボディラインの中に、どこか清楚ではかなげな印象を受ける。
「さ、真美ちゃん、ばんざいして…」
あずさは真美を生まれたままの姿にしていった。

78 :あずさ×亜美×真美(改):2006/05/02(火) 13:27:14 ID:K7Ygrbpd
キャミを脱がせて、ショートパンツのベルトをはずして、おろしてあげた。
真美はピンクと白のチェックのショーツをはいていた。
先ほどからの行為で感じたのだろうか、微妙に濡れていた。
「真美ちゃん、脱がすわね」
あずさがそう告げながら最後の一枚に手をかけると、さすがに恥ずかしいのか、目をそらした。
するっとショーツを下ろし、脱いだものを丁寧にたたんだ。
真美はまだヘアが生えていなかった。微妙にぷっくりと盛り上がったヴィ−ナスの丘に、スリットが一本だけ。
全体的に未成熟なプロポーションが、実に背徳的だった。
その間に、亜美も生まれたままの姿になっていた。
似たような体型だが、こうして二人を比べてみると、双子でも微妙に違いがあることがわかる。
「真美ちゃん、亜美ちゃんよりちょっとだけ胸大きいわね〜」
「え→?そんなことないよ→!」
亜美がすねる。
「それより、あずさお姉ちゃんの胸、おっきいね→」
「ほんとほんと。形もいいし、すっごくきれい!」
亜美も真美も、あずさの美乳に、感動しているようだ。
「じゃあ、二人とも触ってみる?」

(続きます・・続きを読むには数日お待ちください)

79 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/02(火) 16:18:38 ID:bmX5G2KY
>78
【猿の様に末文をクリックしまくる奴が一人】

80 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/02(火) 20:15:11 ID:k2gvO4Jr
>79
【同じ事をしてる奴がもう一人居る】

81 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/02(火) 20:37:25 ID:7kqZ9Wve
ワッフルワッフル

82 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/04(木) 21:08:24 ID:23oUD5+A
ToHeart2の制服を着せられたやよい。「伊織ちゃん、どうしてこの服なんですか?」
と問うと「これは私のお遊びなのよ。にひひ」と伊織はやよいの胸をいきなり揉み上げた。
「あ、あああん!伊織ちゃん、だめぇ」伊織は執拗にやよいの胸をギューッと握った。
しばらくして服を脱がし「アンタをもっと弄んであげる」勢いに乗った伊織は
ブラをずらし、やよいの乳首に食いついた…。やよいは股の間をパンツ越しにいじられていく。
我慢できなくなったやよいはついにお漏らししてしまった。



83 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/04(木) 22:24:36 ID:uIQ+W4fW
http://urlsnip.com/477216

84 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/06(土) 09:52:07 ID:3/PGXKfF
ところでアイマスで樹里亜とからんらんとか育てたい

85 :律子×伊織×千早:2006/05/06(土) 20:30:34 ID:5SDHx0ks
(あの日・・・帰ってから熱を出して・・・。)
千早は休んでいる間、何とかして記憶の無い三日間の事を思い出そうとしていた。
(プロデューサー・・・律子さん・・・。)
ほんの少しの断片的な記憶だけがおぼろげに思い出される。
「え・・・。」
(・・・水瀬さんも!?・・・。)
断片的な記憶に伊織の姿が映った瞬間、千早は思わず声を上げた。
(あんなことされて・・・・。でも・・・何で?)
見舞いに来た理由が分からずに千早は考え込んでいた。
その答えが見つからず、記憶も断片的なものしかないまま、時間が過ぎて行った。

・・・三日後・・・
「おはようございます。プロデューサー。」
「おはよう。千早。元気になったみたいだな。」
「はい、遅れた分を取り戻したいと思っていますので宜しくお願いします。」
千早はそう言ってプロデューサーに頭を下げた。
「よし、そうと決まったら早速レッスン場に移動するか。」
「はいっ。」
気合の入った返事をした千早は、先を歩くプロデューサーについて行った。
「おはよう、千早。」
事務所から出ようとしてすれ違う前に、律子の方から声を掛けた。
「あっ!律子さん。お見舞いありがとうございました。」
声を掛けられた事に気が付いた千早は、慌てて頭を下げながらお礼を言った。
「顔色も凄く良くなったみたいだし、良かった。レッスン頑張ってね。」
律子は微笑みながら言う。
(この笑顔・・・ドキドキする・・・私やっぱり・・・。)
「は、はい。」
少し照れながらも、なるべくそれが表に出ないように返事をした。
「プロデューサー。一応体調完璧にして来たとは言え病み上がりですからね。ちゃんと限界は見極めて下さいよ。」
「分かってるよ。そっちももうすぐ収録なんだろ?伊織はどうした?」
一緒に居る筈の伊織の姿が見えなかったので思わず聞いた。

86 :律子×伊織×千早:2006/05/06(土) 20:32:51 ID:5SDHx0ks
「後ろに居ますよ。」
「へ?」
そう言って、正面に振り向くと伊織がうさちゃんを持ちながらちょっと不機嫌そうに上目使いで睨んでいた。
「アンタね、事務所の廊下で立ち止まってんじゃないわよ。通れないでしょ!」
「ああ、悪いな。」
プロデューサーは気不味そうに頭を掻いて道を空けた。
「千早、アンタ随分と顔色良くなったじゃない。」
「あ、ありがとうございます・・・。」
千早は断片的な記憶と、その前に有った事を思い出して思わずどもっていた。
「律子、収録時間大丈夫?」
そんな千早を気にせずに伊織の方はすぐに律子の方へ向いて聞いた。
「マネージャーが待ってるから早く行きましょう。」
「はいはーい。」
そう言うと、二人から律子と伊織が離れて行った。
「さてと、俺等も行くか。」
「はい。」
そう返事した千早だったが少しだけ、離れていく二人を見送っていた。

87 :律子×伊織×千早:2006/05/06(土) 20:33:37 ID:5SDHx0ks
「病み上がりもあるし、今日はここまで。」
プロデューサーがレッスンの途中で合の手を入れた。
「はぁっ・・・はぁ・・・あ、ありがとうございました・・・。」
(いつもの半分くらいしか持たない・・・。)
千早は悔しさもあったが、ここまで体力が落ちているとは思っておらず驚いていた。
「少しずつ戻して行けば良いさ。また、体を壊したら元も子もないからな。」
「はい・・・。」
(悔しい・・・。)
俯きながら少し瞳が潤んでいた。
「千早ならすぐに戻して、先に進めるさ。じゃあ、今日はお疲れ様。明日以降のスケジュールは携帯に送っておくから。」
「分かりました。」
千早の返事を聞いてプロデューサーはレッスン場から去って行った。
「こんなのじゃ・・・駄目・・・。」
ドンッ!
誰も居ないレッスン場で千早はそう呟きながら床を手で強く叩いた。

次の日からの千早の言動には鬼気迫るものがあった。
三日後には、以前の体力を取り戻していた。

88 :律子×伊織×千早:2006/05/06(土) 20:34:40 ID:5SDHx0ks
♪〜
(メール・・・。)
千早は移動中の車の中で何気なく鳴った携帯を取り出した。
(水瀬さんから・・・。題名は「業務連絡」?)
何とも言えない感じだったが、平静を装った顔で、内容を確認した。
{今夜21時に赤坂のマンションへ一人で来なさい。}
短い内容だったが、それを見て千早の顔がひくついた。
「どうした千早?変なメールだったのか?」
「は、はい・・・。良くある迷惑メールでした・・・。」
隣に入るプロデューサーから声を掛けられて、誤魔化すように答えた。
(水瀬さんからの呼び出し・・・。どうしよう・・・。)
携帯をしまってから千早は迷っていた。
その日のレッスンは無難にこなしたが、メール内容が気になって想いの外集中できていなかった。
「千早、今日はなんだか上の空っぽかったけど大丈夫か?」
「はい、すいませんでした。また、明日宜しくお願いします。」
千早は謝った後、頭を下げた。
「送ろうか?」
「いえ、ご心配無く。一人で帰れますので。」
心配そうに聞くプロデューサーにキッパリと答えて千早はレッスン場から去って行った。
更衣室に入ってから時計を確認する。
(8時30分・・・ここからだともう間に合わない・・・一番早く着けて電車と駅から走っても・・・9時20分といった所かしら・・・。)
手早く着替えながら、片手で器用に携帯を持って伊織に送れる旨をメールする。そして、着替え終わると一目散に走ってレッスン場からの最寄駅へと走り出した。

伊織の方は既にマンションに居て、律子と出演した映像を一人で見ながらチェックしていた。
(全体的には上手くまとまってるカンジだけど・・・。)
「ここの動きアタシミスってる・・・。ここは律子・・・。小さいミス意外と有るわね・・・。」
真剣な眼差しでVを見ながら、いつしか声に出ていた。

89 :律子×伊織×千早:2006/05/06(土) 20:35:11 ID:5SDHx0ks
♪〜
メールの着信音がして、伊織はVにストップをかけた。
(律子からかな・・・。何だ千早か・・・。)
喜んで携帯を取り出した後、がっかりした伊織だったが、メールの内容を確認した。
{お詫び
20時30分にレッスンが終った為、お約束の時間に着く事が出来ません。申し訳ございません。予定では21時20分にはつけると思いますので、お待ち下さい。}
「ふ〜ん・・・。」
(走ってくるつもりね。随分と体力が余ってるのね。後でへばらないと良いケド。)
伊織はメールを見ながら目を細めた。

{ゴメン・ネ(涙)
今日は家の事で帰る事になっちゃって本当にごめんね。明日は一緒にお泊りしようね。また、明日の朝に。楽しみにしてるから。}
「ふう、まあ新堂さんが直々に迎えに来られたら止められないわ。」
律子はさっき送られて来た、伊織のメールを見ながら苦笑いして呟いた。
ただ、これが伊織の嘘だとは気が付いていなかった。
携帯をテーブルの上に置いた後、ベッドに身を投げた。
(伊織・・・。千早・・・。ちゃんと答え・・・出さないとね・・・。)
律子は天井を見つめながら二人を思い浮べる。
「勝手な・・・女・・・。」
そう呟いて、メガネを右手で取ってから左腕で視界を塞いだ。

90 :律子×伊織×千早:2006/05/06(土) 20:41:47 ID:5SDHx0ks
随分間があいてしまいましたが続きです。
忘れ去られている可能性大だけど(笑)・・・ぼそ
イベント連荘やらなんやらで忙しく来れなかったのもあり、
一時期、百合板が無くなったのかと焦っておりました。
一段落ついたので、続きを書いていければと思います。
相変わらずのへタレですが、穴埋めとしてでも
楽しんで貰えれば嬉しいです。

【続く】

91 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/07(日) 00:23:22 ID:+d+uN1It
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
これからもまたーりと投稿してくださいな。

92 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/07(日) 04:54:24 ID:78wBQqPc
>90
あなた様を忘れるはずがございませんw

93 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/08(月) 15:51:19 ID:H7uR4931
友枝小学校の制服を着せられた春香。そこへ真が「春香、ボクが気持ちよくしてあげるよ」と
春香の胸を揉み上げた。「春香の胸、大きくて羨ましいなあ…」と真。
「ああん、真、だめぇ」と春香。真は春香をベッドに寝かせ、濃厚キスを
した。白いスカートの中に手を突っ込んだ真の指が春香の股間をいじってゆく。
春香の白いパンツが少しずつ濡れはじめた…。「春香、もっと気持ちよくなる?」


94 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/08(月) 17:11:23 ID:ox1O5+4J
http://miniurl.org/0zg

95 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/11(木) 17:33:40 ID:KONjIUZK
↑はなんだ?

96 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/13(土) 20:36:08 ID:ytrq36Td
伊織×やよいの続きですが、今度はお風呂ネタをキボン。

97 :律子×伊織×千早:2006/05/15(月) 22:13:57 ID:ePNvDNxb
「はあっ・・・はあっ・・・。」
千早は肩で息をしながら、ハンカチで汗を拭いていた。
(21時15分・・・間に合った。)
ピンポーン♪
時計を見た後、呼び出しのインターホンを押した。
「「息整えながら、ゆっくり上がって来なさいよ。」」
プツッ
「はい・・・あっ!?」
すぐに出た伊織の声でそれだけ言うと千早の返事も聴かずにあっという間に切れてしまった。千早は、言われた通り息を整えながら、エレベーターに乗って伊織の居る部屋へと向かった。
部屋の前に着く頃には、もう息は整っていた。
(水瀬さん、怒ってる感じではなかった・・・。今日・・・帰れるかな・・・。)
一抹の不安を抱えながらインターホンを押した。
「いらっしゃい。とりあえず、食事まだでしょ?」
伊織はすぐにドアを開けて千早を招き入れながら聞いた。
「は、はい・・・。」
千早の方は、以前の事もありつい返事がどもってしまう。
「じゃあ、準備出来てるから一緒に食べましょ。」
「お邪魔します。」
返事をして靴を脱いでから、千早は伊織に着いて行った。

98 :律子×伊織×千早:2006/05/15(月) 22:14:39 ID:ePNvDNxb
「ふ〜ん。相変わらずの鬼っぷりよねアイツ。」
伊織はデザートのプリンを食べながら呆れたように言った。
「でも、今のままでは、水瀬さんや律子さんの所になんて駆け上がれないし・・・。」
千早は真剣な表情をして呟くように言う。
「目指すのはトップアイドルだけなの?」
「えっ!?」
思わぬ伊織の質問に千早は驚いて顔を上げた。
「律子の隣に居たいんじゃないの?」
「そ、それは・・・。」
ジト目で見る伊織の言葉に、思わず千早は目を背けた。
(良い読経してるじゃないの・・・。)
「何だかんだ言っても・・・否定はしないワケね・・・。」
ビクッ
静かに言う伊織が立ち上がって近付いてくるのが分かって、千早は身を強張らせる。
「でも・・・律子は渡さないわよ・・・。それに・・・アンタは・・・堕ちて行くんだから・・・にひひっ。」
伊織は耳元で囁くように言ってから最後に笑った。それはいつもの無邪気な明るい笑みではなく、静かで少し低めの声だった。
(水瀬・・・さ・・ん・・・。)
その笑い声を聞いて、千早は背筋に悪寒が走った。その後、伊織の顔を見ようとしたが金縛りにあったように動けない。さらに、言葉すら発する事が出来なかった。
「分かってるのよね千早・・・。ここに来る意味・・・。」
伊織はそう言いながら目を細める。
「不安と裏腹の快感、悦楽への背徳感・・・。期待してるんでしょ?」
「・・・。」
千早は何も言えずにその場で固まっていた。
クイッ
「あっ・・・。」
「アンタはね・・・。真面目だから、逆に堕ちるのも早いわよ。」
伊織は千早の顎を持って自分の方へ向かせて静かに言った。
(そんな事・・・。)
千早は言葉に出したかったが、伊織の目を見ていると何故か口に出せなかった。

99 :律子×伊織×千早:2006/05/15(月) 22:15:17 ID:ePNvDNxb
「明日、お昼過ぎかのレッスンよね。」
「どうしてそれを?」
流石に千早は驚いて思わず聞く。
「アンタに答える必要は無いわ。まだまだ夜はこれから・・・アンタが堕ちて行くのもこれから・・・。」
伊織はニッと笑って言う。
千早の方は、その顔を見て血の気が引いて何も言い返せなかった。
(もしかして・・・私・・・心の奥では・・・期待しているの・・・かも・・・。いいえ・・・そんな事は・・・。)
ただ、心の中では言い返せない自分が何故なのかを問うように自問自答していた。
「ほら、気持ち良くしてあげるから脱いで・・・。」
「で、でも・・・。」
伊織の言葉に、消え入りそうな声で視線を逸らしながら千早は抗う。
(ふ〜ん、拒否しないんだ・・・。)
「無理矢理される方が良いんだ?」
「そ、そんな事・・・。」
意地悪な口調でそっと耳元で囁かれると、少し恥ずかしくなって千早は思わず口に出す。
「じゃあ、脱いで。」
「・・・。」
千早は無言のままで居たが、自分からシャツのボタンを外し始めた。少しずつ伊織の目にピンク色の可愛いブラが見え始める。
「へ〜。随分と可愛いの着けてるのね。随分と色気づいてきたじゃない。」
伊織は少し皮肉って言う。
「くっ・・・。」
千早はちょっとムッと来て思わず伊織を睨んだ。
「な〜に?随分と反抗的な目してるじゃないの?」
キュッ
伊織は目を細めて、シャツの間から右手を入れて、ブラ越しに千早の乳首をいきなり捻った。
「くひっ!」
千早はいきなり来た感じに声が出て、身を強張らせた。
コスコスッ、クニクニッ
伊織は無言のままブラ越しに千早の乳首を弄った。

100 :律子×伊織×千早:2006/05/15(月) 22:22:06 ID:ePNvDNxb
続きです。
心で拒んでも憶えている体が求めてしまう。
そんな千早を感じて貰えると嬉しいです。
伊織に絡め取られて行く千早の展開です。

>>91様 来てしまいました(笑)
>>92様 憶えていて下さって嬉しいです。


攻める伊織・・・。
乱れる千早・・・。
【続く】

101 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/16(火) 01:24:53 ID:DoEtokAQ
あいかわらずいい仕事ですなぁ。

千早の下着がピンクなのは・・・、
とかんぐってしまう私リスナー。


102 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/16(火) 16:31:23 ID:IaIfsAlL
おおーGJGJ
ワクテカワクテカ

あずあみまみもたのしみ

103 :律子×伊織×千早:2006/05/17(水) 08:07:42 ID:codkb7pN
「はぁあ・・・駄目・・・。」
(気持ち・・・良い・・・。)
千早は胸から来る気持ち良さに思わず甘い声が漏れる。
「もう感じてるんだ・・・。いやらしい・・・。」
そう言いながら、動けない状態で両手が止まっている千早のシャツのボタンを空いている左手で外していく。
「ほら、早く脱いで。」
「は、はい・・・。」
千早は大人しく従ってシャツを脱いだ。その間に、伊織の方はテーブルの下に潜る。
「胸は自分で弄って。代わりに下は私が攻めてあげるから。」
テーブルの下で見えない伊織の言葉に、変な期待感で千早の背筋はゾクゾク来ていた。
(私・・・望んでる・・・。)
そして、自分のブラの下から手を入れて直接乳首を弄り始めた。
「ぁ・・・。」
伊織の方は、閉じている両膝に手を置く。何も言わずに左右に分けて股を開いていく。
(逆らわないんだ・・・。ふ〜ん。)
ニヤニヤしながら伊織はそのままかなり大きく千早の股を開いた。
(やだっ・・・私・・・凄い格好・・・してる。)
股を開かされているのに気がついた千早は、思わず自分の体勢を見て恥ずかしくなって赤くなった。
スッ
伊織はそんな千早の様子が見えるわけでもなく、スカートの中へ右手を伸ばした。
ツーーッ
千早の左足の太腿に自分の人差し指を当ててから撫でるように股の方へと滑らせていく。
「ひゃん。」
太腿からのくすぐったい感触に千早は可愛い声を上げてピクピクッと反応する。
「ほ〜ら、手がお留守じゃないの?」
見えてない伊織だったが、様子を見ていて千早の動きが止まっているのを予想して言う。
「は・・・ぁ・・・。」
千早は言われて、自分の胸に再び手を伸ばした。

104 :律子×伊織×千早:2006/05/17(水) 08:08:29 ID:codkb7pN
ピンクのブラは既にずり上がっていて、代わりに綺麗なブラと同じ位の色の乳首が見えていた。それを、自分の両手で軽く摘む。
クリッ
「んふぅ・・・。」
声を殺そうとして、少しくぐもり偽見の声を上げる。
(駄目・・・気持ち・・・いぃ・・・。)
クニクニッ
「ひゃうっ!?」
いきなり自分の股をパンティ越しに指で弄られて声を上げて仰け反った。
「もう濡れてるじゃない・・・。やっぱり正直よね・・・。」
「そ・・・そんな・・・ああっ!」
くちっ、くにゅっ
千早が答えようとすると、伊織は容赦無く右手で椅子とパンティの間に指を滑り込ませて下から弄る。
「何か言った?」
「そ・・・ふぁあ・・・。」
伊織はニヤニヤしながら千早の反応を楽しむように、右手の指を巧みに動かして蕾の辺りを重点的にパンティの上から弄る。
「私の指、濡れてるし、千早のここ熱くてふやけちゃいそうよ。」
くちゅぅっ
伊織はそう言いながら、パンティをずらして直に蕾に指が触れる。
「や・・・ぁ・・・あひぃっ!」
ビクビクッ
千早は少し腰が浮き上がって、仰け反る。
「逃げちゃ駄目でしょ・・・。それに自分でもちゃんとしなさいよね。」
そう言って空いている左手で、千早のスカートの上から左桃の付け根を押さえて浮いている身体を再び椅子に座らせる。それと同時に、右手で上手くパンティをずらして生地をクリにあてる。
「あぁぁ・・・あたってるぅ・・・。」
(擦れて・・・気持ち良い・・・。)
生地が擦れて当る感触は、指で触れるのとは違って変な感触だった。力んでいた力が抜けて、椅子に座り直してもたれかかるような状態になった。

105 :律子×伊織×千早:2006/05/17(水) 08:09:02 ID:codkb7pN
(気に入ったみたいね・・・。)
コスコスッ
伊織はその様子を見て、わざと生地や指がクリに触れない位置で千早を焦らし始めた。
(な、何で?)
「み、水瀬さん・・・。」
「な〜に?」
切なそうに言う千早に伊織は意地悪っぽく聞き返す。
「その・・・あの・・・。」
千早は自分から言えずに恥ずかしそうに言い切れずに口篭る。
ピタッ・・・
「えっ!?」
伊織は指の動きを止める。それに驚いて千早は思わず声に出てしまう。
「して欲しいなら、それなりの言い方ってもんがあるでしょ。」
「・・・して下さい・・・。」
伊織に言われて小さな声で千早は言った。
「な〜に?聞こえないんだけど〜?」
「そ、そんな・・・。」
千早は伊織の言葉に少し顔を赤くしながら答える。
「良く聞こえないって言ってるんだけど?」
伊織は追い討ちをかけるように強い口調で言う。
「水瀬さん・・・。お願いします・・・。私を・・・気持ち良く・・・して・・・下さい・・・。」
恥ずかしさでどうにかなってしまいそうなほど、顔や耳まで真っ赤にしながらも千早は言い切った。
(言ってしまった・・・。)
千早の中のプライドや理性というものが崩れた瞬間だったのかもしれない。
「良いわよ・・・。」
伊織は千早の言葉に、とても14から15歳になろうかと言う少女とは思えないような大人びた口調で静かに答えた。
(水瀬さん・・・。)
その言葉に、千早は伊織が自分よりも年下の存在である事が吹き飛んだ。それと同時に、期待で背筋がゾクゾクとしていた。
伊織は、スカートの上に置いてあった左手もめくり上げるようにして股の方へと入れていく。

106 :律子×伊織×千早:2006/05/17(水) 08:09:39 ID:codkb7pN
スッ、ススッ
右手でパンティの生地を細くしてクリを左右から擦るようにゆっくりと動かす。
「はぁ・・・ぁあ・・・。」
千早はその感触に酔うような声を上げる。そして、自分でも再び乳首を弄りだした。
クリクリッ、キュッ
「水瀬さん・・・もっと・・・。」
「しょうがない後輩ね。にひひっ。」
伊織はそう言いながらも、悪戯っぽく笑う。
クニッ、コスッ、くちゅぅっ、
「うはぁっ・・・ああっ・・・いぃ・・・。」
右手の中指で直接クリを弄って、親指と人差し指でパンティの生地を持って時間差でクリを擦る。更に左手ですっかり濡れている蕾を下から上に向かって指でなぞり上げる。
千早は下半身から来る感覚でおかしくなりそうになっていた。
クリッ、クニッ、ペロッ
千早自身も更に快感を求めるべく、乳首を弄りながら自分の右の乳首を舐める。
「はあっ・・・ああんっ・・・んふぅ・・・。」
(まずは一回トドメね・・・。)
キューッ!ツプゥッ
パンティの生地を離してから右手の親指と人差し指でクリを一気に捻るのと同時に、左手の人差し指と中指を濡れている蕾の中へ少し入れた。
「んぅうひゃぅあぁぁぁああーーーー!!!!」
ビビビクッ
乳首を舐めていた千早は、頭まで一気に突き抜けた感覚に口が乳首から離れて大きく仰け反って派手に叫んで小刻みに震えながらイった。
「こんなものじゃないわよ。分かってるわよね千早?」
伊織は千早の蜜で濡れている、左手を見ながら目を細めて言う。
「はぁっ、はぁ・・・はひぃ・・・。」
千早はうつろな目で少し荒く息をしながら天井を見上げていたが、呂律の回らない言葉だったがはっきりと答えた。

107 :律子×伊織×千早:2006/05/17(水) 08:29:47 ID:codkb7pN
続きです。
伊織の攻めに堕ちて行く千早。
久しぶりの百合えちシーンであんまり
えっちく出来てないかもしれませんがその辺はご容赦を(平伏)
誤字お詫び
>>98 11行目 良い読経・・・千早お経あげてないのに(泣笑)
>>99 1行目 お昼すぎか「ら」の 「ら」が抜けてました(平伏)

>>101>>102様 ありがとうございます。
続きが少しでもご期待に応えられていれば何よりです。

あずさ×亜美×真美様
続きお待ちしております。
他の無名の方々の新規や続きも読んでみたいですね。
そんなへたれは続きにいそしみます。


千早の心境に変化が?
伊織の心遣いが?
【続く】

108 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/17(水) 10:38:07 ID:JRmtwTKK
いおちはイイヨイイヨー!!
じゅうぶんえろいです。がんばって!!

109 :伊織×やよい:2006/05/20(土) 20:17:19 ID:p9KWzwY/
やよいの家にお泊りすることになった伊織。大金持ちのお嬢様の
伊織は庶民的な家並みにただ驚かんばかり。入浴の時間、やよいは伊織と
一緒に入浴した。しばらくして伊織はやよいの秘部にいきなり指を挿入した。
ビクン!ときたやよい。力が段々抜けて「伊織ちゃん…だめぇ」やよいは
よがりながら伊織に訴えたが、伊織は「にひひ、やよいのアソコ、ヌルヌル
してきた」やよいの秘部から乳白色の粘液が滴り落ちる。痛みに耐えられ
なくなったやよいは尿意を感じた。「伊織ちゃん、おしっこ出ちゃう…」
「このまま漏らしちゃえば?」ついにやよいは我慢できず、「あっ、
はぁん!」とその一瞬、やよいは大量に放尿してしまった…。
どうでしょうか?

110 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/20(土) 22:13:02 ID:1o+VKztQ
はぁ・・・

111 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/20(土) 22:29:56 ID:6CAIUym/
「お姉ちゃん、本当に、本当にいいのコレで?」
「お金だったら私達も学校辞めて働くよお」
「な、なに言ってるの・・・私、あ、アノ人の事が大好きだから・・・け、結婚・・・するのよ」
 豪雨がふりしきる結婚式場の控え室でやよいは花嫁衣裳に身を包みながら震えるような声で幼い弟や妹たちに説いた。
 給食費にすら困る高槻家の家計を救ってくれた社長・高木の優しさにひかれて自分は喜んで娶られる、という事を・・・
 だが高木はやよいと3倍以上年齢の離れた、冴えない中年男だ。お姫様のように美しい白いドレスの10代のやよいとは、どう考えても不釣合いである。
「子供は・・・よ、余計な心配しないの・・・お姉ちゃん、まだ準備があるから・・・自分の・・・うあっ!部屋に戻るの・・・ぉ」
 脂汗を浮かべる姉を不審がりながら妹達は部屋を出る。
 物陰から今日からやよいの「夫」となる高木が出てきた。禿頭にヅラの老人の手には小さなリモコンがある・・・
「しゃ、社長・・・弟たちの前では止め・・・止めてくださいぃぃ・・・」
「高槻君、もとい、やよい。夫婦なんだから他人行儀な呼び方はやめてくれんかね」
「ご、ごめんなさいっ!ごめんなさい・・・あ、あなたぁぁ」
 高木はリモコンのスイッチを強にした、清楚な幼な妻から淫靡なため息が漏れてくる・・・
 765プロダクションへオーディションを受けに行った、その日にやよいは鍵のかかった部屋に連れ込まれ陵辱された。
 給食費と弟達の生活を盾にされては学生であるやよいにはどうすることもできず、ただ変態中年の慰み者にされるしか道は残されていなかった・・・
 社長の専属アイドルとしてあらゆる淫らな知識を仕込まれた少女は今日から性欲処理の奴隷妻として、変質者に永遠の愛を誓わされるのだ。
「うっう〜、お願いしますぅ・・・こ、コレを抜いて下さい・・・あなたぁ」
「ダメだ、今日は私の知り合いが大勢来ているからね、みんなに自慢しなくてはならんのだ」
「いやぁ・・・」
 オルガンの音が聞こえる。ついに式が始まるのだ、やよいにとっては死刑宣告と同じ思いだ。

「まぁ綺麗な花嫁さん」
「社長、うらやましいですよ!」
 周囲にはやされながら二人はバージンロードを歩く。顔を赤らめ膝をガクガク震わせている幼な妻の異変に気付くものは誰も居なかった・・・(END)


112 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/20(土) 22:31:23 ID:6CAIUym/
スレ間違えた・・・
まぁいいやw

113 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/21(日) 01:11:29 ID:AGxfxWyf
おもしろいのでおk


114 :律子×伊織×千早:2006/05/22(月) 08:01:24 ID:lg1/Rb/7
ポタッ・・・ポタッ・・・
椅子から千早の蜜が床に向かって垂れていた。
既に時計は2時を回っている。最初の行為から3時間以上が経過していた。
「はひぃ・・・みなへひゃん・・・もっろぉ・・・。」
千早はピクピクしてうつろな目のまま、呟いていた。口は半開きの状態でよだれが首まで垂れていた。
「また今度ね。アタシもあんたも明日仕事あるんだから。先にシャワー浴びてさっさと寝なさいよね。」
伊織はテーブルの下から出てきて、千早の横に立つとはっきりと言い切った。
「れもぉ・・・。」
千早はうつろな目のまま切なそうに伊織を見て言う。
「言う事聞かないと、もうシテあげないわよ。」
伊織は目を細めて静かに言う。
「・・・はひぃ・・・。」
残念そうに拗ねた子犬のように寂しく千早は答えた。
「スカートも、パンティも・・・どうやらブラも汚れちゃってるから洗濯機に放り込んでおいて。そうすれば明日の朝には乾燥まで終るから。ほら、早く行って。」
千早は名残惜しそうに、時々振り返って伊織の顔を見ながらも浴室の方へとヨロヨロ歩いていった。
(あんだけして、腰抜けてないし・・・。律子もそうだけど、全くタフよね。)
半分呆れた表情になって、伊織は千早を見送っていた。
「ふあぁ・・・。浴室でまたさかってないと良いんだけど・・・。」
伊織は欠伸をしながら、一旦部屋を出て寝室へと向かった。

115 :律子×伊織×千早:2006/05/22(月) 08:02:18 ID:lg1/Rb/7
ザーーー
千早はボーっとしたままシャワーを頭から浴び続けていた。
(私・・・自分から・・・望んで・・・求めて・・・。)
少し赤面しながら、さっきまでの事を思い出していた。
(律子さんとは違う、水瀬さんにしか出来ない事・・・。凄く気持ち良かった・・・。)
そう思って、右手で自分の乳首へ、左手を股へ伸ばした瞬間、
「ちょっと、千早!アンタいつまで入ってんのよ、さかってるワケ?」
「えっ!?あっ!?すいません。もう少しで出れます。」
突然伊織の怒鳴り声が聞こえて、慌てて千早は髪と身体を洗い始めた。
「ったく・・・もう3時半回るってのに勘弁してよね。アタシは今日早いんだから。」
伊織はブツブツ言いながら、脱衣所にある洗濯機の中身を確認していた。
(まあ、昼前には間に合うわね。後は・・・着替えはこれで良しと。)
バスタオルと一緒に、淡い水色のブラとパンティを洗面台の上に置いた。
「着替え置いとくから、それ着てベッドでさっさと寝て頂戴ね。」
「はいっ。」
(着替えがある?)
伊織の意外な言葉に千早は返事をした後ちょっと首を傾げていた。
伊織の方はそれだけ言うと部屋に戻って、千早の座っていた椅子を中心に汚れた部分を拭き始めた。手早く済ませてから、椅子に座るとウトウトし始めていた。

千早が浴室から脱衣場に出ると、バスタオルと新しい下着が置いてあった。
「これ・・・なのかしら?」
(随分とお洒落で可愛いデザインだけど・・・。)
淡い水色の下着を見ながら、千早はバスタオルで身体を拭いた後、髪を別のバスタオルで包んだ。

116 :律子×伊織×千早:2006/05/22(月) 08:02:49 ID:lg1/Rb/7
そして、まずブラを取って身に付けてみた。
(ぴったり・・・。)
驚くと同時に、複雑な心境だった。
「あ・・・。」
(急がないと・・・。)
すぐに我に返って、千早はパンティも履いてからバスルームを後にした。
(一声掛けた方が良いかしら・・・。)
部屋から明かりが漏れているのに気がついた千早はちょっと迷っていた。
「よしっ。」
意を決して千早は部屋のドアを開けて中を覗いた。部屋を見渡すと、伊織が椅子に座って寝息を立てていた。
(水瀬さん寝てる・・・。もう4時。無理も無いか・・・。)
少し苦笑いしながら、寝ている伊織にそっと近付いて行った。
「水瀬さん、水瀬さん・・・。」
千早はゆっくりと揺すりながら、伊織を起こしにかかった。
「ぅ・・・ん・・・。」
「すいません。長湯してしまって。私の方は終りましたので寝させて頂きます。」
「そう・・・。ピンクも悪くないけど、それも案外似合ってるじゃないの。」
伊織は寝惚け眼で千早の下着姿を見ながらいつもの口調で言った。
「あ、ありがとうございます。」
(なんで照れてるんだろう・・・。)
千早はちょっと俯いて赤くなりながらお礼を言った。
「ふぁ・・・じゃあおやすみ。起きてからにしよ。ほら、さっさと寝室行って。」
「は、はい。」
伊織に押されて、千早は下着姿のまま寝室へと移動して行った。
寝室に二人で入ってから、伊織は先にベッドに身を投げた。
「アンタはそっちね。じゃあ、おやすみ・・・。すぅ・・・スー。」
「はい、おやすみなさい。」
伊織は千早の返事を聞くまえにすぐに寝息を立てていた。
(可愛い寝顔。)
何となく寝顔を見てから、千早も下着姿のままベッドに潜り込んだ。疲れていたのもあって、あっという間に深い眠りについていた。

117 :律子×伊織×千早:2006/05/22(月) 08:34:42 ID:lg1/Rb/7
続きです。
伊織が与えてくれる快楽という悦楽に段々と身を委ねて行く千早。
憎まれ口叩きながらも何だかんだいって最後には面倒を見る伊織。
ツンデレ姫を感じて貰えれば嬉しいです。

>>108様 ありがとうございます。
>>109伊織×やよい様 お見事でした。
>>112様 スレ違いでしたけれど背徳的な作品で良かったです(笑)


時間が少し経って、
律子、伊織、千早の三人の関係は・・・
【続く】

118 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/22(月) 12:06:40 ID:GXaVDvUW
キタキタキt−
楽しみにしてます!!!!

119 :伊織×やよい:2006/05/26(金) 00:32:09 ID:8ni6+Jqf
やよいと伊織がユニットを組んでもう随分と時間がたつ。
ついにAランクまで上りつめた彼女らは、CMにドラマに、もちろん歌番組にも
引っ張りだこだ。イメージも随分アップしている。
我が765プロダクションにも様々な出演依頼が舞い込み、全てに対応しきれないほどの
過密スケジュールになった。しかし俺としては過密な中でも2人に仕事を忘れた仕事をして欲しい。
彼女らの最大の武器である、女子中学生のピュアさで楽しみながら仕事して欲しかったのだ。

5月5日は伊織の誕生日・・・。
というわけで2人に浦安ネズミーランドのレポートをしてもらうことになった。
放送は土曜日昼間の若者向け情報番組だ。視聴率も大幅アップが望めるだろう。

「伊織の誕生日に合わせて、2人にはネズミーランドのレポートをしてもらう!」
やよいは満面の笑みをPに向けていた。瞳の中に星が映りそうなくらいに
キラキラした表情をしている。

「うあーっ!ネズミーランドですかっ!がんばってレポート、いってきまーす!」
「あらあら。やよいったら子供みたいにはしゃいじゃって」
「うっう〜、伊織ちゃんだって、ちょっぴり嬉しそうですっ!」
「ま、私はこういう遊園地なんか子供っぽくて嫌だけど、お仕事だから仕方なく行ってあげるわ」

和やかに打ち合わせも済み、そして当日。

120 :伊織×やよい:2006/05/26(金) 00:32:44 ID:8ni6+Jqf

「うあーっ!ゴールデンウイークだからでしょうか?人がガーンといっぱいです!」
「うふふ。ここにいる全員を私達のファンにしちゃいましょ!」
「ううーっ!がんばりますっ!」

チュリトスを仲良く頬張りながら、やよいは物珍しい初々しさで、伊織は慣れた風格で
それぞれアトラクションの前で、打ち合わせどおりのレポートをこなしていく。
途中、人垣が多すぎて撮影が中断したり、トゥーンランドのキャラ達にやよいがついていってしまったり・・・
「わーい!こびとさんですっ!」
「こらこらやよいっ!もう!レポートレポート!」
なんだかんだあったが夕暮れのネズミーランドで無事、収録は終了したのだった。

「2人ともご苦労様。明日はオフにしてある。私服に着替えて軽くサングラスと、それから深めに帽子をかぶるのを忘れないように。」
「はーい!」
「宿は・・伊織が取ってるところでいいんだな?明日の昼、チェックアウトの時間に迎えにいくから。俺は一旦都内に戻って打ち合わせがある。
なにかあったら携帯に電話するんだぞ!」
「はーい!」

Pと別れ、軽く変装した2人はパークの中を手を繋いで歩いていた。アイドルとはいえ
よほど注意深く見なければ二人とはわからないだろう。収録後の余禄というやつである。


121 :伊織×やよい:2006/05/26(金) 00:33:15 ID:8ni6+Jqf

「もう昼間の収録で、だいたいの乗り物には乗っちゃったからね」
「わたし、遊園地って・・・あんまり来た事がないから・・・」
「そう・・・」
「えへへ。伊織ちゃんと一緒に歩けて、嬉しいです・・・」

ほんの少しだけ曇った表情を、伊織は見逃さなかった。
給食費騒動の一件で、やよいの家族思いや兄弟思いは身に染みてわかっていた伊織だった。
あえて質問をぶつけてみる。

「ねえ、やよい。ホントは家族を連れてきたかったんじゃないの?」
「ううん、今日はお仕事だ、ってコウジたちにも言ってあるから平気ですっ!
夏のツアーが終わったら、温泉に行こうねって約束してあるしっ!それに・・」
「ん、なあに?」
「それにね、伊織ちゃん・・・私から、伊織ちゃんに渡したいものがあるの・・・」

やよいの手にはホテルの鍵が握られていた。

「隣にあるディラトンホテルに、一緒に泊まってほしいです・・」

意外であった。いつも誘うのは伊織のほうからだったのに・・・。
夕暮れのシンデレラ城を遠く眺めながら、真っ赤な顔のやよいが続ける。


122 :伊織×やよい:2006/05/26(金) 00:34:15 ID:8ni6+Jqf

「プロデューサーさんにも言ってあるんです。今日は私が伊織ちゃんにプレゼントしたいって。
いつも伊織ちゃんにお世話になりっぱなしだから、今日のホテルの分をお給料から引いてくださいって。」

「やよい・・・あんた・・・」

「伊織ちゃんにはいつも励まされてたから。ダンスでくじけそうになったときも、歌が上手く歌えないときも。
だからわたし、伊織ちゃんのお誕生日、一緒に2人きりでお祝いしたいの。いいでしょう?」

「やよい・・」
「えへへっ。中くらいのお部屋しか取れなかったけど・・」

伊織は嬉しかった。やよいが自分のバースデーのためにこんな事を考えていたなんて。
じんわりと胸のうちに、やよいへの愛しさがこみ上げてきた。
そして、言葉が素直に口をついてでてきた・・・
「やよい・・・ありがとう・・・」


123 :伊織×やよい:2006/05/26(金) 00:34:57 ID:8ni6+Jqf

無事チェックインしてパタリとドアを閉める。
2人だけの、やわらかな時が始まる・・
「やよい・・・」
「伊織ちゃん・・・」

やよいは伊織の肩に手をかけると、じっと瞳を見つめ、そっと唇を重ねた。

「おたんじょうび・・・おめでとうです・・・」
「んっ・・・」

伊織の舌や歯茎に絡みつく、やよいの不器用な舌使いが却って伊織の欲情にオレンジの炎をともし始める。
しかしその炎は激しいものでなく、むしろ暖かさを感じるものであった。

(私達、女の子同士だから・・・だからこそ・・・)

やよいは、これまで伊織に手ほどきを受けた快楽の手法でもって、伊織に、かつての自分と同じように
気持ちよくなってほしかった。

「伊織ちゃん・・・」

やよいが伊織の可憐な唇に舌を柔らかくはわせながら、顔の輪郭を優しくなで上げてゆく。
左手ではゆっくりと伊織のブラウスのボタンを外し、ブラの上から丹念に伊織の乳首をまさぐり探し当て、
布地の上から柔らかくこすりあげてゆく。


124 :伊織×やよい:2006/05/26(金) 00:35:39 ID:8ni6+Jqf

「んっ!ひうっ!」
ぴくんっ、と伊織の背中が波打つ。立った姿勢のままで、やよいの無垢な攻めに抗うすべもない伊織であった。

「やよい・・やよい・・・気持ち・・いいよぅ・・」
「伊織ちゃんに・・・もっと気持ちよくなってほしいです・・・」

やよいは伊織をふわりとベッドに押し倒した。

「なんだか・・・いつもと逆ね・・・」

やよいは伊織の瞳を見つめると、無言で微笑んだ。そして・・・

ゆっくりと伊織の着衣を剥ぎ取ってゆく。やよいが普段着なのにたいし
伊織はすでに純白のブラとショーツという、あられもない姿を、夕日さしこむホテルの一室のベッドに
横たえていた。

「伊織ちゃん・・・とっても、とっても綺麗です・・・」
やよいが伊織の、むき出しの腰のラインを細い指先で丹念に愛撫する。

「あ・・・あっ・・・だめっ・・・脇とかおへそのまわりは・・っ」
感じちゃうからっ、と伊織が2の句を継げないほどに、やよいは伊織の下腹部、わき腹、可憐なおへそのまわりに
舌を這わせ、荒い息遣いで伊織を攻め立てていた。



125 :伊織×やよい:2006/05/26(金) 00:36:10 ID:8ni6+Jqf

「やよい・・やよい・・・っ」
「伊織ちゃんの大切な部分、気持ちよくしてあげます・・・」
「うん・・して・・・やよい・・・して・・・」

伊織は自らショーツを脱ぎ去ると、恥じらいに眼を伏せながら、ゆっくりと両脚を開いていった。
やよいは伊織の花弁に唇を押し当てると、いつも伊織がしているように丹念に舐め上げてゆく。

「う・・・ううっ・・・くっ・・・やよい・・・やよい・・・っ」
「伊織ちゃん・・・かわいい・・・かわいいよぅ」

下腹部から湧き上がる情動に抑えが利かなくなった伊織は、頬を赤らめながら子供のようにいやいやをし
シーツを無意識にぎゅっと握り締める。
「くう・・・くふぅ・・・はぁ・・・はあぁっ・・・」
ちゅぷっ、ちゅぷっと、やよいが伊織の花弁の核心を吸い上げ、舐め上げ、あろうことか軽く歯を立てて甘噛みする。

伊織がやよいに施した愛の技は、やよいの体に染み付いて、いまや伊織を優位に攻め立てていくのであった。
やよいは我慢しきれなくなったのか、もじもじとジーンズを脱ぎトレーナーさえも脱ぎ散らかして
伊織はブラのみ、やよいも下着姿でベッドの上、痴態というにはあまりにも愛らしい姿を2人して晒しているのであった。

「わたしも・・・欲しい・・・伊織ちゃんの・・・欲しい・・・」

伊織はやよいの荒れた息の中から、かすかにそうつぶやく声を聞いた。


126 :伊織×やよい:2006/05/26(金) 00:36:44 ID:8ni6+Jqf

「やよい・・足・・・借りるわよ・・・」

快楽の奔流に弄ばれながら、お姉さんの意地でやよいの足腰を伊織の頭側に引っ張り込む。
いわゆるシックスナインの体勢になって、2人はお互いの花弁を存分に愛し合った。

「やよい・・・やよい・・・・っ」
「伊織ちゃんっ・・・伊織ちゃん・・・・っ」

ぴくりっ、とやよいの背中が反応したのが合図であった。もはや快楽の歯止めが利かなくなったやよいは
伊織の可愛らしい肉壷に人差し指の第2関節まで差し入れた。

潤った伊織の花壺は、抵抗することなく、なんなくやよいの細い指を受け入れ、
伊織を襲う、肉壁を軽やかにこすりつける背徳の快楽を合図に、伊織もまた、我を忘れてやよいの可憐な花壺に
同じように指をそっと差し入れるのであった。

「ん・・・・んん・・・伊織ちゃん・・・だめ・・・だめえっ!」
「やよい・・こすれちゃう・・・こすれちゃうっ・・・!」
互いの指の速度が軽やかさを増して・・・そして・・・

「んんっ!やよい!やよいっ!」
「伊織ちゃんっ!」

二人同時に、快楽の奔流に飲み込まれたのであった。



127 :伊織×やよい:2006/05/26(金) 00:37:22 ID:8ni6+Jqf

白いシーツに包まって、二人の天使が顔を見合わせている。
満足そうな笑顔。
(やよい・・・ありがとう・・・愛してる)
(伊織ちゃん・・・大好き・・・大好きです・・・)

「やよい、すごいね・・・」
「ううん・・・伊織ちゃんがいろいろ教えてくれたから・・伊織ちゃん、えっちです・・・」
「あんたも今日、凄かった・・おかしくなっちゃうかと思った・・・」

そんな睦言を交し合いながら、ゆっくりとどちらともなく眠りに落ちるのであった・・・。

765プロ ここは乙女と乙女が出会う場所

伊織お誕生日編 完


128 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/26(金) 00:41:42 ID:YOxVPy59
>119-127
リアルタイムで出会えたことに深く感謝。

素晴らしいです!!

129 :律子×小鳥:2006/05/26(金) 15:48:48 ID:r+/wJRZL
小鳥は一人で事務所の書類を整理していた。律子は「小鳥さん、一人で大変ね」
「ええ」すると律子は小鳥とキスした。「な、何するんですか?」と小鳥。
「今夜は2人で夜を楽しもっ!」律子は小鳥の服を脱がし、ブラをずらして
首筋を舐め、乳首に口を含む。律子はそのまま小鳥の乳房を吸飲した。
「あん、だめぇ…」と小鳥。さらにパンツを脱がされ、秘部を舐められた。
「小鳥さんってHな人ね…」と律子。いかがかな?



130 :律子×伊織×千早:2006/05/27(土) 22:17:37 ID:uIzcar/m
・・・3週間後・・・
律子と伊織は誰もが知るトップアイドルへと成長していた。
千早もそれを追うように頑張っていた。

千早は律子に会えず、伊織に絡み取られようとしていた。
マネージャーは伊織と千早の関係は知らずに居た。
伊織は千早との関係を他の誰にも知られずに、律子との関係を確実に保っていた。
それだけ、伊織のカモフラージュは完璧だった。

(話さないといけないと思ってもう3週間・・・。忙しさもあったけどかまけてばかりは居られない・・・。)
律子は歌番組の収録中、真剣な顔付きになって考えていた。
「律子?どうしたの?」
隣に座っていた伊織は不思議そうに小声で聞いた。
「ごめんね。ちょっと考え事してた。」
片目を瞑って、目の前で軽く手を合わせながら律子は謝った。
「最近忙しいから、疲れているのかもね。今日もこの後別れちゃうけどしっかりね。」
「んふふっ、誰に言ってるの?」
悪戯っぽく言う伊織に少し微笑みながら律子は軽く頭を小突いた。
「お二人とも、本番ですけど・・・宜しいですか?」
そんなやり取りを見ていたADが気不味そうに聞く。
「はいはい、上手く撮ってよね。にひひっ♪」
「いつでもどうぞ。」
二人はそれぞれ返事をして、収録の本番が始まった。
(秋月さん、ここ最近考え事ばかり・・・。二人の関係は上手く行っている筈だし、仕事でのミスも無い。他に何か気になる事があるのかしら・・・。)
スタジオの隅から見ているマネージャーは律子の様子を見て腕組みして考えていた。

「明後日はいよいよ【TOP×TOP】だ。これを越えて二人に続くんだ。」
「はいっ!」
プロデューサーが見守る厳しいレッスンの中、千早は元気良く返事をした。

131 :律子×伊織×千早:2006/05/27(土) 22:18:09 ID:uIzcar/m
「じゃあ、今日はこれで終りだ。明日はゆっくり休んで、明後日の朝事務所で待っているからな。」
「はぁ・・・はぁっ・・・あ、ありがとうございました・・・。」
流石の千早もばてていた。ただ、きちんと返事をして頭を下げた。去っていくプロデューサーの後ろ姿を見送っていた。レッスン場から出て行くのを確認すると、その場にへたり込んだ。
「はあっ・・・はぁっ・・・。」
両腕を突いて、肩で息をしていた。濡れた長い髪の毛や鼻の先から汗が落ちていた。
少しして息が整うと立ち上がって、モップを持って来た。
(明後日は正念場・・・。)
千早は真剣な表情で床を拭いてからレッスン場を後にした。

夜のラジオ番組にゲスト出演していた伊織は、相変わらずの毒舌ぶりを発揮していた。相手のDJはそれがお気に入りで二人でかなりの悪乗りをする感じで生番組は無事に終った。
「お疲れ様〜。いやあ、伊織ちゃん今夜も最高だったねえ。」
「にひひっ。貴方もナカナカのものよ。乗せ上手だし、アタシとトークの相性良いのよね。」
DJも伊織も笑いながら言い合っていた。
「また、ゲストで来てくれるかい?」
「そうね。楽しい仕事だし、こっちこそ呼んでよね。それじゃ、またねって事で。」
軽くウインクして答えた後、伊織はスタジオを出た。
「マネージャー、彼からのゲスト出演の依頼があったら宜しくね。」
外に出てすぐに近付いてくるマネージャーに声を掛ける。
「はい。今日はお疲れ様でした。明日は11時から秋月さんと二人で雑誌インタビューからスタートですね。」
声を掛けられたネージャーは答えながら明日のスケジュールを説明した。
「ありがと。ねえマネージャー・・・。」
「はい?」
伊織が上目遣いをしながら聞いてきたので、不思議に思いマネージャーは首を傾げながら見返した。
「私はこれで終りだけど、律子はまだ仕事あるのよね?」
「ええ、今夜は・・・24時近くまでありますね。」
伊織に聞かれたマネージャーはいつもの手帳を開けて、律子のスケジュールを確認しながら答える。

132 :律子×伊織×千早:2006/05/27(土) 22:19:41 ID:uIzcar/m
「何か最近考え事があるみたいだし、心配だから・・・。」
(なるほど、そういう事ですね・・・。)
「わかりました。私も正直、秋月さんの様子がおかしいのは心配ですから・・・。帰りはお一人で大丈夫ですか?」
伊織が手を合わせて途中まで言いかけると、マネージャーの方が察して切り出した。
「新堂に連絡して来て貰うわ。ゴメンネ、マネージャー残業になっちゃう・・・。」
伊織は答えた後、申し訳無さそうに言う。
「お気遣い無く。私は水瀬さんと秋月さんの専属マネージャーですからね。」
マネージャーは微笑みながら答える。
「それじゃあ、アタシは10時に事務所に行けば良いのよね?」
伊織は念押しして明日のスケジュールを聞いた。
「はい。では、また明日事務所でお会いしましょう。私は早速秋月さんの所に行きますね。それでは、失礼致します。」
マネージャーは頭を下げて伊織に背を向けた。
「うんっ、宜しくね。お先に。」
去っていくマネージャーに後ろから声を掛けた。マネージャーは伊織の声が聞こえると、一旦止まってから少し振り向き軽く頭を下げて、また歩き出した。
(流石マネージャー。皆まで言わなくても分かってくれるもんね。)
伊織は姿が遠くなっていくマネージャーを感心しながら見送っていた。視界からマネージャーが消えると、携帯電話を取り出した。
「もしもし、アタシだけど。うん、今終ってね。律子が心配だから行って貰ったの。うん、だから迎えに来てくれる。そう、前の場所まで送って。宜しく。」
伊織は携帯電話で新堂と話しながら、ラジオ局の廊下を歩いて行った。

133 :律子×伊織×千早:2006/05/27(土) 22:34:39 ID:uIzcar/m
続きです。
律子にとって先延ばしになってしまっている
自分の思いを伝える正念場が近付いている。
そんな間にも、伊織は千早を確実に引き込んでいる。
抗っていた千早も今や伊織の虜に。

伊織×やよい様 お見事でした。
律子×小鳥様  お見事でした。

他の方も含めて新作や続き
一読み手としてお待ちしております。

少し甘い伊織と千早の関係・・・
【続く】

134 :名無しさん@秘密の花園:2006/05/29(月) 13:42:13 ID:AqfeVMdd
律いおちはさんGJです!!
凄い楽しみにしてます。

135 :律子×小鳥:2006/05/29(月) 14:09:05 ID:Y4VrXzWG
>>133 小鳥さんネタがなかったので作ってみますた。

136 :律子×伊織×千早:2006/05/29(月) 22:09:33 ID:ZqDWA8r6
「又、今日も・・・。自分から来てしまった・・・。」
千早は、マンションの部屋で椅子に座って突っ伏しながら呟いた。
(律子さんに会えない寂しさも無いといったら嘘になるけど、今は伊織さんにして貰うのが待ち遠しい・・・。私、すっかり水瀬さんに・・・。)
♪〜♪〜
ビクッ
「あっ!?きゃっ!?。」
いきなり携帯が鳴って驚いて慌てた千早は携帯を取ろうとして、お手玉して落としそうになった。
「も、もしもし、き、如月です。」
相手の確認する間もなく慌てて出た。
「「な〜に、焦ってんのよ。」」
聞こえて来たのは、呆れたような伊織の声だった。
「水瀬さん・・・。」
「「アンタ食事はしたの?」」
伊織は気を取り直すように、聞いた。
「いえ、まだです。」
「「じゃあ、後30分位したらそっちに着くからいつも通り、デリバリーの人間行かせるわ。行ったら対応宜しくね。」」
「はい。」
千早の返事が終ると、向こうから携帯が切れた。
(伊織さんが来ると聞いてホッとして、期待している自分が居る・・・。)
千早は複雑な心境で、切れた携帯を眺めていた。

137 :律子×伊織×千早:2006/05/29(月) 22:10:04 ID:ZqDWA8r6
デザートを食べながら千早はチラチラと伊織を上目使いで見ていた。
(もうすぐ食べ終わる・・・。)
千早は伊織のデザートが残りわずかなのを見てソワソワしていた。
(全くしょうがないわね・・・。)
伊織はその様子を感じて少し呆れていたが、口元だけ少し歪んだ。
「千早・・・。」
「はいっ!」
千早は自分の名前を呼ばれると、嬉しそうに元気良く返事をする。
「アンタ、今日アイツのしごき受けて汗だくでしょ。先にシャワー浴びて来なさい。」
「え・・・でも・・・。」
伊織の素っ気無い言葉に、千早は切なそうな顔になってどもる。
「別にシャワーくらい一人で行けるでしょ?それとも、アタシと一緒に入りたいワケ?」
それまで全く千早の方を見なかった伊織が目を細めながら千早の目を見ながら言う。
「あの・・・出来れば・・・その・・・一緒に・・・。」
千早はまともに見返せずに居たが、少し赤くなってモジモジしながらチラチラと伊織を横目で見ておずおずと言う。
「全く、子供じゃないんだから。さっさと行って来なさいっての。」
「そんな・・・。」
ちょっと呆れてから怒った感じで突き放すように伊織が言うと、千早はショックを受けて切なそうに俯く。
(全くしょうがないわね・・・。)
「まあ、どうしてもって言うなら考えてやらない事も無いわよ。」
俯いた千早を見て仕方無さそうに伊織は呟く。
「えっ!?」
ストンと落とされた後に、また助けの言葉が入り驚いて千早は伊織を見た。
「聞こえなかったの?」
「い、いえ。是非一緒にお願いします。」
伊織は意地悪っぽく聞いたが、千早は嬉しそうな表情になって言った。
「じゃあ、食べ終わるまで大人しく待ってなさいよね。」
「分かりました。」
一緒に浴室に行ける事が分かった千早は、ソワソワする事無く大人しく伊織が食べ終わるのを待っていた。

138 :律子×伊織×千早:2006/05/29(月) 22:11:13 ID:ZqDWA8r6
食べ終わって、デリバリーの人間が食器を片付けて居なくなってから、伊織と千早は二人でバスルームの脱衣場に移動した。
「あら、今日は薄いピンクなのね。真ん中に可愛いリボンなんかつけちゃって。」
伊織は目ざとく千早の下着を見て言った。
「似合い・・・ますか?」
千早は恐る恐る聞いた。
「まあ、そこそこじゃないの。」
「ありがとうございます。」
今までの経験から伊織にしては褒め言葉なのを聞いて、千早は嬉しそうにお礼を言った。
「だけど・・・アンタの谷間の無いムネを強調してるわよね。そのリボン・・・。」
悪気は無かったのだが、伊織は何とも言えない顔をしながらボソッと呟いた。
「くっ・・・。」
(褒められて嬉しい反面・・・それも分かるだけに・・・。)
自爆したのを悟った千早は、一瞬悔しそうな顔になったが、誤魔化すように苦笑いしていた。
「伊織さんのは可愛いですね。」
「ん?そう?」
そう言う伊織の方は、斜めに少しだけフリルが付いているピンクのブラとパンティを着けていた。
「普通よ。普通。」
そう言いながらも、満更でもない様子だった。
少しして脱ぎ終わった二人は、浴室へと入って行った。
「今日は、ここじゃしないからね。」
「はい・・・。」
伊織の言葉にちょっと残念そうな顔をしながら千早は答えた。
「アイツにしごかれた後は、アンタでもへばる可能性あるんだから。それに、明後日大事なオーディション控えてるんだから少しは自覚しなさいっての。」
伊織は千早の態度に呆れた風に言った。
「あ、そうですね。すいませんでした。」
千早は言われて自覚し直して謝った。

139 :律子×伊織×千早:2006/05/29(月) 22:15:47 ID:ZqDWA8r6
続きです。
伊織と千早の絡みを楽しんで貰えれば幸いです。

>>134様 楽しみにお応え出来ていれば嬉しいです。


千早の変化に気が付く伊織・・・
その伊織の行動に千早は・・・
【続く】

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)